XP-pen|スタイラスペン先の替え芯交換作業~耐久時間や劣化時挙動

ポク太郎です。

使用中の液晶タブレットXP-pen Artist15.6

筆圧ペンのペン先交換時期が来ました。劣化により起きる症状・現象と交換作業をまとめました。

Artist12ProArtist13.3Proの替え芯も同仕様です。


替え芯交換方法は付属のペン立て利用

替え芯は付属してたようだが紛失したらしい。そこで販売されてる交換用の替え芯購入。

替え芯50本千円~XP-pen|スタイラスペンの替え芯交換作業~耐久時間や劣化時挙動

50本=少なくとも5000時間分とは言え、これで1000円とか少々ボッタクリ臭がするが、他のメーカに比べ良心的、本体価格下げるための消耗品ビジネスなので仕方なし。

交換の仕方は至って簡単。付属のペン立て裏に図解されています。

ペン先交換方法~XP-pen|スタイラスペンの替え芯交換作業~耐久時間や劣化時挙動

ペン立て中央に金属の筒。ペン立て裏側からペン先を差し込み、ペンを少し傾けて引き上げます。ペン先樹脂の側面を金属筒のエッジに食い込ませ、引っ掛けて引き抜くて感じ。

替え芯抜き方コツ・理屈、力の入れ方図解

XP-pen|スタイラスペン先の替え芯交換方法~ペン立て台金属筒への力の入れ方図解

力の入れ方を図解したのが上図。

動作は「①スタイラスペンを傾けて、②引き抜く」ですが、

  • 傾ける際に“ペン先先端”を金属筒の側面につっかえ棒のように押し当てるように。
  • そうすると“ペン先根元”が金属筒のエッジに食い込む形で力が加わります。
  • それで“ペン先がロックされた状態”→引き抜くとペン先だけがその場に残ります。

なので、“まっすぐ引き抜く”のでなく“金属筒エッジに食い込せるよう湾曲を描いて引き抜く”よう意識すると○。

XP-pen|スタイラスペン先の替え芯交換作業~替え芯交換方法コツ・理屈、力の入れ方図解

割と簡単に抜けるのでまずはそっと試してみると理屈が分かるはず。ペン先根元を歯で噛んで引っ張っても抜けますので。

ペン先交換時期判別法、劣化判断の目安、故障を疑う前に

使用条件は下のような“筆圧検知未使用”な似顔絵イラスト。

レディガガ/LadyGAGA似顔絵アニメーション~Chromatica♪StupidLove振り付け
レディー・ガガ似顔絵イラスト

交換時期の判別と劣化判断の目安

交換までの使用状況は、上記作画を約250時間位。結構力入れてる認識アリ。

起きる症状は、液タブペン先を検知できない。正常時は液タブペン先接近で検出位置に〇表示→劣化状態時は検知できず〇が動かなくなります。

特にペンを傾けた時が顕著。

ペンを傾ける=筆圧検知利用時に多い状態。その時に頻発するので、筆圧検知使用時はもっと高周期で交換が必要と思われます。

表にまとめると、

XP-penペン先劣化の状況、症状
使用条件上記のようなイラスト描画。筆圧検知機能は未使用。
交換までの使用時間約250時間。かなり力を入れてる認識はアリ。
劣化による症状液タブペン先を認識できなくなる。特にペンを傾けた場合が顕著。

以下が劣化後と新品との比較写真。

使用前後~XP-pen|スタイラスペンの替え芯交換作業~耐久時間や劣化時挙動

さして違いが見えませんが劣化後のはもう検知できず。ペン先の特定の湾曲が摩耗し変形→それで検知異常が起きるのかも。

筆者の使用法だと約250時間でしたが、人、使用法によってかなり前後すると思われます。

ペンを傾けた時に検出異常が頻発するので、傾けて描いた時の感覚を正常時に一度確かめておくと、交換時期の判断に役立ちます。

ペン先交換しても直らない、故障かな?と思ったら

またペン先を変えても上記症状のままの場合、故障かなと思った場合には、まずは下を参考にどうぞ。同じ症状が出る場合があり下の方法で直るかも。

ペン先の交換についてまとめました。

でももっと重要なのはスタイラスペンを無くさないこと。失って初めて唯一の存在と気付きます。ボールペンじゃ代替できないので紛失すると約3000円の出費。なのでソッチも要注意。

何だかんだいい買い物だった液タブXP-pen Artist15.6。こちらで使い勝手の良い接続や細かいとこをレビューしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました