カール・ドロゴ|複雑な陰謀ネタにされるドスラク人脇役|ゲースロイラスト似顔絵

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

ゲームオブスローンズは難解極まりない難しいドラマ。

独立し他と関係ないシナリオに登場するだけの脇役かと思いきや、王都の複雑な陰謀ネタにされてる人物も。

その代表となるドスラク人の長カール・ドロゴにスポットを当て『ゲームオブスローンズ』の難しさを紹介します。

シーズン5付近までのネタバレを含みます。


野蛮人ドスラキーの偉大なるドロゴ王

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|カール・ドロゴ/Khal Drogo演じる俳優ジェイソン・モモア/Jason Momoa。騎馬民族ドスラク人族長|GOTイラストドスラクの偉大なる王
カール・ドロゴ
俳優:
ジェイソン・モモア
ドスラク人は戦闘民族。宴の場でも殺し合い「三人以上死なない宴は退屈な宴。」

その野蛮人は複数の部族カラザールから成り、強大なカールは多数のカラザールを率いて“偉大なる王”。その王カール・ドロゴは最強の戦士。

ドスラク人は戦闘に勝利→相手の髪を切断。カール・ドロゴは負けたことがないので髪の長さが最長。髭もお茶目に結んでいます。

カールは王、カリーシが女王。

元王族ターガリエン家は、カール・ドロゴとの婚姻を通じドスラキ・アーミーの戦力に期待します。

ジェイソン・モモアのキャスト情報

カール・ドロゴの俳優情報
英語日本語
役名Khal Drogoカール・ドロゴ
俳優Jason Momoaジェイソン・モモア

ジェイソン・モモアwikiによると、本名はJoseph Jason Namakaeha Momoaジョセフ・ジェイソン・ナマカエハ・モモア、身長は193cm。

ジェイソン・モモアSNS情報

ジェイソン・モモアの公開、関連情報
ジェイソン・モモアのアカウント@PrideOfGypsiesJ
Instagram-ジェイソン・モモアのアカウントprideofgypsies
Facebook-ジェイソン・モモアファン

いづれもすごいフォロワー数。大人気。

メイクで全然異なるので俳優自身の似顔絵も

似顔絵で覚えるサイトなのでイラストでお顔の特徴。

“ヘラクレス”な感じは1000人に1人、イケメンも1000人に1人→つまり、両立は1/1000 x 1/1000で100万人に1人。

類まれなる逸材なのでその人しか主演できない映画に登場。

若かりしシュワルツネッガー市長が演じた『コナン・ザ・バーバリアン』の後を引き継ぐ主演は当然ジェイソン・モモア

ポリネシアの血?による浅黒い肌で更に“バーバリアン野蛮人”度が増しております。

ただし、俳優ジェイソン・モモアこんな優しいお顔

俳優ジェイソン・モモア/Jason Momoa似顔絵イラスト|アメリカハワイ原住民ポリネシアの血を受け継ぐコナンザバーバリアン

身長は193cm。一緒に写真を撮る女優さんに覆い被さるように高さを合わせます。その時の表情はこんな真面目な顔じゃないですが。

似顔絵を描く際に一番困るメイクによる変身。

俳優ジェイソン・モモアで困ったのが目。黒目が両脇に。カール・ドロゴはそう見えません。どういうメイクなのか謎ですが、これが一番の違い。

カール・ドロゴは常に上目使いで相手を睨みます。目立つのは眉間と吊り上がった眉毛。かなり泥臭く変身させられております。

実は複雑な陰謀ネタにされてたカール・ドロゴ

元王族を支援するグループが存在

物語冒頭、エッソスの自由都市ペントスで保護される元王族ターガリエン家の生き残りが紹介されます。

それが玉座を追われた経緯も紹介せずいきなり物語開始する不親切ドラマではありますが、注目すべきはそのターガリエン家を保護する人物。

珍品、貴重品を商いする豪商イリリオ・モパティスでした。イリリオターガリエン家に野蛮人カール・ドロゴを紹介し“婚姻を通じ懐柔”を薦めます。

本来なら王女であるデナーリスドロゴ王に輿入れさせました。

一方、そのターガリエン家の元に突然現れる不審な臣下ジョラー・モーモント。何やら壁の総帥ジオーの息子さんとのこと。

スターク家旗手の跡継ぎがエッソスに居る理由はすぐに明らかに。金に困り奴隷商→ウェスタロスで死刑判決→逃亡。

無関係に思えるターガリエン家に近付いた理由もすぐに明らかに。現王族バラシオン家に密告者の長として仕えるヴァリスのスパイでした。

ターガリエン家を取り巻く登場人物が三人。イリリオ・モパティスジョラー・モーモントヴァリス

構図として見えるのは、「ターガリエンイリリオ」vs「ジョラーヴァリス」。

が、シーズン1第5話での一瞬の「イリリオヴァリス」会談。敵同士に見えた二人が会話しています。初見時には誰も気付かないと思われますが。

シーンは猫を追いかけたアリアがその会談を立ち聞きしてしまう場面。視聴者は跳ね回る可愛らしいおてんばに注目してるので小汚いオヤジ二人に気付きません。

加え、アリアも上手く伝えられませんでしたが、内容は意味不明な会話。

●王の手エダードパイセルの書物を手に。
ブラン狙った刺客が失敗しよった。
獅子が戦争。
●野蛮人ドロゴ王は動かん。
●また王の手死ねばいい。
●遅らすのでなく急がすべき。

当時のホットな話題はジェイミーブラン突き落とし。パイセルの書物は直後に繋がりますが、ドロゴ王、つまりターガリエン家とは繋がらず???状態。

注意すべきは、

●前任の王の手ジョン・アリンを殺したとは言ってない。
●自分らがブラン狙ったとは言ってない。
バラシオン家王子らの秘密を暴露されたくなさそう。

ヴァリスの策とターガリエン家復興グループの陰謀

ヴァリスの正体が絡む、視聴者自身が自分で導き出すべき結論と思うのでネタバレスイッチ内に。

ポイントを整理すると、
王の手死ねばバラシオン家王子らの出生の秘密守られる。
●秘密知られるとブラン狙われた理由ばれ、獅子が戦争。
ドロゴ王は動かんから王の手殺すorドロゴ王動かすべき。

つまりターガリエン家復興グループの目論見は下。

王都を混乱状態に陥れる爆弾は「バラシオン家王子らの出生の秘密」。

混乱に陥ったウェスタロスに、元王族ターガリエン家を掲げて軍事行動。戦力はドロゴ王率いるドスラキアーミー

問題は準備ができてないこと。先に暴露されその戦争にカタが付いてしまうと乗り込むチャンス潰れる→王の手殺す、いや、急がせろ。

ではヴァリスの「遅らすのでなく急がすべき」策の話。

野蛮人ドスラク人は狭い海を渡ったことがありません。また、略奪を常識としモノ・金に興味を示さない戦闘民族。

ドロゴデナーリスが鉄の玉座奪回をお願いしても、片言で「コノハナシ、モウオワリ…。」一切興味を示しません。

ここである事件。

懐妊したデナーリス暗殺未遂事件。ヒットマンを送ったのは密告者の長ヴァリス。これはロバート王の命令。また、同時にジョラーに恩赦の手紙。

スパイしろと言いながら状況変わらぬまま恩赦。その不審な恩赦を受けたジョラーが察知し暗殺阻止。

また、を狙われ怒ったドロゴ王はウェスタロス侵攻&鉄の玉座奪取宣言。

暗殺者を送りつつ、死刑判決済で十分ターガリエン家に寝返る可能性を秘めたジョラーに“暗殺成功前”の恩赦の手紙。察知させるためと思われます。

これがヴァリスの「遅らすのでなく急がすべき」策。

カール・ドロゴは野蛮人。陰謀・策謀には無縁ですが近付く人間は陰謀まみれ。そのネタにされる人物でした。

モンゴル?をモデルとしたのか強烈な印象を与えたカール・ドロゴ

その風貌やデナーリスとの過激な古代的描写が主かと思いきや、難しい難しい『ゲームオブスローンズ』の一角を担う陰謀ネタのパーツでした。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました