ヤスリ台自作が夏休みの工作案にはベスト|4㎜ベニヤでホルダー機構作成

ポク太郎です。

高度に発達した現在の産業社会の常識。

自作するより大量生産品買う方が安い。

つまり、自作大好きDIY人間はただのバカ←一切反論できません。

でも、子供の教育となれば話が違ってきます。

夏休みの工作何しよう?と悩むお子様方に、簡単に作れて既製品より優れ勉強にもなり重大な危険を伴わず作れるアイデアを提供します。


どこでも売ってるヤスリホルダー

サンドペーパーを使う場面での困りごとは“自分の手の形状により均等なヤスリ掛けができない”。特に広い平面を綺麗にしたい場合によく遭遇します。

大人なら電動サンダー。

でも子供には贅沢品。大切なお子様を立派に育て上げるには“痛み無くして成長なし”を徹底する必要があります。

そこで売られてるのがヤスリ台。金属製の物や、握れる形状にした段ボールやスポンジにサンドペーパーを貼り付けたものが一般的。

価格を見てもらえば一目瞭然。いくら自分で作れるこんな簡単な構造のものとはいえ、ホームセンターで材料を揃えシコシコやるのは割に合わずと即断できる低価格。

でも、それを子供に作らせるから勉強になり将来の糧に。おまけに悩ましい夏休みの工作、自由研究も1年分クリアできてしまいます。

下は夏休みの工作・自由研究ネタを探しに来た方向けリンク。本投稿内容とは無関係。

夏休みの工作自由研究向けの簡単ネタ
木工・工作簡単DIY家具|漫画単行本304冊コンパクト収納|CD・DVD・ゲームソフトも
おもちゃ改良PS3無線パッド|押してないボタンが反応するのでムカついて原因究明と改造
プログラムJSクイズ|JavaScriptでクイズ作る場合に要する機能・条件をまとめた目次ページ
父兄のPC復活安い適当なSSDに換装して昔の古いXPパソコンを有効活用
アニメ作成背景が透明な透過GIFアニメを作成する簡単サイト|フリーソフト不要
似顔絵研究ダイハード|ジョン・マクレーン:俳優ブルース・ウィリス

自作ヤスリ台の構造と材料

これが今回作った自作のヤスリ台

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成

これが自作ヤスリ台の構造

構造説明のため、ヤスリホルダー部を外した図。上から見た図とヤスリ面から見た図。

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成
上から見た図とヤスリホルダー構造

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成
ヤスリ面の状態

ヤスリ台に六角頭のボルトを埋め込み、4㎜ベニヤで作ったヤスリホルダーと蝶ナットで連結しサンドペーパーの端を抑え付け固定する構造になっています。

自作ヤスリ台の必要材料

自作のヤスリ台作成のための材料
1ヤスリ台部12㎜厚ベニヤ85220mm
ホルダー固定ボルトM6六角頭ボルト35mmを2本
持ち手固定ネジ木ネジ50mmを4本
2ヤスリホルダー部4㎜ベニヤ8035mmを2枚
ヤスリホルダー部
サンドペーパー抑え
4㎜ベニヤ805mmを2枚
ヤスリホルダー部
抑え部と高さ合わ材
4㎜ベニヤ8010mmを2枚
ヤスリホルダー部
固定用ナット
M6蝶ナットを2個
ヤスリホルダー部
ワッシャー
M6用ワッシャーを2個
3持ち手部30㎜角材130mm
持ち手部足30㎜角材30mmを2個

ホムセンで調達必要な部材と工具

ホムセン向け買い物リストは、

自作のヤスリ台作成のための買い出しリスト
112厚ベニヤ200300mm
(できるだけ反らない板材)
1枚
24㎜厚ベニヤ200300mm1枚
330mm角材250mm1本
4M6六角頭ボルト35mm2本
5M6蝶ナット2個
6M6用ワッシャー2個
7木ネジ50mm
(商品名はコーススレッド
4本
8実使用時に必要になるサンドペーパー
(一番一般的な紙製で十分)
適宜

値段にすると…、都合のよい少量売りゲットできれば600~700円位かぁ?

使用する工具は以下。電動ドリルの敷居が少し高いが、それとそれ用の歯はやっぱり欲しいかな。キリ+彫刻刀でも頑張れるが、無い方は手動の安いドリルでも。

自作のヤスリ台作成に必要な工具
1ノコギリ
板材各種切り出しに使用。
2電動ドリル
ボルト・木ネジ用穴空け、六角頭埋込穴作成に使用。
3電動ドリルの歯Φ9.0、Φ6.5、Φ4.5など
ボルト・木ネジ用穴空け、六角頭埋込穴作成に使用。
4木ネジ用の+ドライバー
木ネジをねじ込むために使用。
5金属製ヤスリ棒
持ち手を力の入る形状にするために使用。
6木工用ボンド
ホルダー部、持ち手の足接着のために使用。
電源無い屋外で使わないなら電動ドライバーはAC電源タイプ一択!

自作ヤスリ台寸法図面と作り方

ここから実際の作成方法。

自作ヤスリ台寸法図面

各寸法は以下。

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成|寸法・設計図面・作り方

ヤスリホルダーと持ち手の加工法も図面中に。木工用ボンドノコギリで形状を成形します。

コーススレッドこと木ネジの正しい打ち込み方

この道具はこれでほぼ完成する単純なモノ。なので先に持ち手をヤスリ台に固定してしまいます。固定方法はコーススレッドの名で販売される木ネジ。

位置決めが不安定でやりにくい場合は一旦両面テープで固定した上で下穴開けに入ると簡単です。

ねじ込みの注意点が以下。太さたかが数㎜と軽んじてしまいますが、こんなモンねじ込まれれば木材破壊に至るストレス→バキッといった瞬間に強度0。

なので、転ばぬ先に下穴を空けネジ体積より少し小さい空洞を作ります。これはコーススレッドを使う上での常識。

初心者DIYの常識|コーススレッド木ネジ打つ場合はちょうどいい径で下穴必要
大工さんが下穴無しでバリバリ打ち込んでたとすれば、それは木材の硬度を勘案した上で行っていることです。

見た目でぱっと選ぶこーいうときに便利なのが安モンドリルセット。やたら安いし。

六角頭ボルトの木材への埋込方法

次の加工は六角頭ボルトの埋め込み。M6六角頭の内径がおおよそ10㎜なので少し小径のΦ9.0㎜ドリルを以下のように利用します。

木材へのナット埋め込み方法
  1. 12㎜厚べニヤ表面から六角頭高さまでΦ9.0㎜の穴を掘る。
  2. 目的の六角頭ボルトを差し込み、反対側に捨て板を挟んだ上蝶ナットで締め上げ。
  3. 回転しないようペンチで六角頭掴みながら蝶ナット締め上げ→六角頭がめり込んでいく。
  4. ボルト頭が完全にヤスリ面より凹んだら完了。

力任せに六角頭をベニヤにめり込ませ固定するのが趣旨なのでかなりのパワーを要します。

そこで準備するのが捨て板に切れ込みを入れただけの蝶ナットレンチ。使い回し画像で分かりにくいですが写真下方の。
自作クランプ用治具
このベニヤ板レンチ利用してグリグリめり込ませていけば十分な強度で固定されます。

硬い木材ほど必要パワー大→あまりに無理そうならΦ9.0㎜とした所をΦ9.5㎜で掘り直します。

残りは力の入れやすい持ち手の形状成形ですが、理由も挙げながら説明するので次項で。

自作ヤスリ台の優れた点と勉強となるポイント

今回の自作のヤスリ台のポイントは、

  • 一番力の入れやすい形状。
  • ヤスリに掛かる力が逃げない構造。

一番力が出る方法を知れ

大工さんは力持ちですが、それはいつも力仕事してるから。だからといって、人間業とは思えないスーパーパワーを放てる訳ではありません。

力を出せるのは、力持ちだからでなく、“力の掛かり方を常に意識”してるから。

木を組み合わせる場合、ボンドで対処する素人に対し大工さんはホゾを掘って木を組み合わせます。木材の強い使い方に着目してるからです。ネジ打ち込む木目の方向や組み合わせ方向まで。

ここで木材でなく人間の手の骨格の話。

一番破壊力があるのはパンチでなく掌底。グリーンベレーが使う奴。

掌は無数の骨が筋肉で連結されたもの。そんなグゥナグゥナなものより、腕の骨と直結する掌中央少し下の凹んだ場所。そこで押し込むのが一番力の逃げない方法です。

グゥナグゥナとは…大工用語。ガチッと固定されておらずグニグニ動く様子を表す。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南米どこの言語圏でも定義されない発声音。バカにしたようにへの字口で発声する“グ”と“ゥ”の中間音。ポク太郎家の祖父などは“グゥナんグゥナん”。大工の家系です。バカにした感じで発声するのは大工にとって最も恥ずかしい状態だからと思われます。
フゥナフゥナと表現する地域も。こちらも世界中どこの言語圏にも存在しない音。の混合音。
内包される意味が明らかに“グニャグニャ”“フニャフニャ”とは異なる言葉です。

上で貼った市販のヤスリホルダーのコメント欄には“握りやすい”などの感想。でも、握る必要はどこにもなく、そんなことに意識を配らないといけないのは力の入れにくいもの。

握るではなく掌底で押す

痛み回避する必要も無く、何かを支える必要も無く、方向調整の必要も無く、他に気を配る必要の無い形状が一番力の入る方法=疲れない方法。ついでに“ツボ押ししてくれる”と尚よろし。

なので、持ち手部分は角を残してるにも拘わらず丸い状態にしています。角が掌底部分にすっぽり入るので動かそうとする方向からずれません。

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成

その形状にするためには結構削り取らないといけないので、ノコギリ、あるならカンナで粗削り→金属ヤスリ棒サンドペーパーで丸く仕上げていきます。

また、持ち手部分がグゥナんグゥナんだと力が逃げることに。持ち手結合に50㎜の木ネジをネジ込みガチガチに連結したのはそのため。

握り締めながら押し当てながら前後運動」でなく、「掌底押し込みに集中&持ち手部分つまんで元の位置に戻す」←これが一番効果の高いヤスリ運動。

力の方向を意識せよ

一応前項で持ち手の形状を成形し終われば完成。

ここではサンドペーパーの固定の話。

ヤスリホルダー部をM6六角頭ボルト蝶ナットで締め上げて固定、ヤスリホルダー部に貼り付けた5㎜幅の細長い4㎜厚ベニヤで横幅一杯にサンドペーパーを抑え付けます。

ヤスリ台自作なんて面倒だが夏休みの工作にベスト|ベニヤでホルダー機構作成

反対側10㎜の理由は、蝶ナットによりヤスリ台に平面で押し付けられ、更に5㎜側に力が加わるようにするためです。

5㎜幅の抑え側と10㎜幅の反対側の高さに差を付けヤスリホルダー部を傾けることで、ベニヤ板エッジでサンドペーパーを抑えるタイプも試しましたが、ここで行ったように5㎜幅の平面で抑える方が強力でした。“大面積による摩擦力”の方が強力なようです。

ヤスリ動作は長手方向。なので固定しないといけないのは長手方向。だからセッティングの際、サンドペーパーに目印となる折り目を付け、余長無くセットする必要があります。

狭い領域に使えないシロモノは不便なので、ヤスリ台の大きさは一辺を小さく85220㎜としました。

サンドペーパー抑えを全幅としたのは短手方向へのヤスリ運動も想定したから。

背が高く倒れてしまうので、持ち手下に手を突っ込んでヤスリ台を掴む必要がありますが、上記固定はそれにも耐えられます。余長無しなら。

でも、その使い方はあまり便利に非ず。広い面積をヤスりたいなら、斜めった状態で掌底をセットしずらす方が便利。

ヤスリ台に反発力が欲しい場合は

ここでは対処していませんが、ヤスリ台自身にスポンジを貼り、反発力を付ける方法も。

その場合は、玄関マットなどが動かないように滑り止めとして敷く網目状のスポンジが使えます。ホムセンだけでなく100均にも売ってそうな。

網目はスカスカですが、両面テープでヤスリ面に貼り付けても問題ないと思われます。

いっちょ前の顔してお子様の教育行動に走るポク太郎。

でも、本投稿で“子供には贅沢品”と言及した電動サンダー

その電動サンダー自体が子供の小遣いレベルの値段なんだよな。

やっすい中国人労働者のせいで日本の教育にも悪影響が出ております。安すぎも考えもんですわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました