自作TV下スピーカー完成

ポク太郎です。

高齢者お得意のスピーカ作るよ作るよ詐欺。

何とか完成させ詐欺行為は免れました。爺ポク太郎、有言実行いたしました。


最後にスピーカとアンプ回路へ配線を半田付け

前回までにニス塗りの塗装は完了してるので残るは電気配線。あらかじめ埋め込んである配線をスピーカユニットとアンプ回路に半田付け。

自作TV下スピーカー完成|ユニットとアンプ回路の半田付け

ベニヤ板で作ったアンプ回路の箱。あるのは電源スイッチ、ボリューム抵抗、AUDIOジャックのコネクタ。バックロードホーンの開口部である背面内側に設置し見えないようにクソ隠し。

自作TV下スピーカー完成

バッフルにはM4ナットが埋め込まれており、M4の六角頭でスピーカユニットを固定しました。

CDラック付き自作TV下スピーカー完成

ちょっと凹み過ぎですが。

テレビ下CDラック付きバックロードホーン完成

設計図面はこうで、

CADソフトSketchUpの実例|テレビ下スピーカの3次元設計動画

完成がこう。

CDラック付き自作TV下スピーカー完成

自作スピーカ一番の問題=音質は?

まず最初に気付くのは「ユニット凹ませ過ぎた。」

CDラック部の奥行に合わせ設定したので、空気室デカすぎ→小さくしようとバッフルを凹ませ過ぎました。その距離5.8㎝

中に納まるフロントホーン要るレベルで共鳴しています。安易に逃げて失敗しました。

で、問題の低音。

一応バックロードホーンではあるものの、ズッシリ感はさすがに薄い。音道長は256㎝稼いだけどホーンの本数が3本と少ないのが原因か。さすがに厳しい。

ユニット二つ分を合体させてこの体積なのでやっぱりズッシリは難しいかな。

“度肝抜かれるバックロードホーンの音”て感じにするには片chでこの位の体積がやはり必要。

自作バックロードホーンスピーカ~墓石型トゥームストーン

一応完成までこぎ着けましたが、安易に逃げすぎてあまり価値の無いモノに。

自前の“スピーカ製作極意書”に「ブログネタ目的でなくちゃんと集中すること」と書き加えておきました。

気に入らないモノ作ると結局ゴミ作ってただけになるのでね。DIYの要注意ポイントです。

自作バックロードホーンスピーカ製作風景
構想3次元
設計
板取
設計
仮組
組立
接着
傷埋め
との粉
塗装
ニス塗り
完成
失敗作?

コメント

タイトルとURLをコピーしました