ベター・コール・ソウル解説シーズン3|ガス・マイクが繋がる理由とジミー弁護士資格剥奪逃れた方法

ポク太郎です。

引き続き『ベター・コール・ソウル/Better Call Saul』解説シーズン3。振り返り用の短文あらすじ

登場人物相関関係、トラブルのきっかけや理由、変遷、結末を、なるべく視聴済の方だけが分かるような文章でまとめてあります。

シーズン3までのネタバレを含みます。


ベター・コール・ソウルのストーリー内容とキャスト

各シーズン話数や配信状況、その他キャスト情報はこちら。

チャックの録音テープ目論見・策 シーズン3

裁判で“証拠”採用されないチャック録音テープ。チャックの目論見は、

○秘書エルネストに聞かせれば、ジミーに連絡する筈。
ジミーが切れて押しかけてくる筈。
→探偵に24時間待機させ現場見せれば証人完成。

ジミーは策に掛かり、探偵とハワードに現場見られ証人完成。逮捕され保釈金0.25万ドル、チャックの申し出は「起訴前ダイバージョン」。

起訴前ダイバージョン」とは
1年間、
○既定の曜日に地方検事局担当官と面会
○社会奉仕活動
○法を破る者との接触禁止
破る、逮捕の場合、今回の罪も加え起訴。
○弁護士の場合、所属のニューメキシコ法曹協会に自供書提出。

ジミーの場合、「自供書提出」が条件に。
⇒つまり、刑務所送りでなく○○○資格○○がチャックの狙い。

ジミーが公聴会を回避した方法 シーズン3

味方がキムだけのジミーの状況。
①罪認める=資格○○。
②罪認めず裁判→勝てる訳ないし、負ければ=資格○○&服役。

①選択。これはチャックの申し出起訴前ダイバージョン。検事補に自供書提出賠償金323ドル98セント

処分を決める公聴会で行ったジミーの対抗策。

チャック精神異常の証明。マイクに依頼した屋内盗撮写真貸返マイク
●スリ名人ヒューエル使い、証人チャックの胸ポケットにバッテリー。
※“肉体的”でなく“精神的”証明し、精神疾患=証人としての信用度落とす。
●電磁波過敏症隠したまま喧嘩別れした元妻レベッカ招致。
※精神的に追い込む挑発。

策にハマったチャックの発言。
「9歳の頃から○○から○くすねてた奴が○○○だと?あなた方の力で○○すべき。」
⇒録音やこの騒動=「弟ジミーへの個人的感情を源とした○○○資格○○目的」と証明してしまう。

キム最終弁論「証拠隠滅計ったのでなく、尽くしたからの仕打ちに対し怒りに任せ動いてしまっただけ。」
→処分は“1年間の業務停止”のみ。

予想)この公聴会は「録音テープ破壊」が焦点。録音された“ジミーの自白「チャック宅の資料偽造」”に関しては、キナ臭くとも兄心配しての適当発言、または証拠なしの別事案てことになるのかな。
となると、どうでもいい録音テープの隠滅理由にこだわり、大局見れない“懲罰委員会”てことに。切り口無いと打つ手なしてのが法律てことかな。「疑わしきは罰せず。」

マイクとガスの接触のきっかけ・いきさつ シーズン3

ヘクター・サラマンカ襲撃を止められたマイクはオイルキャップからGPS発見。

同型の無線追跡装置を入手し、仕掛けられた装置は故障を偽装→付け替えに来た犯人追跡→「ロス・ポジョス」到達→ジミーに店内捜索させるが何も掴めず借ジミー

追跡続けるマイクに姿現したガス・フリング。以下を合意。
ヘクター殺すな。商売の邪魔ならOK。
●盗聴、尾行なし。
→殺さなければOKなので、ヘクターのトラックにスニーカー薬物ばら撒き→検挙→輸送手段破壊。

マイクが運び人を最初に挑発した訳…靴の下通過時に低速度にするためと靴撃つ際の銃声に気付かせないため。最初に挑発し別場所の猟師の銃声と思い込ませました。

ガスにとってヘクター妨害は利益。でも報酬を受け取らないマイク。会話し互いに共感。信用したガスヘクターには即死は人道的すぎる。」

まだ繋がってないマイクの生活。遺族会?で知り合ったのが“親切に知らせたのにヘクターが口封じに埋めた猟師”の妻。行方不明のまま安否も分からず。

また、輸送手段失ったヘクターガスに同乗を強要し一時しのぎ。独自の密輸ルートとして目を付けたのはメキシコの卸業者を使うナチョの父親の店。

父親が危険になりナチョヘクターの薬偽造計画→知ったマイクナチョに指南し後押し、また、例の“親切な猟師”の遺体を探し匿名で通報しました。

その後、別件でガスに接近。

以前ヘクターのトラックから奪った金の内残った20万ドルの資金洗浄。ここでガスと契約。契約内容は不明。

マネーロンダリングはマドリガル社リディア担当。マイクは資金洗浄を依頼。

初めて名乗った“ソウル・グッドマン”あらすじ シーズン3

すぐ名前を忘れてしまう関係団体名
Aサンドパイパークロッシング問題の老人ホーム経営。
Bシュワイカート&コークリーAサンドパイパー側の事務所。被告側。
Cデイヴィス&メインAサンドパイパー係争でHHMと共同訴訟する事務所。原告側。ジミーが雇われた大手法律事務所。
Dメサ・ヴェルデ大手銀行。キムが獲得した大型案件。
Eガトウッド石油石油会社。キムDメサ・ヴェルデから紹介されたビリーの会社。

公聴会で処分が決まったジミー

Aサンドパイパー係争時に契約した枠転売不可なCMの放映が9回残。既に払った金が無駄に。
→社会奉仕活動しながら映画部学生と奔走。

客が見つからずCM枠を売るCM作成会社ソウル・グッドマン・プロダクション結成。これが初めて名乗った“ソウル・グッドマン”、意味は“すべてよし”。弁護士名名乗る訳に行かないので。

が、世間は約束守らない輩ばかり。結局、金になったのは(恐らく)“責任賠償”で恐喝したギター店と社会奉仕活動の監督者個人経費6週間分+$700

滑り”に頼らざるを得ないジミーの金策状況見てキムが無理。Dメサ・ヴェルデの案件で過労、睡眠不足なのに、更にEガトウッド石油の案件を請け負い。

ジミー本人はAサンドパイパー係争のその後を調査。決着すれば取り分20%。十分な額提示済なのにまだ未和解→原告代表アイリーンを陥れ、孤立させ和解させます$116万

が、決着後もアイリーンが疎外されたまま。チャックに衝撃的な発言(次項参照)され、元に戻そうと奔走しますが失敗「壊すの得意だが築くの苦手」→キムのアドバイスは「得意技生かせ」。

Cデイヴィス&メインの元同僚、担当エリンに頼み高齢者の前で真実暴露→総スカン。

エリンジミーが逃げてた、規則にうるさい女性弁護士。

これまでの高齢者との関係をぶっ壊す得意技で原告代表アイリーンへの誤解を解かせます。もう高齢者法は無理。

また過労キムが居眠り運転で事故。結局、ジミーキムは事務所を引き払いました。

チャックがHHMを去る経緯・理由 シーズン3

これも発端はジミー。公聴会の後、完全に兄を見放しておりました。

弁護士保険料返還をダメ元請求→却下&復帰後の保険料が1.5倍に。踏んだり蹴ったりのジミーが公聴会でのチャック失態をチクり。

以降、HHM内の揉め事へ。

HHM全弁護士の保険料が2倍に。
ハワードチャックに引退勧告。
→設立者チャックが取り分800万ドル要求。払えば倒産→チャックは現状維持主張。
→が、ハワードが自腹。3回払いの一回目300万ドル。
チャックHHMから追い出されました。

この後、ジミーが後悔を伝えに。チャックは「○○しても○○。また○○のに。」

だから謝るのはやめて○○○○○。それができたら見直す。
傷つける気はない。○○のことは○からどうでもよかった。

この後、ジミーは孤立させた原告代表アイリーンの様子を伺いに行きました。

また、快方へ向かってたかに見えたチャックは家中ぶっ壊すほど電流源を捜索。放心状態で机を蹴り続け、ランタン倒れ火事。

過去の罪、賛同されないズル手段から抜け出そうにも抜けられずもがくジミーの、世間から受ける痛烈な風当たりが恐らくこのドラマのセールスポイント。

奮闘するダメ人間ジミーが慕う実兄、その他周囲の人物に言われる衝撃的な台詞。制作陣は酷い言葉を考えるもんです。

それに対し、実際そのセリフ通りってのがジミーたる所以。

こんな酷い人物像、酷い物語をよく思い付くなといつも感心させられます。それは他の海外ドラマでも同様。ハリウッドってすごい。

でも教育上は非常によろしくないので30歳未満禁止のR30とかにしないと。こんなもんから常識を取り入れちゃいけませんよ。

ブレイキング・バッドベター・コール・ソウル解説
全バレ
ブレイキングバッド解説シーズン1~5
S1バレ
ベターコールソウル解説
シーズン1
S2バレ
ベターコールソウル解説
シーズン2
S3バレ
ベターコールソウル解説
シーズン3
S4バレ
ベターコールソウル解説
シーズン4

コメント

タイトルとURLをコピーしました