Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

Thunderbirdの設定とメールの内容を別フォルダに指定して永く保存し続ける方法について書きました。パソコンの買い替え時にスムーズに移行できます。

ポク太郎です。

パソコンを買い換えた際に問題になるのが電子メール。人とのやり取りなのでなかったことにはできません。買換えの際にもサッと新環境に移したいものです。

そこで、Thunderbirdの設定やメールのデータを別のフォルダに保存する方法(Windows用)の紹介です。

こうしておくと、買い替え後にThunderbirdをクリーンインストール→保存した設定とメールフォルダ(条件によっては不要)を指定するだけで新環境に移行可能です。

Thunderbird設定、メール本体すべて。


まず設定とメール本体のフォルダを作ります

まずThunderbirdの設定を保存するためのフォルダとメールを保存するフォルダを作ります。

この記事では設定フォルダとは別に、メール自身を保管するフォルダを設ける構成で紹介しています。

ここでは例として、以下のパスに作成します。

C:\setting
C:\mail

現在の状態をコピーします

Thunderbirdを使用したことのない方は、一度メールの読み書きができる状態にしてからこの作業を始めてください。

Thunderbirdを使用したことのある方は、下の“ホニャホニャ.default”を探します。

(Win7以降の場合)
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\ホニャホニャ.default
(WinXPの場合)
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Thunderbird\Profiles\ホニャホニャ.default

ホニャホニャ.default”をコピーします。

FireFox設定移行|別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

準備したC:\settingフォルダの中に貼り付けします。

FireFox設定移行|別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

フォルダの名前をクリックして編集モードにし、名前をわかりやすく“thunderbird”とします。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

次にメールが入っているフォルダそのものをコピーします。この中にあります。

(Win7以降の場合)
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\ホニャホニャ.default
(WinXPの場合)
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Thunderbird\Profiles\ホニャホニャ.default

上記の中にあるフォルダをすべて(Local Folderと自分のアカウント分)をコピーします。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

準備したC:\mailフォルダの中に貼り付けします。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

これでに設定フォルダとメールフォルダができました。パスはそれぞれ、

設定フォルダ:C:\setting\thunderbird
メールフォルダ:C:\mail

です。

Thunderbirdの設定フォルダを指定します

この作業はThunderbirdが立ち上がっていない状態で行う必要があります。

profiles.ini”を探し、その中の情報を書き換えます。下にあります。

(Win7以降の場合)
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.ini
(WinXPの場合)
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Application Data\Thunderbird\profiles.ini

この“profiles.ini”を開いて中を見るとこのようになっているので、

[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/ホニャホニャ.default
Default=1

下のように書き換えます。6行目はIsRelative=0に、7行目は上で作成したC:\setting\thunderbirdにして“上書き保存”します。

[General]
StartWithLastProfile=1

[Profile0]
Name=default
IsRelative=0
Path=C:\setting\thunderbird
Default=1

上記で設定ファイルの指定はできました。

メールフォルダを指定します

次にメールの保存されているメールフォルダを指定します。
初期状態でメニューが出ていない場合は、画像のようにホームタブ横辺りを右クリックしてメニューを出します。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

ツール-“アカウント設定”を選択します。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

アカウント設定が開くので、ここでメールフォルダを指定します。

先ほど「Local Folder」と「(自分のアカウント)」の二つコピーしたので、二ヶ所指定する必要があります。

設定直後にアプリの再起動を求められます。キャンセルすると入力し直しになるので注意深く操作しましょう。

左枠内の“ローカルフォルダー”を選択して、右下の“参照”ボタンから先ほどコピーしたメールフォルダC:\mail\Local Folderを選択します。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

OK”ボタンを押すと、すぐにThunderbirdの再起動を求められます。ここをキャンセルすると入力が元に戻ってしまいますのでご注意。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

左枠内の自分のアカウントの“サーバー設定”を選択して、右下の“参照”ボタンから先ほどコピーしたメールフォルダC:\mail\(自分のアカウント)を選択します。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

先ほどと同様に、“OK”ボタンを押すとすぐに再起動を求められます。

Thunderbird|設定やメールを別フォルダに保存してパソコン買い替えに備える

これで、設定、メール内容ともに別フォルダに設定できました。この状態で以前と同じように送受信できます。

初めて別フォルダ化する場合の説明だったのでメールフォルダの設定が必要でしたが、旧と新のパソコンで同じパス(例えば、C:\mailに置けば、後半のメールフォルダの設定は必要ありません。

メールを保存する場所を常に同じパスと自分で決めておけば、“profiles.ini(設定フォルダの指定)だけで引越し完了となります。

パソコン買い替えの際には

PC買い替え時の作業
1旧パソコンC:\settingC:\mailをバックアップ
2新パソコン1番のフォルダを新パソコンへコピー。
3新パソコンThunderbirdをクリーンインストールし、一度立ち上げてから終了。profiles.iniが出来上がります。
4新パソコン3番でできたprofiles.iniを、Thunderbirdが立ち上がっていない状態で情報を書き換えて保存。
5.新パソコン(旧パソコンと同じパスに置いた場合は不要)
Thunderbirdの“アカウント設定”から各メールフォルダを指定。

これで旧の環境がそのまま新環境へ移行します。

できる限り各種設定は今回作成したC:\settingフォルダのような場所に溜め込んでおきたいものです。

そうしておくと、買い替えによるパソコンのお引越しだけでなく、ソフトの再インストールなどの場合にも重宝いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました