アドセンス可能な無料ブログはこれ|独自ドメイン不要

無料ブログサービスでGoogleアドセンスを開始するための情報です。
記事内容の最終確認は2019年4月。状況はほぼ同じ。非ホスト型で多少仕様変更→「広告配信するブログを追加する場合、そのブログ自身で審査通過が必要に。」

ポク太郎です。

2016年辺りからサブドメイン形式のサイトはアドセンスの申請不可となりました。それにより「無料ブログは不可」と誤解が広がっておりますが、可能なものもあります。

この記事は、以下が当てはまる方向けの記事です。

○ 現在、無料ブログでは申請できなくなりあきらめている方。
○ WordPress+レンタルサーバで始めるのに踏ん切りがつかない方。


無料ブログでアドセンス可能?

可能です。Google運営のBloggerだけですが。

現在申請する際、ピリオドが二つ入るサブドメイン形式は申請できなくなりました。サブドメイン形式とは、例えばこういうの。

http://pokutaro.seesaa.net/
事情によりhだけ全角で表示してあります。

無料ブログサービスはほぼこの形式なので、サブドメイン=無料ブログ不可有料サーバをレンタルしない限り無理と認識される事態が起きてしまいました。

でも、以下のGoogleの運営するサービスだけは例外です。

Blogger
YouTube

Bloggerは無料なので、つまり、それのみ可能です。

独自ドメインから申請するのと違う?

違います。アドセンスのアカウントにはホスト型、非ホスト型の二種類あり、それが異なります。

BloggerやYoutubeから申請する場合、種類は“ホスト型アカウント”となります。

アカウントの種類
ホスト型Blogger、YouTubeで申請・審査したアカウント
ホストパートナーサイトだけでしか広告が配信されない。

ホストパートナーサイトとは、Googleの運営するBlogger、YouTubeのこと。

非ホスト型独自ドメインで申請・審査したアカウント
すべてのサイトで広告を配信可能。
分かりにくいですが、「アカウント」とは一人に一つ。
ブログ自体は一人で複数作れるので、Blogger内のものだけ適用するのがホスト型、その人の持つもの全て適用するのが非ホスト型。

制限がある分だけ低グレードのアカウント。つまり、

非ホスト型 > ホスト型

ただし、「制限」といっても上の一点のみ。

・独自ドメインで再審査すればアップグレード可能

AdSenseページのメニュー広告の設定その他のサービスに申請フォームがあります。

・Blogger内だけで100個(だったはず)のブログが作成可能
・運営者に渡される収益分配率も同一の68%

気にするほどの違いはありません。

後から変えることも可能ブログを大量に作れる収益分配率も同じ。なので、始め方・やり方には以下パターンが存在します。

アドセンスの始め方パターン
パターン
1
初っ端から非ホスト型の審査
パターン
2-1
2-2
Bloggerで審査。2-1
運用を試してから、
改めて非ホスト型への審査。
2-2
以降ずっとホスト型でガマン。

12-1が非ホスト型を取得する場合、2-2がホスト型でガマンする場合。

非ホスト型の取得を考えた場合、2-1は一つ余計にブログを立ち上げる必要がありますが、何かのペナルティがある訳ではありません。

ですので、まずは無料であるBloggerで試す選択をしても全く問題ありません。

Bloggerは、アドセンス申請可能、強制広告一切なしで商用利用も可。他の無料ブログに比べ圧倒的に恵まれています。その点ではおススメ。

唯一の心配事は、Bloggerはこの上なく使いにくいという点です。

下は以前予告していた愚痴記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました