ラニスター家の祖ラン利発王の素質を受け継いだのは誰?|ゲースロこじつけ考察

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

完結してしまった『ゲーム・オブ・スローンズ』。後に続くのはスピンオフ前日譚。気になってはニュースを見たりしています。

スターク家は登場するがラニスター家はしない等、ポツポツと情報が。

登場するのか不明で気になるのがラニスター家創始者と言われるラン利発王。気になったので調べてみました。

一部ネタバレを含みます。


伝説の詐欺師ラン利発王

調べたと言っても英語版のWikiゲームオブスローンズ中の伝説の人で直接物語に関係しないので、それしか情報がありません。

たくさんある伝説

ラン利発王には、それぞれが矛盾するたくさんの伝説が存在。当然原作者が色んな話作っただけだと思いますが。

視聴者によく知られるのは、恐らくトリックスター天才詐欺師。武力を使わずにキャスタリー家からロック城を騙し取ったという話。

大抵は、キャスタリーロックにあったとされる秘密のトンネルを使って策を仕掛ける逸話が多いようです。

亜種がたくさんあり、

●夜中に幽霊っぽい音を鳴らし、寝てる住人にささやき怖がらせ、キャスタリー家から逃亡させた。
キャスタリー家の兄弟一人の部屋から宝を盗み喧嘩の原因を植え付け、後継者が居なくなるまで潰し合いさせた。
●トンネルからネズミや害虫をはびこらせ、ダメ押しでライオンを侵入させ、キャスタリー家から逃亡させた。
に忍び込みランの統治を許すに十分な数の落とし子を、キャスタリー家の娘との間に作った。

最後の★印のは、(恐らく小説の)ティリオンお気に入りの伝説だそうです。

ペテン師ではない説も存在。ラン利発王は、キャスタリー家の娘が単に後継者不在で招き入れた城内の兵士だった説。

これもたくさん亜種があり、

●単に後継者不在。
ランが継承権の低い娘と結婚し、各宮殿で力を得たり他の継承者排除のための陰謀に知恵を絞った。

などなど。

出自は不明らしい

アンダル人冒険家など明らかに間違いと思われるもの以外は、何者かが判明する逸話は存在しないようです。

ただし、アンダル人来襲前であることは確定的なので、最初の人々説が有力。

かなり不正確、というかかなり不明ですが、ゲームオブスローンズの世界の歴史をサラッと。

ドラマでは原始の時代を8000年前とか発言。原作と設定が違うのかどうかも言及されないので雰囲気だけ。記録が残るはずもない世界なので。

ウェスタロスの年表
12000年前
原始森の子らの住むウェスタロスに最初の人々侵入、戦争、講和。
12000年前

10000年前
(※)
英雄時代ブランドン建設王、初代嵐の王が登場。
ラン利発王登場?)
10000年前
(※)
長い夜スターク家の婆やがブランに100年位冬だった話をしましたが、この時期のことでしょうか。
ラン利発王登場?)
10000年前

8000年前
(※)
七王国の形成期七王国が形成されていく時代。
6000年前アンダル人来襲エッソスから鉄文化を持つアンダル人が侵入。
6000年前

300年前
七王国時代エッソスから逃れたロイン人ドーンに王国、ハレン暗黒王の祖父が島と川の王国征服、など。
300年前ターガリエン来襲征服王エイゴンがドラゴンストーン城を拠点として攻撃。
(※)…HBOドラマではこの辺り全部含めて8000年前ということにしてる模様。

ラン利発王登場?)としましたが、いづれの伝説内にも英雄時代、長い夜の前なのか後なのかが明言されてないそうです。タイウィンは英雄時代だと言い張ってる模様。)

Wikiでは、
明言なしはブランドン建設王らとは別の時代であることをほのめかす、とありますが、どうとでもなるようにただ決めてないだけと邪推します。

“王”であると自称してない

全ての伝説で共通してるのは、自ら王を名乗ってないこと。ここは後の岩の王国ですが、キャスタリー家岩の王を名乗ってなかったようです。

日本での常識は弥生時代に貧富の差が誕生→支配者登場。

こちらの物語では、ロック城などと城を所有してる位なので、当然貧富の差ありで王様の概念があったものかと。

なので、単に王位を主張しなかっただけと捉えるのが普通かなと思います。

後に自らを王と呼び始めたのがラニスター家

ラン利発王の素質はどこへ受け継がれたのか

まあ上記のように多数の逸話、伝説が存在し人物像が無茶苦茶なラン利発王

リアルな世界でも不明な太古の時代を設定し、どんな矛盾した逸話を作ろうが好きなように理由付けができる都合のいい物語でございます。

このブログはそんな都合のよいゲームオブスローンズについて書いてるブログ。

という訳で都合がよくなるよう適当にラン利発王の伝説を採用します。

採用したのは、上★印で示したティリオンお気に入りの伝説。

に忍び込みランの統治を許すに十分な数の落とし子を、キャスタリー家の娘との間に作った。

誰かを連想します。


●自分の子供をバラシオン家の王子と偽り、実際に七王国の王として即位させた。

●上記の弟、妹となる胎児を、ワインを飲みながらグレイジョイ家との子と騙った。

皆さんも大スキな、

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|サーセイ・ラニスター/Cersei Lannister演じる女優レナ・ヘディ/Lena Headey|GOTイラスト

当然サーセイラン利発王の子孫の子孫の子孫なので生物学的に別人。なので当然異なる素質も存在。

ランは詐欺師的な人物像を作られながらも、利発王とまで呼ばれる伝説の英雄。

ラン利発王が王位を主張しなかったのは確定らしいので、異なるのはそこ。サーセイといえば自己顕示力の塊。

ラン利発王の素質を受け継ぎながらも、サーセイは“利発”とは呼ばれません。

この世界では、歴史に名を残す人物には、

ブランドン建設王Brandon the Builder
ラン利発王Lann the Clever
エイゴン征服王Aegon the Conqueror

などの異名が付けられます。

もしサーセイに異名が与えられるとすれば、

サーセイ自爆王
Cersei the Suicide

邪魔だったのは自己顕示欲なのでしょうか。

どうとでもこじつけられる伝説上の人物ラン利発王を作り、矛盾も多々設定し何だかんだと物語に現実味。

まさに利発なゲームオブスローンズ製作陣。

私は一枚っぺらの文章を書いてるだけの立場ですが、“話を作る”という点では同じ。

この都合の良い事象をとことん利用する姿勢は見習いたいと思います。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました