ゲームオブスローンズ|シーズン8予想するより“運命”に着目

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

ゲーム・オブ・スローンズ』は歴史ファンタジードラマ。不思議な魔法が登場し物語が動くきっかけになること多数。

魔法ですから当然何でもアリ。完結章シーズン8はどうなるのかな?と考えたりもしましたが、それは意味なし。

それより運命的なものは何?と、化けモンと人間それぞれ洗い出し。説明足らずの不親切なドラマなので特に魔法が分からないのですが、何となく書き留めました。

何も結論はありません。

シーズン6、7のネタバレを含みます。


化けモンの運命

ゲーム・オブ・スローンズの魔法
1ドラゴン現実に見える飛竜。炎を吐く。
デナーリスゲースロキャストicon|デナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen
2亡者森の子らによる亡者ワイト(ガイコツや死者)を操る能力。
ホワイトウォーカー夜の王
3緑視力狼潜り、鴉潜りと呼ばれ、動物に乗り移り見聞・操作できる能力。
ブリンデン・リヴァーズ三つ目の鴉ゲースロキャストicon三つ目の鴉/Three-Eyed Ravenブランゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkジョジェンゲースロキャストiconジョジェン・リード/Jojen Reed
4光の王光の王信奉者による妖術。炎の中から予言、呪い、死者の復活。
メリサンドルゲースロキャストicon|メリサンドル/Melisandreミアのソロスゲースロキャストiconミアのソロス/Thoros of Myr
ベリック・ドンダリオンゲースロキャストiconベリック・ドンダリオン/Beric Dondarrionジョン・スノウゲースロキャストicon|ジョン・スノウ/Jon Snowスタニスゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonはメガネ違い。

ホワイトウォーカーに関して詳しいことは不明ですが、分かってることを列挙すると、

森の子ら最初の人々に対抗するため人間をドラゴングラスのようなもので刺し、ホワイトウォーカー作成。それを制御できず共闘→壁を建造。
●対ホワイトウォーカー用の武器は、ヴァリリア鋼かドラゴングラス(黒曜石)
●ホワイトウォーカーが操る亡者たちは、さらに炎が効く。

死者を転生、生と死を行き来させるのがドラゴングラスでしょうか?生から死へ追い出すのがドラゴン。または、死者を地獄へ送り返すのがドラゴン

また、ウィンターフェル城の学匠ルーウィンゲースロキャストicon学匠ルーウィン/Luwinは「ドラゴン、巨人族が消え、魔法は消えた。」とブランの言う緑視力を否定しておりました。

でもデナーリスの元でドラゴンが復活し赤い彗星→魔法も復活。実際デナーリスもクァースで黒魔法に襲われました。

結局、ブラン君は緑視力を習得。

ドラゴンに対抗するものとしての緑視力と思ってましたが、ブランの行動は対亡者ホワイトウォーカー。

最初に見える構図は、2番亡者 対 1番ドラゴン+3番緑視力

謎だらけが4番光の王
メリサンドルジョンの誘惑に失敗し“You know nothing,Jon Snow.
○ミーリーンに呼ばれた赤の祭司はヴァリスの過去をすべて言い当てる。

上記は緑視力を髣髴とさせる能力。更にミアのソロスの炎の剣から炎→ドラゴンを連想。復活の術は亡者とも取れるので呪い+魔法全部入りな存在。

気になるのはこれまで一切描写の無い都市ミア。“ミアのソロス”などと人名にまで使う都市なのに一切触れません。

ミアに関わることが判明してるのは、ミアのソロスヴァリス怪しいメリサンドルは“アッシャイの赤の祭司”と呼ばれてるので異なる。関係ないがシェイも不明。

アッシャイ…クァースより更に遥か東の沿岸の都市。

赤の祭司はヴォランティスで演説をしてた一人と、ミーリーンに呼ばれた一人…。

でも、メリサンドルも五王の戦いは無意味とスタニスを北へ向かわせたし、ミアのソロスも向かいました。

まとめると、2番亡者 対 1番ドラゴン+3番緑視力+4番光の王

書き出してはみたものの何か言えることは、
最初の人々なる人間がいたずらっ子森の子らにちょっかい出したので、結果起きたトラブルを神も含めた後世が後始末するの巻。」
でしょうか。

うーん、わからん

プチ化けモンの運命

奴隷商人湾を形成するヴァリリア半島。そこにあるのは古代ヴァリリア帝国の首都ヴァリリア。

周囲は奴隷制を敷く都市ミーリーン、ユンカイ、アスタポア、ヴォランティス。

地図はこちら→各地名をサラッと解説

奴隷が作った文化「ヴァラー・モルグリス」はブレーヴォスにまで伝わり、暗殺術、暗殺集団“顔の無いものゲースロキャストiconジャクェン・フ=ガー/Jaqen H'gharを形成。

アリアゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkがこの流れを受け継ぐ。

運命的に考えると、対抗するのは上の化けモンたちではなく“支配者”か。絶対にブチ殺してやるリストにある名は、マウンテン女王

人間の運命

“運命”をキーワードにシーズン8に登場するであろう人物をまとめてみました。

ゲーム・オブ・スローンズの登場人物の運命
1ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterティリオン差別を恨み、生まれに依存しない世にしてみようかと試すティリオン。拉致はされるもデナーリスに到達する運命。
拉致被害中、常に第三者谷間の蛮族、石化人)に襲撃され、縛られてる腕を「ほどいてくれ」と頼むのは小人症の運命。
2ゲースロキャストiconヴァリス/Varysヴァリス民を思い、ターガリエン王家復興を目指すヴァリスデナーリスの元へティリオンを導く運命。が、妖術を恨んでるのにドラゴンはいいのか。
3ゲースロキャストiconジョラー・モーモント/Jorah Mormontジョラー長い鉤爪ロングクロウジョンに譲り完全にモーモント家から身を引いたジョラー
何にせよ選んだのはデナーリスに骨まで尽くす運命。
4ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkサンササーセイ憎しのサンサアリアブランと群れを成すのが運命。遠く離れた故郷に引き篭もり対ホワイトウォーカー。
5ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyシオン後悔の念しかないシオンヤーラの元へ。海賊か、スタークか、迷い続けるのが運命。
6ゲースロキャストiconサンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeハウンドドラマでは悪モンの命令に従ってただけのハウンド。強盗はするもアリアに触れ何かに目覚めました。文言は暗記できずとも死者を追悼しようとし、仇敵である炎も見つめて己の運命を悟りました。
でも、絶対許すまじは兄マウンテン
7ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyサムウェル心臓裂きハーツペインを受け継ぐ運命のサムウェル
軍事大家ターリー家を復興すべきだが展望見えず。を守るスターク家のようにホーンヒルで知識の城シタデルの監督役を命じられるかも。
8ゲースロキャストiconトアマンド/Tormundトアマンド細けーことはよくワカラン。でっけーのをモノにするためブライエニーを見つめる運命。
9ゲースロキャストiconダヴォス・シーワース/Davos Seaworthダヴォス老巧なのに誰も話を聞かないのは蚤のたまり場出身の運命。話を聞いたのは鉄の銀行とリアナ・モーモント。確かな人を説得できるのはさすが。
でも、同じ出身のジェンドリーは頭から聞く気なし。
10ゲースロキャストiconジェンドリー/Gendryジェンドリーラニスター憎しなとこから前ロバート王の子であることを意識してる模様。
スタークポドリックに見えてしまうのは脇役の運命か。よく考えたら本物もスターク家に居るんだった。
11ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthブライエニー誓いを守り自身の正義を貫く人ブライエニー。やはり運命はサンサアリア
12ゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannisterジェイミー誓約破りの事情、世から蔑視された経緯から“誓いは実現不可な無理難題”と軽口を叩き続けたジェイミーブライエニーに感化され軌道修正してきました。
行く先は…、ブライエニーでしょうなぁ。他に行く当て無いし。でもそこは宿敵スターク家。一悶着ありそう。トアマンドと悶着あってもそれは運命とは無関係。
13ゲースロキャストiconユーロン・グレイジョイ/Euron Greyjoyユーロンユーロンは私と同じくサーセイ推し。無責任男の運命。
14ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesの登場人物と相関を似顔絵で覚えて楽しむ方法-サーセイ・バラシオン/Cersei Lannister Baratheon演じる女優レナ・へディ/Lena Headeyサーセイ幼少期に聞いた魔女の予言がことごとく当たるサーセイ
マウンテンロボクァイバーンを使いこなし後継確保なるでしょうか。最強の味方は鉄の銀行。必死に運命に抗います。

ゲーム・オブ・スローンズの運命

この『ゲーム・オブ・スローンズ』は大波乱、主役級の死亡、つまり予想外が運命。

主役級を死亡予想しやすい順で並べると、

ゲーム・オブ・スローンズ死亡確率
1ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesの登場人物と相関を似顔絵で覚えて楽しむ方法-サーセイ・バラシオン/Cersei Lannister Baratheon演じる女優レナ・へディ/Lena Headeyサーセイ
2ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterティリオン
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkアリア
ゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkブラン
5ゲースロキャストicon|ジョン・スノウ/Jon Snowジョン・スノウ
6ゲースロキャストicon|デナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenデナーリス

ブランは既に色んな意味でブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngに非ず。アリアは中身が入れ替わってそうだが、それは動機が無いので陳腐過ぎ。ジョン・スノウは既出。

予想できないとすればデナーリスの死亡。髪の毛すら燃えない&北方上空の寒気団にもびくともしないので。手綱なしでも振り落とされないし。

この投稿のテーマ“運命”で考えれば、デナーリスでなくジョン・スノウがホワイトウォーカー討伐の宿命を果たし命を落とすのが話としては綺麗だけど。

そもそもデナーリスゲースロキャストicon|デナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenって何モンなのよ。一視聴者の単なる予想ですが、恐らくワキ毛も燃えてません。

「死亡予想できない→死亡」も予想外。「死亡予想できる→死亡せず完結」も予想外。

となるとサーセイゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesの登場人物と相関を似顔絵で覚えて楽しむ方法-サーセイ・バラシオン/Cersei Lannister Baratheon演じる女優レナ・へディ/Lena Headey

後継確保するも何処かに幽閉→が、幸せに、という線も。ブログ上で散々大好きと書き続けましたが、感じるのは「わりとどうでもいい。」

そういえばデナーリスが北部に向かうとのこと。ついでに是非ブラン君のドラゴン潜りを見せて頂きたい。

また、『ゲーム・オブ・スローンズ』は大量の登場人物が登場し、ほとんどが死亡する運命。

長期間登場してない→死亡じゃなかったっけ?→突然現れ「生きてたんかい、我!」となること多し。

例えば、ハウンドゲースロキャストiconサンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeベンジェンゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Starkジョラーゲースロキャストiconジョラー・モーモント/Jorah Mormontホットパイゲースロキャストiconホットパイ/Hot Pieジェンドリーもその一種。

そういった人物を挙げると、
ダーリオ・ナハーリスゲースロキャストiconダーリオ・ナハーリス/Daario Naharis は生存。

デナーリスの命を受けミーリーンを守っています。サーセイが鉄の銀行経由でエッソスの黄金兵団を使いそうですが、対抗馬として再登場あるでしょうか。

海賊サラドール・サーンゲースロキャストicon海賊サラドール・サーン/Salladhor Saanも恐らく生存。

再度ダヴォスに勧誘され「サーセイとまぐわせろ」条件の発動希望。畏れ多くもデナーリス指名したり。私ならミッサンディゲースロキャストiconミッサンデイ/Missandei指名するけど。

ザロ・ゾアン・ダクソスゲースロキャストiconザロ・ゾアン・ダクソス/Xaro Xhoan Daxosも生存。終身刑ですが。食料与えられてないか。

やたら存在感あったのにすぐ亡者となった、堅牢な家での女リーダーカーシゲースロキャストicon|野人女族長カーシ/Karsiも気になります。船に乗せた子供は逃げ切ったはず。話に関連してくるかな?

ラストゲースロキャストiconラスト/Rastもホワイトウォーカーに襲われましたが、死亡確実かは不明。訂正)大狼にやられたのかも。一瞬の出来事なので詳細不明。

長々と書きましたが、ここまで読んでもらって何も無しはなんなので、シーズン8の予想を。

エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkのヴァリリア鋼から作られた二本の剣。

ブライエニーが命名した誓約を果たすものオウスキーパージョフリーゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonの何度聞いても覚えられない“ウィドウズ・ウェイル”。

アリアにはニードル+顔があるので、オウスキーパーサンサを守る剣。

アリアと持ってても使えないジェイミーウィドウズ・ウェイルを「そんなモン要らん」と押し付け合う。

こう予想しておきます。

物理的には神聖なるエダードの剣を鋳直した品。単なる物質ですが所有した人物って大事です。

ヴァリリア鋼 切った相手は 書物だけ

因みに、一番の功労者なのに唯一借りを返してもらえないブロンゲースロキャストiconブロン/Bronnが一人だけサーセイの元に置き去りなのが笑えます。

中の俳優ジェローム・フリンはサーセイ演じるレナ・ヘディと何だか深い関係らしいですが、これもまた運命か。

待ちきれないシーズン8ですが、準備万端にして待つしかありません。視聴準備情報はこちら。飛びつけるように準備しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました