平面・3D立体図|DIY設計図描くためのフリーソフト|巣ごもりプラモデルから家具自作へ

ポク太郎です。

爺がずっと確信してたこと「20年後も自分は20歳のまま」。何の話でしょう。

爺の人生うんちく付きDIYのススメから、これさえあれば十分な下記の無料ソフト・サイト上で実行するWEBアプリの紹介です。

  • 2次元ドローソフト~LibreOffice
  • 2次元ドローソフト~Google図形描画
  • 3次元立体図形描画ソフト~SketchUp


DIYのススメ

爺のつまらんうんちくはすっ飛ばす方はこちら→さっさと製図用フリーウェアの話へ

都合の悪い現象「加齢により価値観変わる」

子供時代、若い頃は“自分が何かを築き上げる”ことが困難なので、どうしてもプロの“製品”に目が行きます。

一流メーカーの高級車、ズドドドドッと走るハーレー、センス抜群なブランドスーツに高級時計、老舗の高級スピーカ-、全分野トップ集団が作るドラクエ、大好きなガンダムのプラモデル。

これに夢中になるのは目を肥やす訓練であり、肥えた目で評価した結果であり、正常で健全な行動であり。プロが供給する最上級のものなので。

、都合が悪い、面白くないのが以下現象。

「加齢により価値観変わる」

いつか「なぜ他人の作ったものに執着せにゃならんのだ…」となる日が来るかも来ないかも。

それが来た場合、夢中でつぎ込んだ労力を「なんという無駄な時間…無駄な金…」と後悔することに。

リタイアした老人が始めるのは一般的に仕掛ける側。歌、楽器、絵、工作、踊りなどなど。世の製品を試しまくる上記の受け手側は極少数。

“自己実現”と“自己表現”などと言い表されたりするが、人間は最終的に“自己表現”に向かうのが一般的。

可能性、選択肢は残すべき

全員が後悔する立場になる訳ではありませんが、「加齢により価値観が変わる」「20歳の20年後は40歳」と事実を事実として認めないとポク太郎になります。

つまり仕掛ける側としての環境を触ってみる、構築しておくのは間違えではありませんよ、というのが趣旨。

車好きなら金属加工に挑戦、オーディオ好きならスピーカ自作、プラモデル好きならDIYへ。試しに更に前を見据えてみたらどう?と提案するもの。

他人が準備したプラモデルやキャラクター商品でなく、ゼロから生み出す趣味も選択肢として残してみては?て意味でおススメするのはDIYの第一歩=“図面作成の環境を作る”こと。

ラッキーなことに現在のパソコンは一昔前のスーパーコンピュータ。平面図形、3次元の3D立体図面を描く環境が単なるフリーソフトで実現可能です。

無料の2次元図形ドローソフト「LibreOffice」

直線、四角、円図形で絵を描く2次元描画

直線や四角形、三角形、楕円などの図形を描くためのソフトウェア。

それら一つ一つの図形が部品となり、グループ化したり最前面・最背面に表示したりで描いてくタイプのソフトウェア=いわゆるドローソフト

ドロー系画像エディタでのスピーカ設計実例
LibreOfficeで描いた自作スピーカの設計図面

LibreOfficeダウンロード先とポータブル版の違い

マイクロソフトのOFFICEのような無料統合ソフトが「オフィススイート」。“スイート版”と呼ばれ、亜種がいくつかあります。

その亜種の中でも一番使い勝手が良いと思うのはLibreOffice。“リブレオフィス”と読むのでしょうか。

総合ソフトなのでワープロwriterや表計算calcも全部入り。ここでドローソフトとして紹介するのはその中の“LibreOffice-Draw”。

個人的にはそのLibreOfficeポータブル版の使用がおススメ。違いはSDカードなどにインストールでき、プログラム独立で使えちゃうバージョン。

ポータブル版の違い…通常版のC\:Program Filesようにインストール先を指定しないのでフォルダ丸ごとコピーするだけで別環境作成可→SDカードにコピーして起動=持ち運び環境完成。
LibreOfficeダウンロード先
通常版LibreOfficeダウンロード先。
ポータブル版LibreOfficeポータブル版ダウンロード先。

無料の2次元ドローwebサイト「Google図形描画」

「Google図形描画」も2次元ドロー系

これも2次元のドロー系ソフトウェア。それをサイト上で行う無料webアプリ。

直線・四角形・多角形を描き図形一つ一つを部品として扱う概念は上記LibreOfficeと同じで、グループ化、回転、最前面・最背面への表示選択は右クリックから。

こーいう高機能なのはPCへ個別にインストールするものの方が便利と思ってましたが、最近はwebアプリの方が…と判断する方も。なのでこちらも紹介。

使用するにはGoogleアカウント要。取得方法は電話番号登録→SMSで本人確認。

保存は上記googleアカウント取得時に与えられる15GBのgoogleドライブ上。

ファイル-ダウンロード-ODPドキュメント(.odp)でgoogleドライブに保存されます。PC内に持ち込む場合は画像としてファイル-ダウンロード-(各種フォーマット)。.pdfや.svgも可能。

google図形描画の優れた点

ドロー系webアプリは他にもあるが、このgoogle図形描画のいい所は“不要な操作ボタンを隠してくれる点”。

CADがとっつきにくい理由は大量に並んだコントロールを覚えられず戸惑うこと。

“部品をクリックして選択”するまではフォント選択、書式選択、線の太さなどは不要なコントロール。このgoogle図形描画の場合、通常は隠し、選択した瞬間に出現する仕様。

そういう仕様にしてあると、選択した図形に対し“できることできないこと”がすぐ分かるので特に初心者にはわかりやすく。

無料の3D立体図面作成サイト・ソフト「SketchUp」

3次元空間に構造物を作る立体図形描画

3次元空間に物体を描いていくCADソフト。供給元に変遷がありGoogleが供給してた時代も。現在はTrimbleて会社。

SketchUpSUmakeなど色々な呼ばれ方をするのでややこしい。一時期製品名が変更になったので。

自作スピーカクランプ|角パイプで作るプレス治具作成計画
SketchUpで描いた3次元設計図面

西洋人の発想で作られたCADソフトなので日本人は混乱することも多いですが、感覚が掴めると非常に楽で簡単に立体図が描けます。

SketchUp~サイト上で作成するWebアプリとダウンロード先

現在はこの立体図形の作成をサイト上で行える恐ろしい時代に。しかも無料。なので最新版はURL。

従来形式であるスタンドアローンのソフトウェアは過去のバージョンが無料配布されています。供給元の変遷が激しいので、過去バージョンは確保してしまうことをおススメ。

爺はSketchUp 7.1をメインに使用。動作環境は「Windows 7、Vista、XP、Mac OS X」となっていますが、Windows 10で使用しています。

現在だと無料版はSketchUp 8しかないのかな。

SketchUpWebアプリとダウンロード先
通常版サイト上で立体図形を作成できるTrimbleのSketchUp
現在はブラウザ上、つまりサイト上で使用するのがデフォルト。

ライセンスが分からない場合はこちら。「個人プロジェクト向け」タブを選択すると無料で使用できます。

過去のバージョンSketchUpの古いバージョンダウンロード先

(追記)
独特な操作で最初はとっつきにくいSketchUp。最初に知るべきコツや注意点をまとめました。

動画~SketchUpの作画の様子

こちらが操作している様子。

5分ちょっとの動画。時間内に収めようと何度も練習しました。

仮想空間内ですが、大切なものを好きなだけ作れるのはデジタルならでは。

ここでは操作について深く言及しませんが、触ったことある方なら伝わるであろうアドバイス。

「思い通り回転させるには、遠くを掴んで大きく回す。」

ドローソフトと3次元CADソフト。必要十分なこの二つがフリーウェアとして公開されています。

とっつきにくいかも知れませんが、入手して触ってみてはいかがでしょうか。DIYへと広がる世界が見えるかも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました