鬼火爆破事件から探るサーセイ・ラニスターの慈悲深さ|ゲームオブスローンズ

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

相変わらず大好きなサーセイについて考えております。これほど慈悲深く、優しい女性がいるでしょうか。

シーズン6までのネタバレを含みます。


サーセイの調査

七王国の王后:サーセイ・ラニスター・バラシオン、俳優レナ・へディ

ゲースロキャストicon|サーセイ・ラニスター/Cersei Lannister

自身が仕掛けた策謀がもつれ、裁判に掛けられることになったサーセイ

が、そのとき息子トメン王は狂信者雀聖下ハイスパローに操られ、また、小評議会がをガッチリガード→決闘裁判廃止を宣言。

決闘裁判で切り抜ける予定だったサーセイが絶体絶命に陥いる場面。

ドラマ中ではハッキリ発言されてませんが、そのピンチ状態のサーセイクァイバーンが何かを報告。

「昔の噂の件、小鳥達が突き止めた。噂より遥かに大。」

後に判明しますが、これは狂王がベイラー大聖堂を始め王都中に貯蔵させた鬼火の件。

つまり、スタニス相手に鬼火ワイルドファイアで対抗しようとしてたサーセイですが、王都中に作られた貯蔵庫については知りませんでした。

何故鬼火の貯蔵庫を知らないんだ

皆さん、同じように疑問を抱いたのではないかと。

少なくとも17年前から、王都の至る所に鬼火が貯蔵されてることを知ってた方がいらっしゃいます。

そうです。サーセイの双子弟で愛人ジェイミーさんゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannisterです。

王の盾総帥バリスタン・セルミーに並び狂王に詳しく、ずっと横で護衛をしてた方。

ジェイミーが“王殺し”となった瞬間が17年前。ロバートの反乱中、父タイウィン狂王を裏切り王都を制圧したときの話をブライエニーに。

その中で、狂王鬼火が大好きで王都の至る所に貯蔵という話。

「ベイラー聖堂の地下、蚤のたまり場、旅籠の地下、赤の王城にも。」

引用:『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン3


ジェイミーサーセイとベッドを共にする間柄。姉弟なので期間は17年どころでは。

エダードを襲い王都から逃亡、ロブに捕らえられ捕虜になってたとかは17年後以降の話。

深まる疑問。何故サーセイに言わなかったのでしょう。

ジェイミーが教えなかった理由

グレイジョイの反乱が9年前と発言されてますので、その間は戦争なし。

つまり、17年以上、かつ、戦乱がなく平穏な期間が前後に8、9年間、その間ベッドを共にしたサーセイに話をしなかった理由とは。

●可能性1 鬼火の話をする機会がなかった。
●可能性2 サーセイに教えるのは危なっかしいと黙ってた。

立場上、可能性2はあり得ないとしないといけないので、ここで採用するのは可能性1のみ。

狂王と言えば必ず繋がる話はジェイミーの王殺し。大切な弟兼愛人ジェイミーが蔑視されることになった事件。

サーセイ狂王の話、王の盾時代の話を避けてたものと思います。

狂王の話題を持ち出さない=鬼火の話題が出てこない。

なので、サーセイ鬼火に関しては何も知らなかったということに。

危なっかしいサーセイと認識してるにも関わらず、「を愛してる。笑いたけりゃ笑え。」と堂々とを全面擁護する心優しきジェイミー

ん?間違えた。正しくは下。

守る必要もない民を優先し世から王殺しと蔑視されるに対し、長きに渡りその話題を避け続ける心優しきサーセイ

の心情を察し狂王時代の話を持ち出さない。何と優しい姉上か。また一つサーセイを好きになる理由が増えましたね。

ゲーム・オブ・スローンズ』はグロい残酷な描写も点在する常に緊迫したシリアスなドラマ。

なので、「ラニスターに非ずんば人に非ず」とタイウィン公の唯我独尊思想を受け継ぐ女帝が周囲にどう扱われているかなどは見落としがちに。

が、こういった“高飛車な女帝の扱われ方”を探し回るのも『ゲーム・オブ・スローンズ』の楽しみ方の一つ。リトルフィンガーしかり、オレナ・レッドワインしかり。

あれ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました