液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|デスクトップPC複数に接続環境構築

本投稿では液晶タブレットを“液タブ”、ペンタブレットを“板タブ”“ペンタブ”と略します。

ポク太郎です。

半年前、初めて液晶タブレットなるものを購入しました。買ったのはXP-pen Artist15.6

十分使い込んだのでその評価レビュー。また、“使用時のイメージ”や“購入時に意識すべきこと”を伝える目的の内容も書いてあります。


初めて液晶タブレット買った

本投稿で強調してる内容、使用目的など条件を最初に列挙。

液晶タブレットを触った経験なし、ペンタブレットとどっちに?と迷ってる状態での着眼すべきポイントを強調。特に液晶タブレット使用のイメージが沸きやすくなる情報を選びました。

液タブとは、板タブとは

液晶タブレット液タブとは…感圧機能付きの液晶画面。PCの画面も表示されるモニタ。
ペンタブレット板タブとは…感圧機能付きの板。マウス、キーボードに類される入力デバイス。

買ったのは前者“液タブ”。

液晶タブレット使用時のイメージ

自分が初めて触った時に気付いた目からウロコ。

  • 目の前に感圧機能付きの単なるモニタ
    • 持ち替えればペン操作→マウス操作
    • 描画中、メインのモニタは電源断でもOK
  • ペンは電池要らず
    • ちょっと仕掛けのある単なる樹脂

液タブ購入時選択時に意識すべきこと

通常の描画動作との違い=ストレスとなるものを列挙。詳細な説明が下項に連なっています。

  • 回転動作-手を自在に動かせるかが勝負。
    • 画面サイズ選択に影響
    • ケーブルの振り出し位置
  • 目線と描画位置-ペンタブレットは安いが…。
    • 視差の重要度
  • 本投稿では評価してないドライバの相性-下の【注意点】参照。

注意点】ポク太郎の使用目的はこういうイラスト絵。“筆圧レベル”の機能を使用しておりません。

注意すべきは、

本投稿では、筆圧レベルの機能は未使用なのでそれ以外を参考にして下さい。

XP-pen Artist15.6の筆圧検知機能は8192段階。対応した描画ソフトウェアで使用可。PhotoShop、CLIP STUDIO PAINT、コミックスタジオ、ペイントツールSAIなどが対応。

ペンの仕様も重要ですが、特に気にすべきはドライバとの相性。上記描画ソフトとXP-penドライバとの相性を検索してチェックしてみて下さい。

購入 ~ 機種選択の重要視すべきポイント

最重要は画面のサイズ選択

絵を描く場合に多いのは腕、手首を回転させて線を引く動作。体よじって実現できない場合は紙を回転させて描くはず。

つまり、その動作の可否は液タブ選びに重要なポイント。ストレスの大小が決まります。

小さいものほど楽に回転可能、でも当然大きな画面が見やすい→矛盾。

◆回転させやすい小さな画面がいい。
◆見やすい大きな画面がいい。

購入時点の世相は「12~13インチが型落ちで15.6インチがトレンド」でした。このようなパソコン関連商品はトレンド品が桁違いに安いのが常識→15.6インチを購入。

~ここから個人的感覚的感想~

使用解像度は1920×1080。2Kハイビジョン相当。モニタは大型テレビ60インチ。

液タブの次のトレンドは19インチっぽいですが、ちょっとデカすぎ…ってのが正直な感想。

巨大な紙に描く場面を想像するとよいかも。手首だけでなく腕全体動かす必要←この嫌な感覚が分かるなら15.6インチで十分と思います。自分は14インチ位が欲しい。

縮小・拡大自在だからこそハンドリング重視。スタンドやテーブル上に設置の場合は回転できないので立ち上がる必要性も。当然部屋の中にそれ用の机やスペース。

メインのモニタはデカけりゃ正義ですが、液タブはハンドリングの観点を忘れないよう注意が必要です。

ポク太郎はリクライニングチェアにコッポリ収納された状態で描いてるので事情が違うかもですが参考にして頂ければ。(下半身と上半身の角度が約160°)

液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続
頻繁に回転させるのはケーブルのコネクタ部が痛むのでメーカが推奨しない使い方かも。でも実際膝の上に置いて回転させないと描きづらいんですよね。

因みに1インチ=2.54㎝。簡単に計算するツールがGoogleに設置済。つまり15.6インチ=39.6cm。

画面サイズの規定〇〇インチは対角線の長さなので、16:9のワイドテレビ対角線上にメジャーを当てて大体の大きさを想像。その四方に3~4㎝の枠を付けたのが液タブ全体の大きさです。

邪魔なケーブルの振り出し方向を想像

写真はXP-pen Artist15.6。3in1のケーブルが一本繋がります。

液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続

上記の“回転させる”動作を妨げる要因ですが、実際の描画中はさほどでも。それよりマウス操作しようとしたときに邪魔。対策としては下に書いた左利き向け180°回転。

機種選択の際には、ケーブルは動きをどう邪魔するの?と想像しておくべきと思います。

IPSは必須

ストレスの元=通常の絵を描く動作と異なる次の着眼点は「紙と同様どの方向からも見えるべき」。なのでIPSは必須です。

IPSディスプレイとは…どの角度から見ても暗い明るいが変化しないタイプの液晶ディスプレイ。

液晶タブレット”を謳うものは間違いなくIPSと思いますが一応チェック。XP-pen Artist15.6IPSタイプ。

ペンタブレット買わないで正解だった…

重要なのは「視線と手の位置が合致してること」と「傾きの意識が不要なこと」。ペンタブレット買ってたら安物買いの銭失いになったはずと判断した理由は最後の項「所感詳細」に書きました。

Amazonでの質問内容1-指での操作不可

購入前に自分が不安に感じたもの。Amazonの商品ページに以下の質問内容が。

〇画面を指で操作することはできますか?→指で操作は出来ません。

ん?と思いましたが、これは指で操作できてはいけない商品。理由は、絵を描く場合ペンを持つ手の小指や空手チョップの位置が必ず接地してるから。

つまり指や手に反応するとまともな検知不可。だから「液晶タブレットとは、スタイラスペン以外で操作できてはいけないシロモノ」。スマホとは異なります。

スタイラスペンとは…パソコンなどで描画する際のインクの出ないペン。大抵は先端が樹脂。

Amazonでの質問内容2-180°回転可?

購入前に自分が不安に感じたもの。

左利きの方用に必要な機能。製品のドライバをインストールすることで可能。メインのモニタは回転なしで液タブだけ180°回転の設定が可能。

導入 ~ 各部屋複数のデスクトップPCに簡単接続環境

ハードウェアの専門的な語句が並んでいます。繋ぎ方さえ分かったら後は読み飛ばして下さい。より安定したケーブル伝送を実現する環境作成の話です。

こちらが全添付品。
液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続

XP-pen Artist15.6の接続方法

長さ1.8mの“3in1ケーブル”なるものでPCと液タブを接続します。PC側にはHDMI、USB、給電用USBの3本、液タブ側にはUSB TypeCが1本。
液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|デスクトップPC複数に接続環境構築
液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続

XP-pen Artist15.6の接続形態
PCケーブル液タブ
HDMI
USB3in1ケーブルUSB Type-C
USB(給電)

ノートパソコンなどバッテリー駆動のものに接続する場合は、ACコンセントからUSB給電を行うための付属のアダプタ使用が適当。各国向けのプラグに変換可能。
液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続

本投稿での使用条件

XP-penのドライバはインストールせず。PCのOSはWindows10でその標準ドライバ使用。
接続するデスクトップPCは2台。
 PC1:グラボにDVIとHDMI端子。DVIでモニタ、HDMIで液タブへ接続。
 PC2:グラボにHDMI端子。HDMIで大型TV、オンボードのHDMIで液タブへ接続。
筆圧検知機能は未使用。
描画ソフトは主にPhotoShop、ペイント、PictBear。※筆圧検知を使用しないので特にソフト選ばず。

●PC1への接続
通常の接続方法。3in1ケーブルのHDMI、USB2本をパソコンに刺し、他方のUSB Type-Cを液タブへ接続。

繋いで電源を入れると、Win10設定システムディスプレイ中の“マルチディスプレイ”の項に検出されます。メインのモニタと同一画面を選択しています。

●PC2への接続
こちらのグラボはHDMI端子が一つだけしかありません。そんな時はオンボードのHDMI出力を使用。

拡張スロット上のグラボを使用する場合、通常BIOSがオンボードGPUを無効にセットしますがそれをオンにします。

BIOSには、オンボードとグラボの認識順グラボ使用時にオンボード有効/無効化の二設定があるはず。

その二つを“オンボード優先”、“オンボード有効”に設定すればマルチモニタとして機能します。

ただし、うちの環境ではWin10設定同一画面の出力”が選択不可になります。液タブの電源入れると液タブがメインのモニタに、電源落とすともう一方がメインのモニタに。

それが嫌な場合はHDMI分配器。ただしセンシティブな信号なので粗悪品は避けるべき。いっそのことHDMIセレクタでも。

複数のデスクトップPCで液タブ

どの部屋にいても絵を描ける状態にセットアップしたいですが、問題点はいちいちパソコン背面で繋ぎ変えないといけないこと。対策は“延長ケーブルで前面に引っ張り出しておく”。

選択肢は2つ。

選択肢① 3in1ケーブルのPC側3本を延長
選択肢② 3in1ケーブルの液タブ側1本(USB Type-C)を延長

選択肢②だと、3in1ケーブルが複数必要、USB Type-Cの部分はHDMIとUSB混在のXP-pen特別仕様。特に“特別仕様”に危険を感じ、また、見積もると凄く高額なので選択肢①を選びました。

PC1のセッティング状態
PCPC前面ケーブル液タブ
HDMIHDMI延長1m
USBUSB延長1m3in1ケーブルUSB Type-C
USB(給電)USB延長1m

PC2のセッティング状態
PCPC前面ケーブル液タブ
HDMIHDMI延長2m
USBUSB延長2m3in1ケーブルUSB Type-C
USB(給電)USB延長2m

別途必要となるのは、USB(Aタイプ)の延長ケーブル:2本 x PC台数とHDMIの延長ケーブル:1本 x PC台数。

大量に必要となるケーブル選びの注意点。

USB規格はケーブル長5mまで保証。でも、長いほど低品質に。間にコネクタを挟む場合は尚更。3in1ケーブルは1.8mなので2mの延長ケーブル追加で計3.8m。

かなり長いので“粗悪品は×”。かといって大量に要るのにバカ高い高級ケーブルにするわけにもいかず。うちはエレコムの細いUSB AtoAで構成しました。誤動作は特になし。

HDMIの延長ケーブルも同様。できる限り価格が抑えられたスタンダードで、かつ、評判の良いものを選びます。

使用 ~ XP-pen Artist15.6を使用した所感詳細

液晶タブレット初体験時に思ったこと、気付いたことを列挙しました。

液晶タブレットとは単なる“マルチモニタ”

パソコンの映像を映し出す機械がモニタ。

液晶タブレット接続」=「タッチ機能付きモニタが一台増えるだけ。」

ここで言う“タッチ機能”とは、上で書いたように指や手には反応せず専用のペン先に反応するもの。

なので、液晶タブレットを机の上に置き目の前でマウスで操作することも可能だし、ペン先でダブルクリックしてフォルダ開くファイル開く動作も可。

単なるモニタ、単なるテレビ、単なるディスプレイ。

ペンは電池不要、でも交換用先っぽの替え時不明

ペンは電池不要。またこのようなスイッチが付いており、マウスの左右ボタンに対応。
液タブ|XP-pen Artist15.6実際の使用感覚|複数のデスクトップPCに接続

じゃあ何で電池不要?と疑問ですが分解してないので検知の方法不明。“スイッチを押すことで内部でペン先とコンデンサ接続”とかしてんのかも(←予想)

ペン立ては未使用。そんなヤワではないし何よりもペン立てが不安定で邪魔。ボールペンと同じ扱いで机の上にゴロン。

※“壊れない”保証はないので要注意。ポク太郎がそうしてるだけ。無くなったで大騒ぎもあり。失って初めて唯一の存在と気付きます。

また、交換用のペン先が販売。付属もしてるようだが紛失したみたい。それよりいつ替えるべきかか分からず。

使用状況は上記似顔絵100枚位:下書き1時間、清書1時間=約200時間。結構力を入れてる認識アリ。丸くなったのか凝視してみましたが元の状態を覚えていません。

もっと寿命が長いのか、もしくは、使用してない筆圧検知に影響があるのかその辺は分からず。

拡大縮小専用ボタンはやはり便利

液タブ外周には6つの専用ボタン。やり直しアンドゥや拡大・縮小など。

一発で目的の動作が行えるのはやはり便利。XP-penのドライバをインストールすることで好きな配置にカスタマイズ可能です。

液晶タブレット買って正解

やはりペンタブレット板タブは一万円以内で買えるので安し。

ポク太郎とは“ダメと言われてるモノに抵抗し無駄な努力を繰り返す人間”ですが、液晶タブレットで初めて描いたときの台詞は、

板タブ買うのやめてよかった…。」

元々液タブ板タブ購入の動機はマウス書きでは時間掛かりすぎるから。線がじゃみじゃみになります。

ペンで描けば板タブでも綺麗に引けるんじゃ…と思ってしまいますが、じゃみじゃみにならない方法は“ペンで描く”ではなく“スッと線を引く”、つまり“視線と手の位置合致”と即座に判明。

板タブは“傾きの意識必要”なのでジリジリジリ…と調整しながら描く必要があります。

下の絵など、それまでずっとマウス描き。板タブでも当然できるでしょうが、結局時間が掛かるので意味がありません。

フィギュアスケート似顔絵-日本の星!浅田真央トリプルアクセル|イラストカリカチュア
浅田真央似顔絵イラスト

液タブ板タブの選択を解説したサイトは「板タブは慣れない方も居るかも」など中途半端な書き方しかしてないので敢えてズバンッと書きます。

マウスで時間掛かるなら板タブでも時間掛かるし、マウスで描けないなら板タブでも描けない。板タブはマウス描きと大差なし。

また、描きやすい条件は先述した腕・手首の都合の良い角度にできること。なので“傾きの意識必要”な板タブだとそれができません。当然コッポリ収納されて描くのも不可能。

文章での表現は限界があるので触ってみるのが一番ですが、触れる環境がない方へ。

板タブに必要なのは「設定や姿勢、傾き整えて思い通り描けるよう環境を試行錯誤。」
すべて液晶タブレットが解決済。

やはり絵を描くならペンタブレットではなく液晶タブレットがおススメ。日本製の定番ワコムは確かに高額なので、ここで使ってる~3万円のXP-penとか。

若干目的の位置からずれる場合あり-視差

視差とは、描こうとする位置とペン先の位置がずれること。ガラステーブルを介して描く場面を想像して頂ければ。そこまでデカくありませんが線一本分ずれる場合が時々発生します。

ペン先の認識を表す〇マークが画面上に出るので位置調整しながら描画は可能。なので個人的には気にならず。

その辺重視する方は高額ですが日本製ワコムの「ずれが少ない」アピールしたものが適当。でもその程度のズレはスキルで対応したいところ。描く絵にもよるが図面ではなく絵なので。

気を付けるべき描画動作~長い一筆書で遅延発生、点が描けない

長時間線を書き続けると描画が遅延しだします。サンプル動画を取ってみました。最初にドラえもんを書いてから実演開始です。


でもここまで長時間連続した線を描くのはスキルとして×。なのでポク太郎は“時間掛け過ぎ検知機能”として逆に利用してます。「あ、やってもうた。やり直し。」

また、点を打てません。これはクリックと判別が付かないので仕方ないこと。そんな時は微小位置ずらしながら小さく丸、または、マウスに持ち替えポチッ。

色んなポイントをごちゃごちゃ並べたて記憶に残りにくかったかと。なので最後にポイントをまとめた表を。

「デジタルアート用デバイス選択時の留意点」として使って頂ければ。

パソコンで絵を描く~デジタルアート用デバイス選択
液タブvs板タブやはり液タブ。判断の最大理由は“傾きの意識要不要”。
液タブは単なるモニタ目の前にサブモニタ現れるようなもの。持ち替えてマウス操作可能。
最重要ポイントは画面サイズハンドリングの観点忘れずに画面サイズ選択液タブの場合“デカけりゃ正義”は通用せず。
実際に絵を描く-腕肘手首の回転、体をよじるシチュエーションを思い描いて選ぶのが大事。
ストレスとなる要因をチェック ・ケーブルの振り出し邪魔にならないか。
・IPSディスプレイで全角度から目視可能か。
・指に反応するスマホタイプかそうでないか。
・左利き用に液タブだけ180°回転可能か。
筆圧検知機能確認ここで触れてないドライバ相性問題は事前に調査要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました