期間設定、比較、データ見方|アナリティクスを使う際に最初に覚えたいこと

Googleアナリティクスでアクセス解析をする際に最初に覚えてしまいたい操作やデータの見方をまとめてみました。

ポク太郎です。

アクセス解析には必須のGoogleアナリティクス。最初に覚えてしまうと分かりやすくなる点をまとめました。


1. 分析期間の設定とデータの見方

以下は、使いこなすために最初にマスターしたいポイント。画像中に赤矢印二つと赤線二本で示してあります。

期間設定、比較、データ見方|アナリティクスを使う際に最初に覚えたいこと

1-1. 分析期間の設定

アナリティクスが保持するアクセス記録の内、どの期間を分析するのかを指定する必要があります。その設定が、画像中の右上赤矢印

よくある操作方法のアレ。カレンダーが表示されるので、開始日クリック→終了日クリック→適用。

右下赤矢印の比較チェックを入れることで比較対象も指定可能。簡単なのは「前の期間」…分析期間が1週間の場合、その前週分がオレンジ色で自動選択されます。

触ってみると動きが分かります。チェックを一回外して再クリックすると再設定されたりて仕様。

ここは頻繁に触る部分なので覚えて損なし。(いちいち画面上まで戻るのが面倒ですが)比較することで“何が良かった悪かった”と分析しやすくなります。

上記設定をすると、演算後に結果が表示されるので以下をまず確認。

1-2. 分析したデータの見方

上の画像では、例として参照トラフィック左上赤線を表示しています。

左側メニュー-集客-参照サイトで表示

その下の赤下線には「すべてのユーザー54.29%のセッション」とあります。この数値「54.29%」は、設定した分析期間の内の「参照トラフィック」を計測可能なセッションの割合。

つまり、全訪問者の内100-54.29=45.71%は調べられなかった、を意味しています。

調べられない理由は、参照元(どこのリンクから訪問してきたか)を知らせないよう設定した訪問者もたくさん居るから。

画面下にグラフやPV数、新規セッション率、ページ/セッションなどの数値が表示されますが、それは調べることができた54.29%の訪問者の特徴てことに。

セッション…訪問者の延べ人数。同じ訪問者が2回訪問した:2セッション。1回の訪問で何ページ見ても1セッション

参照元のデータを例にとって説明しましたが、この現象は各所で発生するので、見てるデータがどのタイプの訪問者の特徴かを把握した上で情報を収集する必要があります。

2. 検索トラフィックと自然検索トラフィックの違い

検索トラフィック検索エンジンからの流入

検索結果に出るAdWords広告からの流入
自然検索トラフィック検索エンジンからの流入
※検索エンジンとは、GoogleだけでなくYahooその他も含まれます。

Googleのサービスには、検索結果に自サイトの広告を表示できるサービスAdWordsなるものがあります。現在は「Google広告」に名称変更。

上記二つは、その広告からの流入をカウントしてるかどうかの違い。

AdWords広告を出した覚えのない方は同じものと思ってOK。

AdWords広告はそこからアクセスがあると有料になるサービスです。

3. 閲覧時間00分00秒の訪問者がいっぱい

アナリティクスにおける閲覧時間の計算方法は、

最後に見たページに到着した時刻-最初に見たページに到着した時刻

つまり、最初と最後のページが同じ場合の訪問者(=1ページだけ見た訪問者)00分00秒てことに。これは技術的な問題。

00分00秒の訪問者の中には、

  • ページが表示される前に閉じた
  • 1ページを数分かけて見た後閉じた

この二つが混在することに。

また、上記方法で算出してるので、複数ページ見た訪問者の閲覧時間も最後のページに要した時間をカウントしていないてことに。

これを回避する方法はJavaScript。ここでは説明しきらないのでGoogleで方法を検索

上記の操作、見方をマスターすることで何に対しての分析結果なのかを把握しやすくなり、アクセス解析の精度も上がると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました