大嫌いなジョフリーの名シーンを振り返る|ジャック・グリーソン

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

ネタがないので再度シーズン1から1.3倍速超で見直しております。

相変わらず大嫌いジョフリーですが、役者さんに罪はなし。それどころか初っ端から名演技。

という訳で、ジョフリー役を演じるジャック・グリーソンの名演技、これぞ七王国の王子ジョフリーという名シーンを洗い出してみました。

シーズン2までのネタバレを含みます。


ジョフリーの名シーン1

一つ目はシーズン1第二話『王の道』にて。5:40頃~。

意識不明の重体となってしまったブラン

七王国の王子としてブラン奥方を見舞えと言い聞かせる叔父ティリオンに対し、「そんな小僧知るか。」

叔父ティリオン、張り手。

ゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonンァッ!…ァ…

即座に出てきた言葉は、

I’m telling Mother. 母ちゃんに言い付けてやる。

引用:『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン1 ep2

すぐにもう一発殴られます。

ジョフリーの人物像を視聴者にしっかりと伝える名シーンだと思います。

ジョフリーの名シーン2

二つ目もシーズン1第二話『王の道』にて。46:30頃~。

王都へ向かう道中、野営地にて。

許婚サンサと散歩デート中、遭遇したのはアリアマイカーの剣術遊び。無邪気に棒切れでチャンバラ中。

そこへ何故かジョフリーマイカーに因縁。サンサの妹アリアを守って見せようとしたのでしょうか。

七王国の王子が剣を突き出し、棒切れを持つ平民の子に「掛かって来い。」

身分の違いから抵抗もできないマイカーの顔を切りアリアに殴られる→今度はアリアに襲い掛かり、大狼ナイメリアに飛び付かれます。

ゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonンハァッ!…アー…

その後、母ちゃんに言い付けておりました。

これもジョフリーの人物像を視聴者にしっかりと伝える名シーンだと思います。

ジョフリーの名シーン3

三つ目はシーズン2第一話『王の乱立』にて。46:52頃~。

赤の王城玉座の間の模様替え中。

ジョフリーを制御できず周囲から攻められる母サーセイスターク家の人質について話に来るシーン。

叔父ジェイミーの噂を耳にしたジョフリーが、父ロバートは他の女をはらませてるのでは?何人落とし子が?と言いかけ、サーセイ張り手。

ゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonフ!ハァー…!

母ちゃんに言い付けようにも殴ったのが母ちゃん。頬に手を当て絶句しておりました。これも名シーン。

これが本ブログの数日ぶりの更新でございます。ヤバイな、行き詰ってきた…。

演じる俳優ジャック・グリーソンは当然お年頃の役者さん。お年頃の少年が世への体面気にせず立派に仕事。

やっぱりこういう子役って凡人ではありませんね。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました