ゲームオブスローンズ解説|シーズン5 エピソード2『黒と白の館』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏

第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S5-02解説

シーズン5エピソード2『黒と白の館』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterドーンから脅迫状→ジェイミーが救出へ。小評議会仕切れず苦慮。
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister馬車内に閉じ込められエッソス内陸を移動。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarth立ち寄った食堂でサンサ発見。が、信用得られず。
ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkブライエニーと遭遇。が、信用せず。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon黒の城でジョン・スターク襲名を餌に誘惑。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow選挙で選ばれ壁の総帥ジョン誕生。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen捕らえた反乱分子を勝手に成敗した参謀を処刑し混乱。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkブレーヴォスに到着。すったもんだ後に黒と白の館に入る。
前回ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister昔の魔女の逸話。タイウィン亡き後の親戚状況。
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterペントス到着。ヴァリスターガリエン派と真相。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthリトルフィンガー行列馬車内のサンサに感づき追跡開始。
ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkアリン家旗手の領内に手紙届きリトルフィンガーと出立。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon黒の城で野人に跪かせるよう総帥ジョンに命令。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow説得に失敗し、火炙り中のマンス・レイダーに矢。
ゲースロキャストiconトアマンド/Tormund黒の城で捕虜としてマンス・レイダーの処刑見る。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenハーピーの息子たちによる反乱。親方は闘技場の再開陳情。
更に前ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkブライエニーに倒されたハウンドを置き去り。ブレーヴォスへ。

サーセイ・バラシオン周辺 脅迫状!ドーンのミラセア心配

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister:主に王都内

ゲースロキャストicon|ジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister ゲースロキャストicon|ブロン/Bronn ゲースロキャストicon|エラリア・サンド/Ellaria Sandゲースロキャストicon|ミラセア・バラシオン/Mircella Baratheonゲースロキャストicon|ドーラン・マーテル/Doran Martell ゲースロキャストicon|クァイバーンまたはカイバーン/Qyburn ゲースロキャストicon|ケヴァン・ラニスター/Kevan Lannisterゲースロキャストicon|パイセル/Pycelleゲースロキャストicon|メイス・タイレル/Mace Tyrell
サーセイ執務室
サーセイジェイミーの会話。
ドーンからミラセアの首飾りが掛けられた蛇の像=脅迫が届く。オベリン・マーテルの死はサーセイのせいという手紙付。

サーセイの嘆き。
ジョフリーは婚礼の場で毒殺。
ミアセラドーンで人質。
トメンハイガーデンの娼婦と結婚。

ジェイミーミアセラ救出へ向かうことに。助っ人は下。

ストークワース家付近
ストークワース家とは、決闘裁判の折、ティリオンを見捨てる条件としてサーセイブロンに約束した婿入り先。

ブロン、相続権のある姉に嫌われる妹ロリス・ストークワースとデート中。
ジェイミーが現れ書状「ロリスブラッケン公の妻に。」
サーセイブロンとの約束を書類一枚で反故。

サンスピア宮殿
落とし子エラリア・サンドミラセアを遠くから睨み、領主ドーラン・マーテルに文句。

エラリアは決闘裁判で命を落としたオベリン・マーテルのことでサーセイラニスター家を逆恨み。

●王都の地下室
サーセイが、ティリオンの首として届けられたもの監査。
クァイバーン、それらの首を研究用にもらう。

●王都小評議会
メンバーは、サーセイケヴァンパイセルメイス・タイレルクァイバーン
○摂政:サーセイ
○海軍大臣、大蔵大臣:メイス・タイレル
○密告者の長:クァイバーン
○恐らく上級学匠:パイセル
○陸軍大臣:ケヴァン
ただし、ケヴァンは、
「王から直接叙任させろ。」「お前の傀儡になる気はない。」と、キャスタリーロックへ帰る。※ケヴァンは前回登場時とかなり態度が違います。

解説ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister~ エラリア・サンドはキチガイ?

自ら決闘裁判の擁護者として名乗り出たオベリン・マーテル。が、結果愛人を失ったエラリア・サンドは「原告サーセイのせい。」

賓客としてわざわざジョフリーの結婚式に出向いたのに、サーセイに落とし子だとバカにされたのを根に持ってるのかも。

どっちもどっちですが色んな意味でサーセイのライバルとして君臨するかも。期待大。

ティリオン・ラニスター周辺 木箱の次は馬車の荷台に監禁

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister:ミーリーンへの道中

ゲースロキャストicon|ヴァリス/Varys
●エッソス道中
ティリオン、賞金首なので馬車に閉じ込められ不満。馬車内のヴァリスと会話。

ブライエニー・オブ・タース周辺 サンサにも信用されず

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarth:東の道付近

ゲースロキャストicon|ポドリック・ペイン/Podrick Payne ゲースロキャストicon|ピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerゲースロキャストicon|サンサ・スターク/Sansa Stark
●道中の食堂
ポドリック、立ち寄った食堂でリトルフィンガーサンサ発見→ブライエニーが挨拶へ。

キャトリンに誓い仕えてること伝えるが、リトルフィンガーに下を突っ込まれる。
レンリー守れず、キャトリン守れず。

サンサはそれよりも婚礼の儀でジョフリーに頭を下げてたと信用せず。※ブライエニーが后マージェリーに祝辞した際、横に新郎ジョフリー

ブライエニー、危険察しポドリックを連れ逃亡。
→途中、ポドリックの馬が別方向へ走り捕まるがブライエニーが救助。

ブライエニーリトルフィンガーを信用できず尾行。

サンサ・スターク周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark:東の道付近

●上ブライエニーの項参照。

ジョン・スノウ周辺 第998代ナイツウォッチ総帥

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow:壁-黒の城

ゲースロキャストicon|シリーン・バラシオン/Shireen Baratheonゲースロキャストicon|ジリ/Gillyゲースロキャストicon|セリース・バラシオン/Selyse Baratheon ゲースロキャストicon|スタニス・バラシオン/Stannis Baratheon ゲースロキャストicon|アリザー・ソーン/Alliser Thorneゲースロキャストicon|サムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストicon|メイスター・エイモン・ターガリエン/Maester Aemon
●黒の城にて
シリーンジリに文字の読み方教授中。ジリ、灰燐病グレイスケールシリーンを見て、妹二人が灰燐病で亡くなった逸話。
→母セリース野人に近づくなと命令。

スタニスジョンと会話。
七王国継承権第一位スタニスのボヤキ。
モーモント家に援軍を要請したところ、「自分の王はスタークだけ。」と10歳の当主に手紙で一蹴された。

今日は壁の総帥選挙。当確筆頭はアリザー・ソーン
スタニス自分に加勢ならウィンターフェル城城主ジョン・スタークにと約束。
→ナイツウォッチの誓いを立てたジョン、断るつもり。

●第998代目総帥選挙
候補者は、アリザー・ソーンデニス・マリスター影の塔シャドータワー指揮官。
→そこへサムウェルジョンを推薦。
→投票開始。結果はアリザージョンが同数。
→最後に学匠エイモンジョンに投票。

⇒第998代目壁総帥ジョン・スノウ誕生。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ モーモント家の当主は誰

モーモント家は熊の島を与るスターク家の旗手。

直系は壁の元総帥ジオー・モーモント、跡継ぎはジョラー

ジオーは後継を譲った後、壁の総帥へ。ジョラーは、浪費家妻の尻拭いで破滅→エッソスへ逃亡→デナーリスの女王の盾→スパイ活動ばれ追放。

当のモーモント家ジオーの妹が守り、現在はその娘リアナ・モーモント(10歳)が当主。なのでジョラーの従兄弟。

トアマンド周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconトアマンド/Tormund:壁-黒の城の牢屋

●出番なし。

デナーリス・ターガリエン周辺 処刑するしかない元奴隷

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:ミーリーン

ゲースロキャストicon|ダーリオ・ナハーリス/Daario Naharisゲースロキャストicon|グレイワーム/Grey Worm ゲースロキャストicon|バリスタン・セルミー/Barristan Selmyゲースロキャストicon|モサドール/Mossadorミーリーンの元奴隷デナーリス参謀ゲースロキャストicon|ヒズダール・ゾ・ロラク/Hizdahr zo Loraqミーリーン偉大なる親方
●ミーリーン街中
ダーリオ・ナハーリスグレイワーム次子穢れなき軍団の違いを説明。
○街中でスパイ活動→事情知る者拷問→犯人を特定。
捜査し、発見→犯人捕獲。

●ピラミッド会議場
犯人ハーピーの息子たちは元奴隷でも元親方でもなかった。
・女王の盾バリスタン「公正な裁判を。」
・元奴隷モサドール「慈悲や公正な裁判に意味なし。」
・元親方ヒズダール「犯人が奴隷制復活望む理由分からない。」
バリスタン狂王の逸話でデナーリス説得。

●ミーリーン牢獄
元奴隷モサドールが勝手に犯人を処刑→デナーリス怒る。

●公開処刑場
デナーリス、元奴隷モサドールを処刑→元奴隷vs元親方の戦闘発生→混乱。

●ピラミッドの一郭
行方不明だった一番大きなドラゴン”ドロゴン”、帰還。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ モサドールとは何ヤツ?

モサドールゲースロキャストiconモサドール/Mossadorミーリーンの元奴隷デナーリス参謀は、ミーリーンで革命を起こした元奴隷。

デナーリスのミーリーン攻略の際、命を受けたグレイワームがピラミッドに侵入→武器を渡し革命を説得しておりました。そのときに居た一人。

革命成功後、参謀となっていたようです。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ 奴隷解放者デナーリスへの難問

当然モサドールデナーリス統治のため良かれと思い行動。が、統治者の立場上許すわけにいかず。

原始の世界での奴隷解放を描く『ゲーム・オブ・スローンズ』。教育など無縁な元奴隷に断罪を与えざるを得ないデナーリス。これは難問。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ ゲースロデータベース“まぐわう”

ダーリオ・ナハーリスが次子セカンドサンズと穢れなき軍団アンサリードの違いを説明するくだり。動詞「まぐわう」が登場しております。

記憶に留めておきましょう。

アリア・スターク周辺 無視されるヴァラー・モルグリス

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:ブレーヴォス

ゲースロキャストicon|ジャクェン・フ=ガー/Jaqen H'ghar
●ブレーヴォス到着
水に囲まれたブレーヴォス門前にはタイタン像。

ジャクェン・フ=ガーの根城”黒と白の館”前に到着。
 船員「ヴァラー・モルグリス。」
 アリア「ヴァラー・ドヘリス。」

ノックし、出てきたへの字口男に、
 アリア「ヴァラー・モルグリス。」
 への字口男「…。(無視)

→あっけにとられ、その館前で野宿。
→徹夜で『ぶっ殺すリスト』復唱。
→翌朝、コインを目前の海に捨て立ち去る。

●ブレーヴォス街中
アリア、再度への字口男に遭遇し黒と白の塔へ連れて行かれる。
→捨てたコイン渡される。正体はジャクェン・フ=ガー
→が、「自分はジャクェンではない。誰でもない者。」

何言ってんだコイツ。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ 『絶対にぶっ殺すリスト』バージョンアップ

V1.5.2サーセイウォルダー・フレイマウンテンマリーン・トラント(5回ループ)

置き去りにしたハウンドは死んだと扱ってる模様。タイウィンの死は騒ぎが伝わったのかな。

それにしても激動の人生を歩むアリアちゃん、ほとんど寝てないのかも。子供は寝ないと。

シオン・グレイジョイ周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy:要塞ケイリン内

●出番なし。

登場人物情報 シーズン5エピソード2

初登場の人物 シーズン5エピソード2

ゲースロキャストiconドーラン・マーテル/Doran Martellマーテル家当主
ドーラン・マーテル

散った人物 シーズン5エピソード2

ゲースロキャストiconモサドール/Mossadorミーリーンの元奴隷デナーリス参謀ミーリーンで革命を起こした元奴隷
モサドール

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン5エピソード2

エピソードタイトルは『黒と白の館』。アリアが到達したブレーヴォスのジャクェン・フ=ガーの根城。

来いと言ってたくせに門前払い。何と勝手なヤツ。

アリアの真剣度を確認した、それともまたミステリアスな雰囲気で格好付けようとした、どちらでしょう。

王都に動きがありました。

サーセイの元にドーンから脅迫状。真・父親ジェイミーが動きます。頼ったのはの親友ブロン

嫌われキャラでもないのに、ブロンに不運が起きると何故か笑ってしまいます。

演じるジェローム・フリンも頭部が結構来てるので、ブルース・ウィリスのように開き直って二代目ジョン・マクレーン襲名に期待。合うと思う。

また小評議会がサーセイの思い通りに動かず。親族が言うことを聞いてくれません。困りましたサーセイ

いよいよマーテル家が前面に登場。ドーン文化は一風変わって画面が新鮮。でもエラリアがいかれた女に変貌しております。

デナーリスの抱えた問題は何者かによるゲリラ活動。元親方vs元奴隷の確執がありますが、その爆弾の導火線とならなければよいのですが。

ジョン・スノウはなんと壁の総帥に。学匠エイモンジョンを高く評価してたようです。

しかしブライエニー、ことごとく信用されません。

因みに、スタニスを手紙で一蹴したリアナ・モーモント。個人的にはこのクソガキが玉座に座るのではないかと睨んでいます。後に登場します。

今回もブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngが登場してないのはお気付きですか。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました