PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

PCにPS3のパッドであるDualShock3を無線接続する方法を今更ながら書きました。
本家のサイトが乗っ取られた?騒動のためか、最近の事情に合わせた解説サイトが見つからないので。

ポク太郎です。

PS3のパッドをPCに無線接続して使う方法を2019年になってまとめます。

理由は、ネット上の情報が古過ぎて使用可能なBluetoothアダプタわからない、ウィルスが仕込まれたツールが出回ってる等、情報が入手しにくいため。

ここでは、内臓BlueTooth機能を持たないPC、Windows7 64bit、無線マウス、無線キーボードで構成されたパソコンで行いました。


ここから追記:現在はMotionInJoyではなく「SCP Bluetooth Driver」を使う方がいいようです。

MotionInJoyをWin10にインストールしようとするとドライバ署名の件でトラブルが起きます。

また、SCP Bluetooth Driverなら面倒なEnableボタンの押下作業も最初から不要です。

SCP Bluetooth Driver」とそのアップデートがこちら。Win7、10共に本記事記載の環境で動きました。

が、結構難しいので別の解説ページを紹介。
ShopDDさんの解説がMotionInJoyの削除にも触れており一番参考になりました。

文字化けはGoogleの仕様です。

~ここまで追記


ご注意
本記事の内容は参考とし、すべて自己責任でお願いします。何があっても筆者は一切の責任を負いません。

大まかな流れ

必要なハードウェアは、こちら三点。
H1. PS3の中古純正パッドDualShock3。型番は「CECHZC2J」。
H2. 未所有ならUSBのminiBのケーブル。
H3. PLANEXのBrueToothアダプタBT-MICRO4。

今現在、入手しやすい無線BluetoothのアダプタBT-Micro4を使用して、無線接続を行いました。

入手すべきソフトウェアはこちら一点のみ。Windows10も対応してる記載あり。当然ウィルスチェックはしてね。
S1. Maxmag-MotionInJoy[2.0] 

検索してすぐ見つかる「MotioninJoy0.7.1001」ではなく上記[2.0]を入手して下さい。

これに入ってるものがすべて。それ以外は不要。※解凍ソフトは必要ですが。

文字化けはGoogleの仕様です。

スッと成功する方法を模索したので、その手順で以下に書いていきます。

参考までに、本家ページのURLは、
https://maxmag981.blogspot.com/2015/06/maxmag-motioninjoy-windows-10-8-7.html
また、その中で「日本語ページ」と謳ってるページは、
http://mclife.blog.jp/archives/2058939.html

1. PS3パッド接続のための下準備

ソフトの解凍、その他初期インストールと、既に存在するBrueTooth環境を壊さないようにする段取りです。

PS3パッドと無線BruetoothアダプタBT-MICRO4はまだPCに接続しません。

手順1 MotionInJoyの解凍

入手すべきソフトウェアMaxmag-MotionInJoy[2.0] をダウンロードし、解凍します。

ただし、パスワードが掛かっています。WinRar等であれば見えると思いますが、このような空ファイルが入っています→「password-maxmag」。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

この赤線6文字が解凍パスワードです。

先に内容物を説明すると、
「Better DS3.exe」…使用可にした後、面倒な作業を端折るツール。下で説明。
「DS3_Tool_Local.exe」…実際の設定を行うツール。
「M-INSTALL[ADMIN].bat」…最初のインストール時に1回使用。

以降が、設定方法です。

手順2 管理者権限でドライバをインストール

中にある「M-INSTALL[ADMIN].bat」を管理者権限付きで実行します。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

コマンドプロンプトが流れ、すぐに終わります。「終了するには何かキーを…」と最後に出てるので、押して終了させます。

その後、同じ場所にある「DS3_Tool_Local.exe」を立ち上げます。下のダイアログが出ますが、気にせず「OK」を押せばよいです。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

手順3 不要なデバイスを外す

このツールは、BlueToothのドライバを書き換えるツール。もし、別のBrueToothのドライバを書き換えてしまった場合は元に戻せる保証がありません。

なので、PS3パッド、無線アダプタBT-MICRO4をPCから取り外し、その状態の「DS3_Tool_Local.exe」の画面を確認。

「Driver Manager」メニューボタンを押します。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

他のBrueToothがある場合は、真ん中の灰色の帯とボタン列の間に表示されます。

うちでは、無線マウス、無線キーボードを使用してますが、こういうの→LogicoolのK270なので、何も表示されていません。

もし表示されてる場合は、必ずその名前を記録し、絶対にそのドライバに対して選択しないよう注意して下さい。元に戻せる保証はありません。

2. PS3パッドを無線で接続

0番の「十分に充電」は行ったものとして、無線接続から始めます。

一旦、「DS3_Tool_Local.exe」を終了させます。

無線BruetoothアダプタBT-MICRO4だけをPCのUSB端子に差し込み、15秒ほど待ってパソコンに認識させます。

手順4 無線アダプタを挿してID確認

再度「DS3_Tool_Local.exe」を起動し、「Driver Manager」メニューボタン。すると、画面に何か表示されます。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

うちの場合は、「#0004.Hub_#0006 VID_0A12&PID&REV_8891」。これがアダプタBT-MICRO4。

もし複数見えた方は手順3でメモしたものと同じか確認→絶対にそれに対してドライバ改変を行ってはいけません。

横にチェックボックスがありますが、これで対象のデバイスを指定します。

手順5 無線アダプタのドライバ改変

間違えずにアダプタBT-MICRO4のものにチェックを入れて、「Load Driver」メニューボタン。微妙な時間後下のように。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

次も間違えずにアダプタBT-MICRO4のものにチェックを入れて「Install all」ボタン。微妙な時間後下のように。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

これで、接続に必要なソフトウェアは準備できました。

手順6 無線アダプタとPS3パッドのペアリング

ソフトウェアは準備できたので、次は画面上の「BluetoothPair」メニューボタン。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

ややこしい表記が一点。
下にあるプルダウンメニュー内に「Waiting for controller to be connected by USB.(USB有線でPS3パッドが繋がれるの待ってるよ)」と出ますが、無視して→そのまま「Pair Now」ボタン。

直後に、PS3パッド上のPSボタンを押します。

この状態では、アナログスティックは効かないが上下左右やボタンは反応するなど
中途半端に無線のPS3パッドを認識してるかも。それで正解。

「Profile」メニューボタン→「Game Contoroller」ボタンを押すとコントロールパネルが開くので確認できます。

手順7 無線起動はEnableボタン

ここで15秒ほど待ってから、「Profiles」メニューボタン。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

タブに「Dualshock 3/Sixaxis(Bluetooth)」と表示されています→「Enable」ボタン。

これで無線経由で動くようになったはず。コントロールパネルの「ゲームコントローラー」画面で確認して下さい。アナログスティックも全て効くようになったと思います。

この「Enable」ボタンを押す行為…が、有線無線の切り替え、PC立ち上げ時に必要な動作です。これを端折る方法は下の4番で。

3. 有線接続も設定しておく

充電も必要なので、有線USB接続の設定もしておきます。

一旦「DS3_Tool_Local.exe」を終了します。こういった設定関係は慎重に。正規サポートでない場合は特に。

手順8 有線USBのドライバ改変

PS3パッドをUSB有線でパソコンのUSBポートにつなぎ、同様「DS3_Tool_Local.exe」を立ち上げ。

後は手順5と同じです。赤字で書いてある部分をUSB有線接続のPS3パッドと読み替えて下さい。

今度は、無線のときのIDでもなく、元からあるIDでもないものをチェックする必要があります。そこが注意点。

手順9 有線起動もEnableボタン

少し待ってから、「Profiles」メニューボタン。

手順7と同じです。今度はタブに「Dualshock 3/Sixaxis(USB)」となってるかと。

完了したら、同じくコントロールパネルで動作確認してみて下さい。

4. Enableボタンが面倒くさいんだ

何度も書いたように、PCの立ち上げ時、有線無線の切替え時、必ず「DS3_Tool_Local.exe」の「Profiles」メニューボタン→「Enable」ボタンを押さないと起動しません。

面倒です。

それを解決するのが、同梱の「Better DS3.exe」。

手順10 パッド接続時に自動適用するプロファイル作成

「DS3_Tool_Local.exe」を立ち上げ、中央のNewタブ。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

今からプロファイルなるものを作ります。こういったコントローラには、数種の方式があり、それを選んでプロファイルを作成します。

どれを選択すべきか分からない場合は、Xinputを選べばよいです。とりあえずです。

一つウィンドウが立ち上がるので、「Automatically apply …(自動適用…)」の部分(赤線)にチェックを付け、右下「Save Profile」ボタン。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

自動適用させるプロファイルを一つ作ったので、それを指定します。

PS3パッドをWin7-64bitPCに無線接続|新アダプタBT-Micro4で|Win10対応ウィルスなしMotionInJoyでBluetooth|2019年今更

写真ではプルダウンに隠れてしまってますが、画面ど真ん中に、「Apply」ボタンがあるので、それを押します。

後はこのツールをスタートアップに登録するだけ。それで完了。

プロファイルは適当に作りましたので、よく行うゲームに合わせいじり倒してください。

実は無線のパッドて初めて使いましたが、何だか変な感じですね。何も繋がってないとか…。線がないって素晴らしい。

亜種のパッドだと反応速度酷くて使い物にならないとの噂。なので純正のPS3パッドDualShock3にこだわりました。一応、反応性は気にならず。あくまでジジイの感覚。

反応速度だけならコッチも抜群なんですがね→自作無線アーケードスティック

コメント

タイトルとURLをコピーしました