ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド

ポク太郎です。

最近Yahoo!メールがウザ過ぎです。おすすめ情報なる広告用DMメールを毎日毎日。必要なメールまで見落とすレベル。

Yahoo!ブログ閉鎖などニュースから何となく厳しさが想像できます。便利な無料サービス継続のため利益をあげて欲しいですが、ちょっと酷すぎ。

が、結構な仕様変更があり、使い方そのものを見直してみました。

  • 広告であるDMは「プライバシー・メール配信」で拒否
  • 捨てアドレスは「セーフティアドレス」←こりゃ便利

これさえしておけば、今まで通り便利な無料サービスとして使用できます。貴重なPOP、IMAP受信可能何でもアリサービスです。


うざい広告メールを停止ー配信停止の仕方

既にYahoo!のIDを所有し、Yahoo!メールを使ってる前提で説明。持ってない方はこちら。

メールアドレスを自由に取得する方法
現在はいづれかの登録が必要です。
 ○携帯番号
 ○パスワード送信用のメインアドレス

Yahoo!メールにログインし、「登録情報」なる文言を探します。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド


プライバシー・メール配信(画面右下)
「詳細」を押します。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド


メール設定(画面右上)「設定する」を押します。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド


Yahoo! JAPANからのおすすめメール(画面左上)
「設定する」を押します。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド


ここで一回パスワード認証が入ります。

配信の登録・解除
チェックボックスで選んで設定を変更ボタン

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド

で完了です。

捨てアド目的「セーフティアドレス」

セーフティアドレスとは

ここが分かりやすいかと。

ページ中にセーフティアドレスの主要素、

  • ベースネーム
  • キーワード

の説明があります。

簡単にいうと、

ベースとなるIDを作成、それに「-(ハイフン)」+「キーワード」で新たなメールアドレスが作れますよ、ということ。「ベースネーム」は1つだけ、「キーワード」は10個まで作成可能。

出来上がる捨てアドレスは、

ベースネームキーワード@yahoo.co.jp

従来は捨てアドレスを得るためにYahoo!のIDを独立で取得しました。

が、このセーフティアドレスを使うとYahoo!のIDは一つだけ、そのIDの中で捨てアドレスが10個作れることに。

セーフティアドレスによる捨てアドレス作り方の変化
従来Yahoo!のID1
Yahoo!のID2
Yahoo!のID3

Yahoo!のID10
捨てアドレス1
捨てアドレス2
捨てアドレス3

捨てアドレス10
現在
セーフティアドレス使用)
Yahoo!のID1捨てアドレス1
捨てアドレス2
捨てアドレス3

捨てアドレス10

実際にセーフティアドレスを設定

上記リンク先の青いボタンセーフティアドレスのページへ」を押すと、ログイン後、作成画面に入ります。

説明要らずですが、

  • 受信設定-配信先フォルダ
  • 配信先フォルダを設定できます。それ用のフォルダを一つ作るのが分かりやすいかと。横に「フォルダの作成」ボタンがあります。作って指定します。

  • 送信設定-From欄の名前
  • その捨てアドレスでどこかへ送信した場合に差出人として表示される名前。個人情報の含まない名前を適当に。

  • その他-備考
  • 自分用のメモを書いておく場所だそうです。何向けのアドレスかが分かるように。

最後に、右上の黄色い保存」ボタン押すの忘れずに。

使用する際は、その出来上がった「ベースネームキーワード@yahoo.co.jp」を捨てアドレスとして使用します。

送信はどうするのかな?と試しやってみました。画面の↓の部分で送信アドレスを選択します。くれぐれも選択忘れずに。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド

また、「キーワード」は何度でも作成・削除ができるとのこと。試しに削除ボタンを押したら確認も出ずに削除されてしまいました。最初に挙動を確認しておきましょう。

ヤフーメール|最近広告がウザ過ぎなので使い方を整理|やはり便利な捨てアド

Web上のサービス以外もですが、退会の段階でもう客じゃないと判断するのか同時に名簿業者に売るとこばっかり。ブログサービスを提供している有名ドコでも同じです。

不要な個人情報の提供は徹底して排除すべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました