RYZEN2400Gマシン組立→Win7入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマーク付

ポク太郎です。

MSI製マザーボードにRYZEN2400Gを乗せて、Win7をインストールしてみました。

CPU:RYZEN 2400G
マザー:B450 PRO-M2

結局、Windows7向けのビデオドライバが存在せずグラフィック機能ショボ過ぎ→Win10に、としましたが一応Win7が走りました。

せっかくのハードウェアの進化を食い潰す“新しいソフトウェア大嫌い人間”の抵抗物語です。そのときの記録、読み物として。


1. 組み立てた自作PCはGPU機能搭載RYZEN2400G


RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

寒い部屋に置きっ放しだったカメラのレンズが結露して曇ってるのに速く組み立てたいからと焦ったわけではありません。

購入したRYZENの自作PC
1CPURYZEN 2400G\18,000
2マザーB450M PRO-M2\8,000
3メモリDDR4-2400 8GB\7,000
4SSD128GB\4,000
5HDD4TB\8,500
6DVDDVDマルチドライブ\1,900
7電源600W効率85%品\4,800
8ケース適当
\52,200

RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

いよいよグラフィック機能入りのRYZEN。型番末尾にGが付いたものがそれのようです。例→2400G。

MSIマザーB450 PRO-M2-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

マザーはチップセットがB450のB450M PRO-M2。MSI製。型番にあるように、M.2タイプのSSDのスロットがあります。

SSDをM.2タイプにすれば配線が少なくなりスッキリするのですが、SSDそのものが高かったので今回は見送り。安い2.5インチのSSDを選択しました。

2. RYZENとリテールファン取り付け

RYZEN機を組む際にあれ?となるポイントだけ。

MSIマザーB450 PRO-M2-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

マザーボード組み立てに関連するパーツは4点セット。

  1. マザー
  2. CPU
  3. CPUファン
  4. メモリ

ここは2.CPUと3.CPUのファンの取り付けの話。

ソケット付け方-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

RYZENのICパッケージは、無数のピンが裏から生えてるタイプ。

レバー上げる=ピンをリリース、レバー下げる=ピンをロック、するソケット。レバーを少し横にずらして持ち上げるペンティアム4時代によくあったタイプです。

取り付け樹脂-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

RYZENのリテールファンを取り付ける際に混乱するのが、この樹脂。取り付けようにもヒートシンクと干渉してしまいます。

これはネジ二本づつを外し樹脂を取っ払うのが正解。マザーボード裏にネジ穴付きの板金と接続されてますが、それも取れてしまうのが正解。

ヒートシンク+ファン-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

リテールファン裏側ヒートシンクの様子。バネ付きのネジが4点に付いています。先ほどのマザー裏板金とこれら4点のネジでマザーをサンドイッチして取り付け。

ヒートシンク中央に付いているグリス(灰色の)がCPU天面全体に均等に当たるよう、壊さぬよう、慎重にグリグリ→ネジで固定。

オーバークロックするなら若干グリスを追加してもっと慎重にしたいところですが、最近は面倒くさくて。オーバークロックしないし。

組み立てた様子-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

これがファン取り付け完了の図。

3. RYZENにWin7インストール

あとはケースに入れ、電源、その他ストレージを接続したら、ハードウェアは完了→OSのインストール。

3-1. Ryzen+Win7の問題はUSB認識切れる

Win7インストール時に問題となるのはUSB。DVDからのOSが走り出した後、USBマウス、USBキーボードが一切効かなくなります。

操作可能な方法は、PS/2のみ。

このマザー:B450M PRO-M2の場合、PS/2が一個装備されていますのでPS/2キーボードを使ってインストールしました。

背面パネル-RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

必要なキーボード操作方法
1TABキー表示されたコントロールの選択に使用。TABキーを押すと次々移動していきます。
2ENTERキーTABキーでコントロールを選択して、決定する際に押します。
3SPACEキーチェックボックスのオン・オフを切替えます。「同意します。」とか。
4ESCキーキャンセルする場合に。

下にこのときに遭遇したトラブルメモ。

3-2. トラブル~BIOS古くてブルースクリーン

Win7インストールDVD読込完了後、プログラムが走り出した瞬間ブルースクリーン。そこには「BIOSをUpdateしてくれ」とメッセージ。

購入時のBIOSのバージョンは7B84v22→MSIのツールLIVEUpdateで見るとBIOS最新と表示されるが、下には7B84v24が最新(この当時)
https://jp.msi.com/Motherboard/support/B450M-PRO-M2

結局BIOSを更新することで、この問題は解決。

が、上記MSIのページには、

ご注意:
Live Update以外でここから直接BIOSをダウンロードされた方は、BIOSアップデートの際には、ダウンロードした圧縮ファイル内に同梱されているフラッシュ専用のユーティリティをご利用ください。BIOSアップデートの失敗を防止するために、旧版のユーティリティやMSI以外から提供されているユーティリティのご利用はおやめください。

引用:上記MSIのページ

困ったのは「LIVEUpdateで見るとBIOS最新と表示される」、「“同梱されてる”とされるユーティリティが同梱されてない」。

行ったのは、UEFI内蔵の書き換えプログラムM-FLASHを使用して書き換え。

BIOS更新はやっぱり怖いので、同じことを行う場合は自己責任で。

3-3. トラブル~チップセットドライバ添付されてない

マザーボードB450M PRO-M2の添付DVDにWin10用のチップセットドライバしか入っておらず、Win7インストール後もUSBマウス、USBキーボードが動かず。

添付DVD内にWin7用なし。

ググって探したらここに。
https://www.amd.com/ja/support

一応、このチップセットドライバを入れることで解決。

3-4. 超えられない壁は“ビデオドライバない”

この段階で一応全ドライバが入り、動き出した段階。

が、越えられない壁はグラフィック。OS上の操作やビジネスソフトの描画も若干遅い感じでベンチマーク結果のグラフィック性能はカスレベル。

RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

Windows7でのベンチマーク結果

まぁ使えないスピードではないが、解像度は1366×768が限界→悩む。

使用目的はグラフィック性能を必要としないが、せっかくのRYZEN…。

4. RYZEN2400GのWin10でのベンチマーク

悩んだ末、ベンチマーク結果を比べてから決めようとWin10をインストール。

RYZEN機
CPURYZEN 5 2400G
MEMDDR4-2400 8GBx1
DISKSSD(S3)
GRAPHICRYZEN内臓
OSWin10 64bit

RYZEN2400Gマシン組立→Win7を入れる→やっぱり止めた話|MSI製B450|i7と比較ベンチマークあり

Windows10でのベンチマーク結果

現在の2DグラフィックはGDIを使うのが主流なのかD2D(DirectDraw)がガタ落ちしてるが、

GDI:12137→16283(+34%)
OGL:2481→41284(+1564%)

と、3Dグラフィックは16倍以上の差。当たり前なんだけど。

………………………、しばらく沈黙。

気が向いたらまたWin7に再チャレンジすることにして、Win10のまま必要アプリをインストール。使用環境をWin10で整えてしまいました。

5. 参考までに他CPUとのベンチマーク比較

所有する各CPUを比較した以前のベンチマーク結果と並べて比較。

自分の各マシンのベンチマーク結果その1
RYZEN 2400G
DDR4-2400
RYZEN 1400
+HD6450
DDR4-2666
i7 2600K
+GF650
DDR3-1333
Mark339135268966306238
ALU1144708707890755
FPU792897247570579
MEM45569
R/W5678
48877
R/W7839
48022
R/W7875
HDD38288
SSD
40041
SSD
8104
GDI16283555210801
D2D3952318419703
OGL412841175958274

自分の各マシンのベンチマーク結果その2
C2D E7300
DDR2、HDD
Pen4 NW3.4G
忘れた、HDD
Mark8378735496
ALU252257767
FPU168266604
MEM13288
R/W2154
7154
R/W1216
HDD60826161
GDI79093701
D2D25583425
OGL11899684

赤字部分について)

RYZEN2400Gは完全にGF650付のi7 2600K(Sandy)を抜き去ってしまいました。

元々i5-8400辺りを狙ってたけど品薄で価格が高騰→RYZENに。i5-8400はもっと凄いらしいのでIvy辺りを凌駕するのかな。

ピンク部分について)
ただ気になるのはメモリ。あまり効かないかなと今回はDDR4-2666→2400にしてみたら見事に落ちてしまいました。

DDR4-2666とDDR4-2400を数字で比較。2666を100%として、転送速度規格の比をとると2400は90%。ベンチ結果の比は93%。

頭打ちになるのでは?と勝手に予想してたが違いが出てしまった。どんなCPUでもモジュール規格分の性能は活かせるのかな。この辺よく分からず。

その内試すことにして今は放置。

CPUの性能が劇的に上がらなくなって久しいですが、それでもRYZENのコスパがいいのは確かですね。ペンティアム4の10倍です。←何と比較してんだ。

てかインテル高過ぎ。モノがいいのは確かなんだけど。

こちらはGPU付きのRYZEN。文字化けはGoogleの仕様です。

結局、Win7用のビデオドライバさえあれば…というところでしたが、やっぱり無理。亜種でも存在すればよかったのですが。

が、何にしても現在Windows7はRYZENをサポートせず、Windows Updateもさせてもらえない状態。

Windows7でしか動かないソフトがどうしても必要で…という場合は仮想化で対処するのがスジかなぁ。いよいよ諦めの時期。

コメント

タイトルとURLをコピーしました