win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

ポク太郎です。

Windows10の大型アップデートのタイミングでHDDがクラッシュしてしまいました。

自分に言い聞かせるためにいつも書いてること。

頻度の激しいWindows更新Chrome、Firefoxブラウザのアップデート時に、
他を要因とするトラブルが露呈し原因を見誤ること多し。

今回も見誤り大被害。ブログの更新が滞ってるのはそのせいということに。

という訳で、Win更新直後の確認用にHDD100%症状に関わると思われる項目を列挙しました。


《まず確認!》Windows更新→HDDのエラーチェック

高頻度で繰り返されるオンラインアップデートにより、ついつい更新のあったモノ、つまりマイクロソフトやブラウザを疑いますが、同時に疑わないといけない問題が以下。

  1. パソコン内部のメモリモジュール接触不良
  2. PC起動、システム終了遅すぎパソコン電源入らない原因にも。まず抜き差し確認。

  3. ハードディスクの破損

今回、発見が遅れた後者HDD破損について。パソコンの反応が遅いHDD100%張り付き問題が発生した場合には、最初に確認すべきこととして以下に確認方法。

大被害に繋がる事柄だし即確認できるし、Windows更新時には毎回チェックしてもいい位。

0. 不良クラスタ発生によるハードディスクアクセスエラー確認方法

コンピュータの管理を開き、

ハードディスクアクセスエラー確認方法
左枠内のイベントビューアーWindowsログシステム選択。
真ん中枠内の、

表題「レベル」をクリックし、赤い「エラー」が出てないかを探して確認。
コンピュータの管理を開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-「管理」選択。
方法2】画面左下マーク右クリック-上から8番目位「コンピュータの管理」選択。
win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

上記画像には「デバイス\Device\Harddisk2\DR2に不良ブロックがあります。」と表示されています。

ハードディスクがいかれた”てことなので、早急にデータの移動を行います。これが真っ先に確認すべきこと。

HDD100%張付に繋がる機能チェックリスト

HDD100%”がWindows10のキーワードになった後、タスクマネージャではHDD50%と表示するように。数値が微動だにしないんだからどちらもHDD100%

大型のWindows更新の際にその原因ともなる機能の設定をリセットし、ゴリ押し復活させてきます。以下はHDD100%張り付き問題に関係しそうな機能の停止方法。

1.ウィンドウズ10監視機能の停止方法

前のHDD100% 次のHDD100% 戻る
これはマイクロソフトがユーザの利用状況を収集するためのもの。名称は「Windowsによるユーザの利用状況収集プログラム」らしい。

HDD100%張付症状の要因ともなりユーザーが自分のPCを使えない状態に陥る場合も。利用状況調べるために利用できない状態にしてどうすんだ?

win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法はコンピュータの管理を開き、

Windowsによるユーザの利用状況収集プログラム停止方法
タスクスケジューラタスクスケジューラライブラリMicrosoftWindowsApplication Experience選択。
真ん中窓内の、

Microsoft Compatibility Appraiserを右クリック→「終了」、再度右クリック→「無効」。

念のため、その後再起動。

コンピュータの管理を開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-「管理」選択。
方法2】画面左下マーク右クリック-上から8番目位「コンピュータの管理」選択。

2.SysMain-SuperFetch機能の停止方法

これはアプリケーションの起動を高速にするためのもの。が、特に速さを感じないし、そんなことよりマイクロソフトにHDDを触って欲しくないのでうちでは無効設定。
win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御
win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法は同様に、コンピュータの管理を開き、

SysMain停止方法
サービスとアプリケーションサービス選択。
真ん中枠内の、

SysMainをダブルクリック-「停止」ボタン押した上、「スタートアップの種類:」のプルダウンメニューを「無効」に設定。

3.Windows Searchの停止

これはメールやテキスト文書も含むHDD内部情報にインデックスを付け、ファイル検索を高速にするもの。

どの道遅いし、そのために常にHDDガリガリなら投資対効果が最低パフォーマンス。なのでうちでは無効設定。

情報の管理元はあくまで自分。しっかりカテゴリ設定して探しやすいファイル構成を構築すべき。自分のPC内を他人が探すなんて更に低頻度→それこそ劣悪パフォーマンス。

win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法は前項と同様に、コンピュータの管理を開き、

Windows Search停止方法
サービスとアプリケーションサービス選択。
真ん中枠内の、

Windows Searchをダブルクリック-「停止」ボタン押した上、「スタートアップの種類:」のプルダウンメニューを「無効」に設定。

4.Windowsストアの更新停止

これはマイクロソフト製のアプリケーションを常に最新に保つための機能。それより他のアプリの宣伝機能て言う方が合ってるかも。

自分はマイクロソフトの製品なんてOS以外絶対使わないので全部オフ。

Windowsストアを使ってる場合は停止してはいけません。

停止する方法は、

Windowsストア更新停止方法
画面左下マーク左クリック-上から3番目すべてのアプリMicrosoft Store選択。
アプリ内の、

右上「」内の「設定」→「アプリを自動的に更新」をオフに。その他もすべてオフ。

5.HDDコントローラのMSIモード停止方法

何やらファームウェアに不具合がありMSI(Message Signaled Interrupt)モード有効時、SSDの読み書きに異常をきたすとか。SSDはHDDと同タイミングでアクセスするので念のため。

解決手段はそのMSIモードの無効化。手順が煩雑なのでまず作業全体の流れを下で確認後、下のリンクMiniToolのページへ。

うちで効果があったHDD100%張付症状の解決策
1デバイスマネージャーで標準SATA AHCIコントローラーを探す。
ドライバにStorAHCI.sysが使われてるか確認。
・使われてない→要因はこれでない。
・使われてる→2へ。
2デバイスマネージャー上で「デバイスインスタンスパス」を調べる。凄く長い文字列。
PCI\VEN_8うにゃ&DEV_1C00&SUうにゃうにゃ58&REV_0ウニャウニャウニャ5&0&FA」みたいな。
3レジストリエディタで上記「デバイスインスタンスパス」を探し、MSISupportedキーの値を「0」に変更。
4デバイスマネージャー上に標準SATA AHCIコントローラーが複数表示されてる場合はその分だけ繰り返す。
デバイスマネージャーを開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-プロパティ-→開いた窓左「デバイスマネージャー」選択。
方法2】画面左下マークを右クリック-上から5番目位の「デバイスマネージャー」選択。

レジストリエディタを開く方法。
方法1】C:\Windows内の「regedit.exe」をダブルクリック
方法2】画面左下マークを右クリック-下から3番目位の「ファイル名を指定して実行」選択→「regedit」と打ち込み「OK」ボタン。

以下ページ内にHDD100%張付症状の要因&解決方法が10コ位記述されています。上記MSIモードの件は方法1。若干手間が掛かるので上記で全体の流れを把握してから。

MiniToolとはハードディスク関連、パーティション管理ソフトを販売するソフトメーカ。

6.その他P2P、IPv6、OneDrive停止など

前のHDD100% 次のHDD100% 戻る

HDD100%張付症状の原因は他にもあり他の解決法が必要な場合も。Peer2Peer機能の停止TCP/IPv6使用せずOneDriveを停止するなどはこちらも参考に。

PCdepotとはパソコン、スマホ、その他周辺機器を販売するメーカ。

Windows Update直後に確認するゴリ押し復活

既にノーを突き付けられた機能をWindows更新の際に復活させるマイクロソフトのゴリ押し。コルタナEdgeDefenderが代表例。

HDD100%症状に直結せずとも確認タイミングが同じなのでついでにチェックリスト。再度ノーを突き付ける無駄な労力削減のために。

ただし、マイクロソフト側もガードしてくるのでまともに元に戻せるのはIME位しか。

1. IME新バージョンのゴリ押し復活

前のゴリ押し 次のゴリ押し 戻る
IMEとはWindowsの入力システム。コルタナ同様、ビッグデータ取得に関わる機能なので大幅変更。

恐らくそれが原因で古いソフト「Office2000」のExelWord、「Photoshop5」以降、Windows10で使用できてたものが動かなく。IMEを以前のバージョンに戻すと正常動作。

IMEを以前のバージョンに戻す
タスクバー上のマーク右クリック-設定(歯車アイコン)
時刻と言語-左枠内「言語
→画面内に“優先する言語”とあるので「日本語」クリック→「オプション
→次の画面が開き画面内に「Microsoft IME」クリック→「オプション
→次の画面左枠内「全般」→画面内に“互換性”とあり「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオン。

2. Defenderのゴリ押し復活

セキュリティソフトをご自身でインストールしてない方はオフにしてはいけません。

Win10バージョン20H2では、別のセキュリティソフトがインストールされた場合には操作不要になりました。

また、コンピュータの管理内-サービスとアプリケーションサービス中“Defender”を冠するものは以下。

  1. Microsoft Defender Antivirus Network Inspection Service
  2. Microsoft Defender Antivirus Service
  3. Windows Defender Advanced Threat Protection Service
  4. Windows Defender Firewall停止できません

従来バージョンでの停止方法は、

3. ブラウザEdgeのゴリ押し復活

前のゴリ押し 次のゴリ押し 戻る
Edgeとはマイクロソフトが現在供給するブラウザ。

コルタナ同様、Edgeに関しては社運を賭けたゴリ押し中なので、対応しても次のWindows Updateで無効化されることがほとんど。

なので万全な対策がない模様。解説したページの通りやってみても削除できないとか。

(方法が見つかったらここで紹介します。)

困るのは勝手に動いて勝手に一時ファイルを溜め込むこと。なので、下のようなお掃除ソフトで定期的に掃除する位しか。

追記)
関連して、OS再インストール直後にしてしまいたい設定も別でまとめました。ロック画面出さないとか鬱陶しいタスクバーのプレビュー止めるとか便利だった昔のフォトに戻すとか。

中には将来ゴリ押しリセットしてくるものもあるかも。特にフォトとか。

怒り狂って書き殴ったここ二週間位悩まされた問題。Windows10の大型アップデートで誘発されたように見えますが、結局HDDの破損が原因でした。

何の問題もなく快適に使用してたPCがアップデート直後に延々とHDD100%

どうにもハードディスク内を覗けず、UbuntuのPCでサルベージ。Linuxを元とするUbuntuOSはNTFSディスクの読み書き可能なので。でも大事なファイル十数個消失…。ぬーん。

元々Windows使いではありませんがシェアに押されそのOSへ。嫌なら使わなけりゃいいんですがしばらくこの状況が続いています。

HDD破損の怒りをマイクロソフトにぶつけてますが、

所有者の許可なくHDD触んなよ!

Googleに対抗しようとするbing。他に比べクロールの頻度大で世のサーバに負荷かけまくりのマイクロソフト製検索エンジン。

押し返され気味とはいえ、“圧倒的シェアを持つWindowsのデフォルトエンジンであるbingのシェア”はわずか1%だそう。

人類史上そこまで明確に消費者にノーを突き付けられたサービスは存在するのでしょうか…。客のパソコンハード、ネット回線、電気代もすべて己の都合で勝手に使う姿勢が出てるのでは。

セキュリティ目的でなく己の都合で客の所有物に変更加えるのは器物破損だろう。勝手にWindows Update→勝手に何日も掛かる長時間計算を強制終了させて再起動するし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました