液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

ポク太郎です。

およそ8年前、2012年頃に購入した三菱製液晶モニターRDT272WLM-Aの電源が入らなくなりました。

まぁ電源スイッチが効かなくなったのは購入直後ですが、先日、”電源スイッチを押さないと電源入らない設定”にしてしまい再投入不可能に。

仕方ないので分解し故障の原因を調べました。



直ったー液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

ご注意
本記事の内容は絶対に真似をしないようお願いします。内部にはインバータの高電圧もあり非常に危険です。また下記の盲点も存在します。何があっても筆者は一切の責任を負いません。

自己責任了解とタカをくくってる方も以下をしっかり認識した上で思い留まって下さい。

万が一本件の故障部位以外の欠陥部が存在し、それが原因で火事などの重大な被害が発生した場合でも、消費者が製品内部を開いた時点で製造者の責任範囲から外れてしまいます。

1. 液晶ディスプレイの電源入らない

この時期の三菱製のモニタは、画面の底辺から上方向へ押すタイプのスイッチインターフェイス。スイッチはMENUINPUT/EXIT電源の5つ。

価格.comなどの口コミを見るに、この時期の三菱製品で頻発してるとの情報。うちも購入直後に電源スイッチが効かなくなりました。

対処方法は、MENUスイッチから入る設定のECO PROF.3.電源自動オフを「しない」に設定。

正しい設定は「しない」-液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

これはパソコンの電源を切ったりスリープに入った場合に、モニタの電源を切るかどうかを設定するもの。

する」に設定した場合、次回モニタを見る際「電源スイッチを押す」ことで電源を再投入します。

今その”電源スイッチ”が壊れてる状態なので、設定を「する」にしてしまうと二度と電源投入できない事態に。

ジジイボク太郎、それをやらかしてしまいました。仕方ないので内部を開き電源スイッチを直します。

2. 老体にムチ打ち製品を分解

やはり液晶モニター、すっきりした構成になっております。背面にすべてのネジが配置され、モニタ外周は樹脂の爪でパチンとはめ込んだもの。

ネジは背面だけ

薄い構造なのですべてのネジが背面に。中央とモニタ底辺部に集中しています。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

周囲は樹脂ツメはめ込みだけ

プラスチックはブニョンと弾性があるのでそれを利用してツメをはめ込み固定するタイプ。モニタ周囲はすべてそのツメで固定されています。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

ツメを外す場合は太いマイナスドライバと細いマイナスドライバ。

まずツメの遠くから細いの突っ込んで、次に太いの突っ込んで…と次第にツメに近寄るように迫っていき、付近でドライバを少し回転させると外せます。

広がらないよう(ツメがより引っ掛からないよう)、指で挟み浮かすようにするのがコツ。

樹脂のツメ外し方-液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

モニタ周囲ぐるっと全部ツメ。このモニタの場合、画面の底辺から外してくのがベターの模様。

また、底辺角の部分は下のようにモニタの縦方向にドライバを突っ込むとサイドの辺が少し開きました。そこからはまた同様に細いの→太いの順番に。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

無理してバキッといかないよう慎重に外し背面の蓋を取り除きます。

3. 電源入らない原因はスイッチ素子の故障

中央部モニタ底辺付近に問題のスイッチ基板。それに被さるように板金が二つ。スタンド固定用の金具とその支えとなる板金。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

各4本づつネジ止めされております。それを外すとやっと問題のスイッチ基板以降”スイッチ基板“と表記します。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

押し棒が長いロングタイプのタクトスイッチ。ちょっと変わってるのは垂直に押されなくてもオンオフできるタイプ。多少斜めに押してもOKなもの。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

が、故障部位はこのタクトスイッチ。テスターでチェックしたところオン状態にできません。これが電源入らない原因。

(予想)こんな変わったタクトスイッチを使った理由。スイッチを製品底部に設置した場合によくある問題。不思議なことに人間が見えないものを操作するとかなり傾いた操作を行います。これは人間の特性。で、「スイッチが効かない」「壊れる」のクレーム、「何かの原因調べるとスイッチ押せてないのが原因」等多数。それを考慮した結果と思われます。なので分からんでもなし。が、そもそも正面にスイッチがあると何か問題でもあるのでしょうか。必ずこういうことを言う人間がいます→「スイッチが見えないデザインにしろ。」意味不明であります。

4. 変な構造故に直す方法が面倒

こんな変なスイッチを入手してもどうせすぐ壊れます。十分に信頼性のあるタクトスイッチがベスト。

オフ時抵抗∞、オン時抵抗0Ωのオンオフスイッチ。ライトアングルがなかったので使うのはストレート。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

ただし、タクトスイッチのストロークはせいぜい0.5㎜程度。モニタ内部に隠れてしまい指も入りません。

スイッチ基板の配置は変えられないので「長い棒を介して下から上へ押す構成」である必要が。でも押そうとする度に棒切れを探すのも面倒です。

そこで皿ネジ。ちょうどスイッチの棒を通す穴は、M4のネジが通り頭の部分が引っかかる太さでした。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

写真内にあるつま楊枝+テープはボツ。頭デカすぎて下記のギャップに入りませんでした。

樹脂からタクトスイッチまでのギャップもちょうど皿ネジの頭+2㎜程度。なので誤って皿ネジが製品内に転がり込むこともありません。

「これに決めた!」

5. 改造スイッチ部の詳細

変更するタクトスイッチの詳細。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

タクトスイッチをユニバーサル基板に半田付けし固定します。写真のように3×4マスにカットしヤスリがけ。スイッチ基板と同じ位置に置けるよう微調整。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

左がタクトスイッチを付けたユニバーサル基板、右が製品のスイッチ基板電源スイッチ部。上が上から見た図、下が横か見た図。

一応押される方向に力が掛かっても耐える構造が必要です。

なので端子板のピンで柱。ただし、端子AとBがショートしないように直角に曲げ端子Aから遠ざけます。また、片方はピッチを合わせるため階段状に。

下が合体させたときの図。ポイントはスイッチ基板に建てた柱とユニバーサル基板のタクトスイッチ側で半田付け。(ユニバーサル基板裏でなく)

理由は、ボタン(黒い部分)の下~樹脂の穴の間には余裕アリで皿ネジの頭が入らないといけないから。要はユニバーサル基板の位置を上寄りに。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

ユニバーサル基板背面に見える横棒は無視。補強のつもりだったが全く役に立ってないので。そろそろボケが始まったようです。

分かりにくいので先に完成時の写真。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

6. では改造作業

実際の改造作業です。
●壊れてしまったスイッチの除去
●それが半田付けされてたスルーホールの復旧
●細かい部品を形成する際のコツ

DIP部品外し方

スイッチ基板には壊れてしまったスイッチがぶっ刺されて半田付けされています。それを除去します。

細い棒を基板とスイッチ間に差し込み半田面の該当部位を溶かします。ピンセットが便利。溶かしながらピンセットをグリグリ差し込んでいくと外れます。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

半田吸い取り線でスルーホール復旧

基板の表と裏を導通アリで繋がる穴がスルーホール。現状半田で穴が埋まっています。それを除去するのが半田吸い取り線。

銅線が網のように編まれており、該当部位に吸い取り線を当て上から半田ごてで熱すると毛細管現象で半田が吸い上がってきます。それを使いスルーホールを元通りに。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

細かい部品の作業台はニッパー

1㎝角に満たないスイッチなので動き回って作業がしづらいです。なので、ニッパーを作業台に。ニッパー刃の裏に空洞があるのでそこで挟んで固定します。

細かい部品作成のコツ-液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

7. 液晶モニタ修復完了

上で載せた画像ですが、これが完成状態。

液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

モニタを組み立てる前にテスターでチェックしておきます。

問題なければ組み立てて電源投入。電源のLEDが点灯しました!

直ったー液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

一応直りました。

が、これはスイッチそのものの問題。仮に同一のスイッチに入れ替えたとしてもまた同様に壊れる可能性大。なのでスイッチ自体を使わないのが得策。

最初に載せた画像ですが、電源スイッチを触らなくてよい設定はこれ。「しない」が正解。

正しい設定は「しない」-液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

諸悪の根源はコイツです。

諸悪の根源-液晶モニター三菱RDT272WLM-A|電源入らない原因の究明とスイッチ変更改造で修復

コメント

タイトルとURLをコピーしました