スターク家の悲劇は学匠ルーウィンが原因ではないのか|ゲースロ考察

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

以前、こんな記事を書きました。

単なる作り話に入り込み、あーだったらこーだったらとグダグダ書き連ねた記事。

最初に主人公のように映るスターク家。このドラマ最大インパクトであるその惨劇を見ると、初老は歯がゆくて仕方ありません。

歯がゆい歯がゆいと書き連ねた上記投稿が何故だか人気なので、調子に乗ってまた書きました。

シーズン2までのネタバレを含みます。


控え目過ぎるウィンターフェル城の学匠

この世界では拠点となる各城や施設には、知識の城シタデルから学匠メイスターなる役職の方が派遣されます。

使い鴉を使っての通信、医者の役割、その他教育係や行政も行う文官といった感じ。

シオンの言葉を信じると、学匠はその拠点の城主に仕える、と誓っているそうです。

ウィンターフェル城を担当する学匠:ルーウィン

ゲースロキャストicon|学匠ルーウィン/Luwin

城主エダード、奥方キャトリンにほんの少し進言を行う控え目な学匠。

相当長くこの城を担当してるらしく、スターク家の子供を大切に大切に扱ってる様子が細やかに描写されています。

また、グレイジョイ家の人質であるシオンにだけは結構強い語気で注意することが多いですが、オシャにはわりと敬意を払った対応。

スターク家にだけひれ伏す、わけではなく、全うな人間には誠実対応、いい加減な人間には冷たい対応をする方でもあります。

学匠ルーウィンの行動を列挙

残念ながら序盤で退場しましたが、結構重要な脇役。その行動を挙げてみました。

キャトリンが言い出したら止められぬ

ブランの落下が事故でなく事件と確信したスターク家で緊急会議。

ルーウィンは大戦勃発の危険性に気付かぬシオンを説教し、まず真実が重要と「エダードに知らせを。」
キャトリンは誰かに悟られるのを嫌い、「使い鴉NG、大軍NG」。
→武術指南役ロドリックだけはキャトリンに随行。
ルーウィン、仕方なく了承。

⇒知らせるだけなのでロドリック一人だけ行けばよかった話。が、途中でキャトリンが一大事行動-ティリオンを拉致し、ほぼ戦争確定。

ロブは分かってて敢えてそうしてる筈

王都でエダード失脚→跡継ぎロブが北部の全旗手に集合の使い鴉を命令。

ルーウィン「全旗手を?」
一言聞き返すだけで一切進言なし。

⇒が、全軍を駆り出せば拠点がなくなり、ロブ軍が孤立無援状態に陥る、ウィンターフェル城が襲われる原因となりました。

可愛い可愛いブランが立派な裁定

もぬけの空状態のへ帰還した武術指南役ロドリックが、トーレンの方塞への襲撃情報。

援軍200人連れてくとの報告に、空き城状態がやっと解決したと思ったルーウィン「そんなに?」
すぐさまブランに「旗手を守らないとダメだ」と言われ沈黙。

確認する方のために→このシーンはシーズン2第3話の41:20辺り。画面の焦点はブラン、背後のルーウィンの顔は焦点外れてボケボケ。

それでも、利発で責任感がありスターク家嫡子として立派に育つブランを背後から満足そうにうなずいている様子が確認できます。

⇒が、この後シオン・グレイジョイがもぬけの殻のウィンターフェル城を急襲することになります。

初老からジジイへ進言

釈迦に説法ではありますが、学匠ルーウィンさんに言いたいことがあります。

アナタは知識の城の中でも、更に“より高い秘術を身に付けた”天才中の1%。これは自分で言ってること。

●釈迦に説法その一
“冷静な判断ができない可能性”を考慮し、スパイ映画での暗殺計画、警察の捜査担当、いづれも当事者を担当から外します。

血気にはやり冷静に真実を見つめられない状態のキャトリンを諌めよう。

●釈迦に説法その二
100人に一人の天才であれば、自身の若かりし頃の見落としや失敗など多々振り返って学習してるものと思います。

青二才ロブの無茶に気付いてるんだから止めよう。

●釈迦に説法その三
自分が育てた可愛い可愛いブランがまさにスターク家の嫡子らしく立派に責任を果たす様子を見てうれしいのは分かります。

いくら利発なブランが喜ばしくとも、戦の戦略は諌める方を優先しよう。

HBOシリーズで修正されたポイントですが、

キャトリンが反対してるにも関わらず、
ルーウィン「王の手就任依頼はロバート王の救援要請。叙任はエダードの責任では?」

⇒が、誰からも支持されない身勝手王を支持するということはエダードが王都中から陥れられる原因となります。

原作からの修正で主要な人物はそのキャラ設定に従った自然な行動に変わり、更に輪を掛けた傑作となりました。

が、今度はその一段下の脇役に矛盾が。

中でもこの学匠ルーウィンさん、たまたまその矛盾が集まり、悲劇の無能にされてしまったかも。

小煩悩で控え目で凄くいい人なので捉え方に誤解なきようちゃんと書いておこう。

学匠ルーウィンはエリート中の更に1%に入るスーパーエリート。

コメント

タイトルとURLをコピーしました