自作スピーカ完成|塗装も完了し出来上がりました

ポク太郎です。

先日との粉スリスリして力尽きましたが、やっと塗装が完了しました。


ちんたら作業を1年間

ピュアな音質など眼中にないド迫力スピーカですので、基本はド赤。

BHバックロードホーンスピーカ塗装完了

完成前最後の作業は塗装。

なかなか上手くいかないのですが、夏木目と冬木目を別の色にする二色塗りに挑戦しています。

木目出しの塗装を“オープンポアー染色目ハジキ仕上げ”と呼ぶらしいですが、上はそんな立派なものではありません。

板の材質も違うので同じやり方では上手くいかず長年奮闘。

まだ方法も確立できておりませんのでここには書きませんが、少しだけ木目が浮き上がってまいりました。

製作過程と完成後の音の雰囲気

製作中はひたすら舐め切った記事を連投しておりましたが、製作中の過程と完成後の雰囲気を動画にしました。

なんだかんだと変えたとこ

組み立て完成直後はこうでした。

スピーカ完成-BH制作風景

で、最終的にこう。

BHバックロードホーンスピーカ塗装完了

変えたポイントは、

1面取り角度を→大面取り角度が小さ過ぎてカクカクしてたので、もっと削ってやりました。
2バッフル下の隙間を→大スピーカユニットが付いてる板が“バッフル”。その下の溝幅を指が入るよう8mm位に。
身長が80cmと高く、位置調整時にちょいと持ち上げるのに苦労するので。
3四点支持→なんちゃって三点支持にこちらで記事にしましたが、

最重要な“足”の形状を改良しました。前面の回転板で支持ポイント(ボルトの部分)の荷重を最適に分割します。

また更に、背面側の角材はハの字にして幅を広げ、安定性を高めました。
トールボーイの足を工夫し三点支持へ

4ユニットを変更スピーカユニットを変更。

TangbandのW3-926SDFを使っておりましたが、共振尖鋭度Qts=0.49の品。

音質を言葉でうまく表現できませんが、エージングが進むにつれ「ボワつきが酷過ぎ」と感じるように。

やはりQtsが高すぎな感じ。ちょっとやり過ぎました。

→同じTangbandのQts=0.39品W3-881SJFに入れ替えました。今のところ満足。

※ただ、このエンクロージャは音道長230cm。もっと長い260cmのものに入れるとそんな気にならず。まだ原因不明ですが。

最終的なデータ

最終的にこんなバックロードホーンに。

各パラメータ
方式フルレンジ一発
底面開放型バックロードホーン
板材主に構造用合板、
内部はラワンベニヤ、コンパネ、MDF混在
使用ユニットTangband
W3-881SJF
重量13.0kg
(一台)
高さ78cm

(足場幅)
13cm
16cm)
奥行
(足場奥行)
37.2cm
38.4cm)
音道の数8
音道長230cm
空気室容量1084ml
スロート絞り率42%
広がり率1.2
スロート断面積:13.4平方cm、開口面積:229.6平方cm
空気室はクロスオーバを130Hzにセット→モノ詰め込んで調整。

完成までかなり暇が掛かりました。ほとんどは「作業せなアカンのになぁ…」と悩んでた時間ですが。

と、感傷に浸ってたら気付きました、「またサランネット作るの忘れてる…。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました