【無料ツール】Firefoxが重い、読込が遅い場合の対処法【メモリリーク解消】

今回はFirefoxで問題となるメモリリークを軽減させる無料ツールの紹介です。

ポク太郎です。

アクセス解析をしてると、未だにFirefoxのシェアがかなりあることに気付きます。

何を隠そうポク太郎もFirefox。嫌でしょうがないですが使い慣れたインターフェースからなかなか変える気が起こりません。

そこでFirefoxでの一番の問題であるメモリリークを軽減させる無料ツールの紹介です。【Windows限定。Win10、8.1、8、7、Vista、XP

【ご注意】本ツールを導入していたWin10のマシンでHDDアクセスが99%に張り付く現象が発生しました。何らかのアップデートに起因している模様。修正されるでしょうが、上記の現象が起きるかもと念頭において下さい。オンオフの切り替えは簡単にできます。


ソフト名はFiremin

Fireminのダウンロードと設定
ダウンロード
Fireminダウンロード-firefoxメモリリーク防止無料ツール
こちらのページ中ほどからFireminをダウンロードします。(現時点でのバージョンは4615)

個人的にインストーラは嫌いなので、Portableバージョンを入手。
Firemin4 (build 4615) Portable

以降Portableバージョンでの設定方法を書いています。 

Portableバージョン…解凍するだけで使用できるタイプ。(フォルダを好きな場所へ移動できるので、アプリケーションごとバックアップ可能。)

解凍
Fireminフォルダ内-firefoxメモリリーク防止無料ツール
zipファイルの解凍方法は省略。

Firemin_***.zip(***はバージョン)を解凍すると↑のようにファイルが出来上がります。
Firemin64.exeは64ビットOS、Firemin.exeは32ビットOS用です。

パス設定1
Firemin使い方-firefoxメモリリーク防止無料ツール
Firemin.exeFiremin64.exeを立ち上げると、タスクバーの中に↑のようなFireminのアイコンが出来上がります。

1. Fireminアイコンを右クリック
2. Open Fireminを選択。

パス設定2
Firemin設定-firefoxメモリリーク防止無料ツール
Fireminの管理画面が立ち上がります。

まず目的のFirefox.exeのパス(在り処)を教えてあげないといけません。大抵は自動でセットされてるはずですが。

赤矢印BrowseボタンでFirefox.exeのパスを教えてあげます。

通常は以下にあるはず。
C:\Program files\Mozilla Firefox\firefox.exe
または、
C:\Program files (x86)\Mozilla Firefox\firefox.exe

その後、一番下のチェックボックスをオン。
Windows起動時にFireminを起動する。

全部設定したら右下saveボタン。

晴れてメモリリークはなくなります。常駐ソフトが一点増えるのは邪魔ですが、導入後は古いPCでもかなり軽くなりました。

(追記)軽くなったのはこの記事執筆時点。以降、Firefoxのバージョン52辺り?~55まではメモリ要因以外の理由でメチャ重いのでご注意。

ただのブラウザとは言え変更は面倒なもの。まだしばらくFirefoxを見捨てないよという方は、参考までにどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました