パイロット版の評価は「致命的な欠陥」←公開版も一緒だろ

本ブログでは各緒名家に関連の名称を下の色使いで強調、右下メニューとブログ下部に簡易地図。重要事項は赤いネタバレスイッチ内。押すと中が表示されます。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家
訂正GOTの時代設定がリアル人類史でいつ頃相当かは“不明”。訂正記事|紀元前B.Cと紀元後A.D.の略表記勘違いしてた

ポク太郎です。

ゲーム・オブ・スローンズ』をネタにしたブログを運営しております。それ関係で300以上の投稿があります。

そんな爺の『ゲーム・オブ・スローンズ』評価は“分かる訳ないクソドラマ”。

でも実際そんな評価は公開の一年前からなされておりました。

非公開映像である『ゲーム・オブ・スローンズ』パイロット版のお話です。

ネタバレスイッチ内にシーズン5までのネタバレを含みます。


ゲーム・オブ・スローンズ公開一年前のパイロット版

非公開映像ですが、『ゲーム・オブ・スローンズ』にも公開1年前に完成したパイロット版が存在します。

一応Youtubeにそれ関係の情報。変更した俳優、追加・削除されたシーン、制作陣が後に発表orマニアが裏付けたものなど。
ただし、パイロット版は放送されたことが無い非公開映像→偽モンには注意。

俳優さんが別人、公開版よりも原作小説に忠実なもの。

テレビ経験のない小説脚本家D・ベニオフゲーム・オブ・スローンズ制作陣似顔絵|脚本家デーヴィット・ベニオフ/Screenwriter David Benioff|GOTイラストD・B・ワイスゲーム・オブ・スローンズ制作陣似顔絵|脚本家ダニエル・ブレット・ワイス/Screenwriter Daniel Brett Weiss|GOTイラストが約4年間、1000万ドルを投じて作成したシロモノです。

1000万ドル…10億円。現在の為替なら13億円。

パイロットを友人脚本家に見せたときの指摘は、

MASSIVE PROBLEM致命的な欠陥

そりゃそうです。視聴者が主要登場人物の家族関係すら理解できなかったので。

指摘したのは致命的欠陥ハングオーバー!脚本家

致命的な欠陥”評価に異論はありません。

多数の閲覧者がこんなジジイのブログで必死に家系図を調べてることを考えれば全くその通り。あんなもん誰も理解できません。

爺が注目した理由はその指摘をした人物。『ハングオーバー!』の脚本家らしい。

ここから『ハングオーバー!』の酷評です。

ステマに騙されゴミ掴まされた怒りでかなり過激な文章になっております。

ハングオーバー!』とは二日酔い。俳優ブラッドリー・クーパー主演の笑える要素皆無な最低コメディ。

バーチェラーパーティ目的でラスベガスへ向かったグループが翌日のカオス状態を見て酔い潰れる前日夜にしでかしたことを自分で追跡していく、構成上欠陥しかない物語。

ステマなのか何なのか「笑いたいならコレ!」とおススメされてますが、笑える要素が一つもありません。

目覚めたホテルの部屋に虎。
(追跡結果)→前日夜マイク・タイソン宅からペットの虎盗んできてた。

先に落ちを見せる欠陥ギャグ。追跡の結果、意外性も何もない事実判明→「虎の居る場所から虎を盗んできた。」

マイク・タイソンの家には虎が居るんですか、そーですかとしかならない見せ方。忍び込んだ先が動物園だったら笑えるのか笑えないのかも???マーク。

ハングオーバー!』の物語構成=ハメ外した結果を見せてからの理由追跡がコメディとしての構造上の欠陥。ステマに騙され続編まで見せられましたが全部同じ。

これで笑えるなら、球場でヤジ飛ばす酔っ払いやのど自慢のハッスル老人で爆笑できるタイプ←周囲がイラつくパターン。小人症の演劇を一人爆笑するジョフリーそのもの。

ギャグとは聴衆の予想外で成り立つもの。先に落ちを見せてから笑わすには相当複雑怪奇なドミノ倒しが必要になります→つまり難易度高すぎの構成。

例えば、

サーセイが200年間守られた聖兵の武装禁止令破棄ハイスパローに武装を指示→結果、自分自身が力を与えたハイスパロー自分自身が投獄されました。罪状は近親相姦

上記の落ちを知る閲覧者を笑わせるには、予想外で、尚且つ、複雑怪奇であっても瞬時に繋がる事実が必要です。

予想外の事実「“調停王”とまで呼ばれる200年前の名君ジェヘアリーズ一世が、七神正教教団に近親相姦を黙認させた協定内の取り決めが“聖兵の武装禁止令”。」←自分名君の遺産を破棄

聴衆の予想外、尚且つ、知った瞬間「サーセイそこでも自爆かい!」と繋がりを理解される必要があります。

原因・理由説明の矢印が逆向きな『ハングオーバー!』は高難度連発が必達事項となる欠陥構成。

その欠陥コメディの続編を引き受けたのが、『ゲーム・オブ・スローンズ』パイロットを“致命的な欠陥”と指摘した脚本家クレイグ・メイジン

そんなモン引き受ける人物すら指摘するほどの酷い欠陥を『ゲーム・オブ・スローンズ』は内包しておりました。

公開版はあれでも家族関係説明したつもり

驚愕なのは、脚本家D・ベニオフD・B・ワイス両氏が「まさかパイロットが再撮影になるとは思ってもみなかった。」

更に驚愕なのは、公開版『ゲーム・オブ・スローンズ』第一話『冬来たる』はアレでも「視聴者に伝わるよう家族関係明示したつもり。」

家族関係を明示するため、パイロット版から以下シーンを追加しました。

  • サーセイジェイミー=姉弟を明示するため、ジョン・アリン遺体前で会話。
  • 「小鬼のティリオンだ!女王の弟だ!」などの叫び声。アリアの質問も多分それ。
  • 裁縫で姉サンサ褒められ、妹アリアため息→アリアが弟ブランが狙う的射抜く。
  • 長女サンサが母キャトリンに王子ジョフリーに嫁がせてと嘆願するシーン。

逆に削除したのは、

  • 毒を盛られたジョン・アリンが最後の手紙を書くシーン。
  • 狂王に処刑される叔父ブランドン・スタークの回想シーン。
  • 言語学者作成のホワイトウォーカー言語“スクロース/Skroth”が話されるシーン。

大して改善できてませんが、多少家族関係の説明にシフトしました。逆にロバートの反乱説明を削除しそっち説明不足。

で、パイロット版からのキャスト変更で挙げられるのがデナーリスキャトリンウェイマー・ロイス←誰?

ウェイマー・ロイスとはアリン家旗手ヨーン・ロイス公ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ヨーン・ロイス/Yohn Royce演じる俳優ルパート・ヴァンシタート/Rupert Vansittart|GOTイラストの次男。第一話初っ端、壁北でホワイトウォーカーに殺されるナイツウォッチの一人。

台詞「死に様聞かれるだろ」は発しましたが、日本人一般視聴者ポク太郎が演じてもさして問題無さそうな役柄。でもアレはHBOまで口出しし、選びに選んだ俳優選定でした。

そんなエキストラに毛が生えた程度の些細なキャスティングまであーだこーだ議論を白熱させ出来上がったのが、一般人には全く付いてけないあの『ゲーム・オブ・スローンズ』第一話。

どーも小説『氷と炎の歌』オタクが必死に全情報詰め込み、熱狂的な小説ファンが「あのシーンの映像だ!」と歓喜するためのものだったようです。

そら分からん筈だわ。

前々から書いてる通り、あの大量の登場人物と背景となるロバートの反乱を60分に詰め込むのは無理。それだけで1シーズン10話分必要。

最終章完結後に発表されたスピンオフ候補『ロバートの反乱』がその証拠。

前提条件ロバートの反乱知らないとゲームオブスローンズを見てられないのに、それの完結後に前提条件説明するってんですから、まさにMASSIVE PROBLEMな自己矛盾。

D・ベニオフD・B・ワイスさんがどんなに小説『氷と炎の歌』に夢中になってようが、世の中の人間からすれば「スターク家て何?」ですからね。

パイロット版の情報を調べると、小説オタクしか付いてけない些細な描写の意味をゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャゴチャと議論しておりますが。

そんなモン、一般視聴者は一切気付いてませんぜ?D・ベニオフD・B・ワイスさん?

まぁでも、そんなモンがヒットしてくれたおかげでこんな過疎ブログに人が来てくれる訳ですからポク太郎としては感謝しないと。

という訳で、『ゲーム・オブ・スローンズ』の視聴には、

うちの解説サイトが必須です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました