win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

ポク太郎です。

Windows10の大型アップデートのタイミングでHDDがクラッシュしてしまいました。

自分に言い聞かせるためにいつも書いてること。

頻度の激しいWindows更新Chrome、Firefoxブラウザのアップデート時に、
他を要因とするトラブルが露呈し原因を見誤ること多し。

今回も見誤り、大被害を被ってしまいました。

ブログの更新が滞ってるのはそのせいということにしておきます。

《まず確認!》Windows更新→HDDのエラーチェック

高頻度で繰り返されるオンラインアップデートにより、自分が原因をよく見誤る問題が以下。

今回、発見が遅れた後者HDD破損について。パソコンの反応が遅いHDD100%張り付き問題が発生した場合には、最初に確認すべきこととして以下に確認方法。

大被害に繋がる事柄だし即確認できるし、Windows更新時には毎回チェックしてもいい位。

不良クラスタ発生によるハードディスクアクセスエラー確認方法

コンピュータの管理を開き、

ハードディスクアクセスエラー確認方法
左枠内のイベントビューアーWindowsログシステム選択。
真ん中枠内の、

表題「レベル」をクリックし、赤い「エラー」が出てないかを探して確認。
コンピュータの管理を開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-「管理」選択。
方法2】画面左下マーク右クリック-上から8番目位「コンピュータの管理」選択。
win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

上記画像には「デバイス\Device\Harddisk2\DR2に不良ブロックがあります。」と表示されています。

“ハードディスクがいかれた”てことなので、早急にデータの移動を行います。これが真っ先に確認すべきこと。

HDD100%張付に繋がる機能チェックリスト

大型のWindows更新の際に最も困るのが設定のリセット。大抵の場合、既にノーを突き付けられてる機能をゴリ押し復活させてきます。コルタナEdgeDefenderが代表例。

以下はHDD100%張り付き問題に関係しそうな機能の停止方法。

1.ウィンドウズ10監視機能の停止方法

win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法はコンピュータの管理を開き、

Windowsによるユーザの利用状況収集プログラム停止方法
タスクスケジューラタスクスケジューラライブラリMicrosoftWindowsApplication Experience選択。
真ん中窓内の、

Microsoft Compatibility Appraiserを右クリック→「終了」、再度右クリック→「無効」。

念のため、その後再起動。

コンピュータの管理を開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-「管理」選択。
方法2】画面左下マーク右クリック-上から8番目位「コンピュータの管理」選択。

マイクロソフトがユーザの利用状況を収集するためのもの。名称は「Windowsによるユーザの利用状況収集プログラム」らしい。

HDD100%張付症状の要因ともなりユーザーが自分のPCを使えない状態に陥る場合も。利用状況調べるために利用できない状態にしてどうすんだ?

2.SysMain-SuperFetch機能の停止方法

win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御
win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法は同様に、コンピュータの管理を開き、

SysMain停止方法
サービスとアプリケーションサービス選択。
真ん中枠内の、

SysMainをダブルクリック-「停止」ボタン押した上、「スタートアップの種類:」のプルダウンメニューを「無効」に設定。

これはアプリケーションの起動を高速にするためのもの。

が、特に速さを感じないし、そんなことよりマイクロソフトにHDDを触って欲しくないのでうちでは無効設定。

3.Windows Searchの停止

win10重い遅い|大型update、再インストール直後に行うチェックリスト|HDD100%張付防御

停止する方法は同様に、コンピュータの管理を開き、

Windows Search停止方法
サービスとアプリケーションサービス選択。
真ん中枠内の、

Windows Searchをダブルクリック-「停止」ボタン押した上、「スタートアップの種類:」のプルダウンメニューを「無効」に設定。

これはメールやテキスト文書も含むHDD内部情報にインデックスを付け、ファイル検索を高速にするもの。

どの道遅いし、そのために常にHDDガリガリなら投資対効果が最低パフォーマンス。なのでうちでは無効設定。

情報の管理元はあくまで自分。しっかりカテゴリ設定して探しやすいファイル構成を構築すべき。他人が探すなんて更に低頻度→それこそ劣悪パフォーマンス。

4.Windowsストアの更新停止

Windowsストアを使ってる場合は停止してはいけません。

停止する方法は、

Windowsストア更新停止方法
画面左下マーク左クリック-上から3番目すべてのアプリMicrosoft Store選択。
アプリ内の、

右上「」内の「設定」→「アプリを自動的に更新」をオフに。その他もすべてオフ。

自分はマイクロソフトの製品なんてOS以外絶対使わないので全部オフ。

5.HDDコントローラのMSIモード停止方法

何やらファームウェアに不具合がありMSI(Message Signaled Interrupt)モード有効時、SSDの読み書きに異常をきたすとか。HDDと同タイミングでアクセスするSSDなので念のため。

解決手段はそのMSIモードの無効化。まず作業全体の流れを下で。詳細はその下のリンクMiniToolのページの【方法1】です。

うちで効果があったHDD100%張付症状の解決策
1デバイスマネージャーで標準SATA AHCIコントローラーを探す。
ドライバにStorAHCI.sysが使われてるか確認。
・使われてない→要因はこれでない。
・使われてる→2へ。
2デバイスマネージャー上で「デバイスインスタンスパス」を調べる。凄く長い文字列。
PCI\VEN_8うにゃ&DEV_1C00&SUうにゃうにゃ58&REV_0ウニャウニャウニャ5&0&FA」みたいな。
3レジストリエディタで上記「デバイスインスタンスパス」を探し、MSISupportedキーの値を「0」に変更。
4デバイスマネージャー上に標準SATA AHCIコントローラーが複数表示されてる場合はその分だけ繰り返す。
デバイスマネージャーを開く方法。
方法1】デスクトップ上の「PC」アイコン右クリック-プロパティ-→開いた窓左「デバイスマネージャー」選択。
方法2】画面左下マークを右クリック-上から5番目位の「デバイスマネージャー」選択。

レジストリエディタを開く方法。
方法1】C:\Windows内の「regedit.exe」をダブルクリック
方法2】画面左下マークを右クリック-下から3番目位の「ファイル名を指定して実行」選択→「regedit」と打ち込み「OK」ボタン。

こちらがハードディスク関連の管理ソフトを販売するMiniToolのページ。

ページ内に要因&解決方法が10コ位記述されています。話題にしてるのは方法1。若干手間が掛かる手順なので上で作業全体の流れを把握してから。

6.HDD節約-swapfile.sysの削除方法

HDD100%張り付き症状とは直接関係しませんが、膨大な容量のswapfile.sysファイルの削除方法。

こちらのページを参考にどうぞ。

7.その他P2P、IPv6、OneDrive停止など

HDD100%張付症状の原因は他にもあり他の解決法が必要な場合も。Peer2Peer機能の停止TCP/IPv6使用せずOneDriveを停止するなどはこちらのページも参考に。

PCdepotとはパソコン、スマホ、その他周辺機器を販売するメーカ。

ここ二週間くらい悩まされた問題。怒り狂って書き殴った本投稿。

Windows10の大型アップデートで誘発されたようにも見えますが、結局HDDの破損が原因でした。

PCにHDDを繋ぐと延々とHDD100%

どうにもデバイス内を覗けず、使用したのはUbuntuPC。UbuntuはNTFSディスクのアクセスも可能なのでそちらでサルベージ。

でも大事なファイル十数個消失してしまいました…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました