透過PNG、GIF作り方|輪郭認識AIによる決定版【サイト上で、アプリ不要】~静止画像1枚

背景が透明な透過PNG透過GIF画像を、簡単にきれいな輪郭で作成する方法。人工知能AIを提供するWebサイトを使用します。無料、登録不要、簡単操作です。
※スマホ(iphone10のみで確認)でも動くようですが使い勝手悪→ここではパソコン操作で説明。

ポク太郎です。

背景を透明化した透過画像。一般的に使用されるのはPNG形式と一昔前の主流GIF形式。

これら作成時の作業はほぼ“背景除去”。

昨今次々発表される人工知能AIを使用した輪郭抽出外形抽出を利用し、上記透過画像を作る方法を紹介します。

本サイトの用語…“背景除去”=透明化したい部分を1色で塗り潰すこと、“背景透明化”=その1色を透過色として指定することを指しています。


透過画像とは

完全な四角形でなく、周囲を透明化し目的の形状だけ表示させたのが透過画像

対象物のみに注目させるので、一般的に外形が際立ち、光り輝いた美しい画像となります。

透過PNG、GIF|静止画像1枚作成方法~AIによる外形抽出使った決定版|トイレのスッポンで作る背景透明化写真

本記事では、上記透過画像を実現できる代表フォーマット2種類、透過PNG透過GIFの作り方を紹介します。

透過PNG、GIF作成~使用サイトと全体の流れ

本ページで参照するのは以下サイト。

本ページで使用する画像編集サイト
サイトA『Pixlr』背景除去 by Pixlr AI
サイトB『SphereToolBox』さんの透過画像オンライン作成ツール
サイトB’aquapalさんの『Magical Converter』…上記サイトBが動かない場合に。

作成作業全体の流れは、

PNGGIF透過画像作成作業全体の流れ
PCで手順0透過させたい画像を準備。

JPGJPEG)、BMPTIFFPNGwebpGIFなど一般的なフォーマットの画像、写真。
サイトA手順1背景除去」作業。

輪郭抽出」「外形抽出」と呼ぶ場合も。透過画像作成とはこの作業がほぼすべて。

透過PNG画像入手。

サイトB手順2上記を透過GIF形式に変換。
透過GIF画像入手。
透過PNG画像作成が目的の場合、手順2は不要。

★背景を透過させたい画像準備 ~手順0

まず手順0:背景を透過させたい画像準備。

下表はサイトAで開ける形式(動作確認した分のみ)。一般的な画像フォーマットなら大丈夫そう。

一般的な(静止画の)画像フォーマット
BMPビットマップ。一番一般的な非圧縮フォーマット。画像容量巨大。
TIFFティフ。複数ページ、多形式を一ファイルにまとめられる非圧縮フォーマット。画像容量巨大。拡張子は短く「.tif」とすること多し。
JPEGジェイペグ。最も一般的。画像容量を小さくできる非可逆圧縮フォーマット。デジカメ、スマホなどの写真はほぼこれ。拡張子は短く「.jpg」とすること多し。
PNGピンッ。劣化の少ない可逆圧縮フォーマット。インデックスカラー化も可能で色数の少ない図表等は画像容量がかなり絞れる。
webpウェッピー。Googleが提唱するネット向けフォーマット。JPEGPNG置き換え目的の、アルファチャンネルも使える形式。まだ非対応の環境があるため普及十分とは言えず。
GIFギフと呼んでるが設計者曰くジフ。インデックスカラー化し画像容量を絞れる可逆圧縮フォーマット。PNGに取って代わられた一昔前の形式。

上記を準備→サイトAにドラッグ&ドロップし、背景除去を行います。

以降、本ブログの看板とするために準備した以下写真を例に、それぞれの手順を説明します。

透過PNG、GIF作り方|AIによる外形認識決定版【サイトでアプリ不要】~静止画像1枚|例に使用する便所のラバーカップ画像
撮影:Canon高性能一眼レフEOS 5D markIIJPEG形式

★透過PNG作成=背景除去、外形抽出 ~手順1

背景除去」「輪郭抽出」「外形抽出」に使用するのはサイトA『Pixlr』背景除去 by Pixlr AI。人工知能AIによる背景除去

ほとんどの場合、画像をドラッグ&ドロップするだけで完了してしまいます。

実際の作業の雰囲気を伝える動画がこちら。

画像を開く】から目的の画像をアップロード→自動的にAI起動し認識。度々失敗しますが、何度か試すと成功します。

作業の概念は、

背景除去 by Pixlr AI」作業の概念
1画像を開く】で画像を指定するとAI起動。
●上手く認識できた→【ダウンロード】で透過PNG画像入手完了。
●認識が完璧でない→次項2へ。
2認識が完璧でない場合は【微調整】ボタン。

ツール【ブラシ】【マジック】【図形ツール】【ラッソ】を駆使し、キープする部分、消去する部分を手動で指定していきます。

キープ】…消されてしまった必要部分をなぞることで復活。
消去】…残ってしまった不要部分をなぞることで削除。

このとき、表示を【反転】で適宜切り替え、見やすい方で作業します。拡大・縮小はマウスのコロコロ。※操作性は若干悪し。

●上記できれいに背景除去完成→【ダウンロード】で透過PNG画像入手完了。

背景除去、外形・輪郭抽出作業のコツ、やり方

ポク太郎の推奨する綺麗な除去・抽出のためのコツ、てかやり方。使用するツールは主に、

  • ブラシ
  • 図形ツール】の“直線

まず【ブラシ】のサイズ設定。画像内でマウスを動かすと丸が表示されるので扱いやすい大きさにセットします。

はみ出て認識してしまった部位を探し【ブラシ】で修正します。

その後、【図形ツール】“直線”を使い、接線を利用して仕上げていきます。上記動画1分10秒辺り~。

下画像と同じ概念です。

透過PNG画像作成便利サイトときれいに輪郭抽出するコツ【フリーソフト不要】|直線描画を利用してトイレのラバーカップ曲線を仕上げる

遠くでクリックした後、目的の部位に接するよう“直線”を描いていくと簡単に綺麗になります。

仕上がったら今度は、【反転】させて再度上記作業。

「【ブラシ】で塗って接線で仕上げ→【反転】させて同様に仕上げ」を真剣な面持ちで繰り返し、手順1の「背景除去」作業を完了させます。

ダウンロード】ボタンを押して画像を保存すれば、透過PNG画像入手完了。

★透過GIF作成=PNG形式から変換 ~手順2

上記サイトAは強制的に透過PNG画像で保存してしまいます。

なので、それを透過GIF画像にフォーマット変換。使うのはサイトB『SphereToolBox』さんの透過画像オンライン作成ツール

(上記が動かない場合)
サイトB’aquapalさんの『Magical Converter』使用。

透過GIF“画像”作成法2つ~サイトで、Win標準アプリペイント3Dで|二度と使うかと誓った静止画フォーマット
  1. 【出力フォーマット】:“GIF(8bit)”選択。
  2. 【透過色指定】:“手動入力”を選びffffff(fx6つ)入力。
  3. 参照」ボタンを押し、サイトAから入手した透過PNG画像を指定。
  4. 全部入力できたら「送信」ボタンを押すと保存ダイアログが表示されます。

保存したら透過GIF画像入手完了。

きれいに背景除去できない場合に備え理屈を理解

透過画像の作成は画像処理画像編集画像加工などと呼ばれるカテゴリ、分野。

本サイトの趣旨に合わない不真面目な画像を例に使いますが、上記サイトAのAIなら“景色とほぼ同色の服の男女”も見事なまでに一発で背景除去できます。

透過PNG、GIF作り方|輪郭認識AIによる決定版【サイト上で、アプリ不要】~静止画像1枚透過PNG、GIF作り方|輪郭認識AIによる決定版【サイト上で、アプリ不要】~静止画像1枚
画像はStarFlames~Pixabayより
サイトAのAI処理のみ。多少残る除去されない部分は本ページのやり方で対処可能。

でも、存在し得るすべての画像できれいに背景除去できるかは不明。

本ページは手順を示したもの。上手く認識しない等何らかのトラブル時は対処が必要に。

背景透明化のキモは「背景除去」「輪郭抽出」「外形抽出」。“背景”部分を構成する、大量の画素を人間が楽に指定できるよう単一の色に変えてしまうこと。

それさえ知ってれば、作業のどの部分まで何のアプリでどの部分から何のツールで、とトラブルに対処しやすくなります。

そのために万能型である従来の“手動方式”のページも参考に。背景透明化を自由自在に行えるようそれ関係の知識もまとめてあります。

当然、本記事の人工知能→手動で仕上げを行い更にきれいにする合わせ技もOK。

当たり前のように無料で提供される人工知能システム。

複雑怪奇な論理を駆使し、人間なら何日も掛かる作業を代わりに猛スピードで実行してくれるAI。まさに文明の利器。

文明の利器といえばもちろん以下も。詰まった状態で来客なんてことにならぬよう一家に一本必需品。

コメント

タイトルとURLをコピーしました