王都駐在イケメン花の騎士ロラスタイレル|脇役で理解するゲームオブスローンズ

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。右上メニュー内、ブログ下部に簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

脇役で理解するゲームオブスローンズ。今回は王都キングスランディング駐在のイケメンロラス・タイレル

シーズン3までのネタバレを含みます。


意外と覚えにくい王都のイケメン~ロラス

ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ロラス・タイレル/Loras Tyrell演じる俳優フィン・ジョーンズ/Terence Finn Jones。花の騎士/Knight fo Flower|イラストカリカチュア花の騎士:
タイレル家
俳優:
フィン・ジョーンズ
王の手エダードが到着した王都にて、就任記念の馬上槍大会。薔薇を携え白馬に乗って登場。お姫様サンサ・スターク好みの超絶美男子。

が、即座に少数派であること判明。ぐるみで王の末弟レンリー・バラシオンに取り入る腰巾着でした。

タイレル家のためにも自分のためにも愛するレンリーを持ち上げることに奔走します。

典型的で憶えやすい“花の騎士”ですが、タイレル家の人物はシーズン毎に小出しにされるので“家族構成”に関する情報は記憶修正しずらい存在。

ロラス・タイレルのキャスト情報

役名俳優名の英語日本語表記

ロラス・タイレルの俳優情報
英語日本語
役名Loras Tyrellロラス・タイレル
俳優Terence Finn Jonesフィン・ジョーンズ
テレンス・フィン・ジョーンズ

wikiを見ると『ゲームオブスローンズ』がデビュー作と言えるほど売り出し中て感じの経歴。いきなり万馬券当てたのかな。

フィン・ジョーンズSNS情報

フィン・ジョーンズの公開、関連情報
Instagram-フィン・ジョーンズのアカウント@finnjones
Facebook-フィン・ジョーンズのアカウント@finnjonesofficial

髭生やすとかなりイメージが異なる。また髪型が『Glee/グリー~踊る合唱部!?~』の“フィン”=フィン・ハドソンみたいな。“花の騎士”って感じではないな。

ロラス・タイレル似顔絵~眉毛が鋭くキリッとしつつへの字口が特徴

似顔絵で覚えるサイトなのでイラストでお顔の特徴。

眉間から先の尖った眉毛がキリッと吊り上がる。深い掘りの奥に目が隠れるイケメン。

目が丸くないわけでなく、彫りが深いためその下に隠れる。ロブ・スターク演じるリチャード・マッデンなんかもそう。

もう一つの大特徴はへの字口。ロラスはいじける場面が多く、唇両脇を下げた泣きっ面が多い。

また、イケメンにもかかわらず意外と顔が大きい。ジョン・スノウなどは頬~アゴにかけてすっきりしてるがそうでないタイプのイケメン。レオナルド・ディカプリオがそれ。

髭を生やすとイメージが全然異なるのは頬~アゴ部分の大きさが強調されるからかも。

花の騎士で理解するゲームオブスローンズ

ゲースロは典型的キャラで構成される生々しい急展開ドラマ

ゲームオブスローンズ』は古代の王政が舞台。登場するのは“騎士”という階級で呼ばれる兵士。

大男マウンテンに対峙したのはイカニモ王政時代の騎士って感じの薔薇を携えた美男子。登場済なのはぐうたら王口だけチキン王子王子甘やかし王后ドワーフ

いかにも西洋の典型的昔話みたいな。

まだ紹介も十分でないその段階で、リトルフィンガーレンリーの賭け開始。意味不明な会話直後のシーンで真相。レンリーロラスは生々しい秘密の関係でした。皆知ってる秘密ですが。

物語初っ端ではなかなか理解できませんが、ロラスレンリーを擁立するタイレル家の長男で、なおかつ、恋仲でした。

緒名家は横並びでなくそれぞれに歴史

覚えるためにどうしても“緒名家”を横並びにしてしまいますが、当然七王国それぞれに歴史が違います。

伝説の英雄を祖とするもの、裏切ってのし上がったもの、別家系に入れ替わったもの。

緒名家七王国
ターガリエン家300年前から全土を支配した王族。
スターク家伝説の英雄を祖とし、現在も続く名家。
バラシオン家伝説の英雄を祖とするが、ターガリエン側に乗っ取られた名家。
アリン家1000年以上前からその地を治める名家。
ラニスター家伝説の英雄を祖とし、現在も続く名家。
タリー家数百年前からその地を治める名家。
タイレル家伝説の英雄を祖とするガードナー家を見捨て、ターガリエン側に寝返った名家。
グレイジョイ家伝説の英雄を祖とし、現在もホソボソと続く名家。
マーテル家1000年前に移民が入り力を付け、形式上はターガリエンに完全支配されてない名家。※プリンス名乗ってる。

詳しくはこちら。

“現在”となるドラマの時代にはタイレル家は十二分な名家。また最も裕福な穀倉地帯リーチを与る金持ち。

ですが、“家の格”となると単なる新興貴族と見られる場合も。「軽んじられてる?」と感じたシーンを見たら上記の七王国歴史を思い出してみて下さい。

頑として受け入れない西太后を見かけるかも。

王都のイケメンは二人

ジョン・スノウロブ・スタークなど北部のイケメンは露出度も多く覚えやすいかと思いますが、王都のイケメンは露出度低し。

なので、見分けの付きにくいイケメンについてあらかじめ知っておくべきこと。

“王都のイケメンは二人”
  • ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ロラス・タイレル/Loras Tyrell演じる俳優フィン・ジョーンズ/Terence Finn Jones。花の騎士/Knight fo Flower|イラストカリカチュア花の騎士ロラス・タイレル
  • ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ランセル・ラニスター/Lancel Lannister演じる俳優ユージン・サイモン/Eugene Simon|GOTイラストサーセイ従兄弟ランセル・ラニスター

ここでは、ジェイミーゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister演じる俳優ニコライ・コスター=ワルドー/Nikolaj Coster-Waldau|GOTイラストはイケメンでなく“顔面ホームベース”として扱っておきます。

以下はシーズン3以降の注意点。

ロラスの妹マージェリーラニスター家出身のサーセイがゴチャゴチャ密に絡み合うのでイケメン整理のために。

イケメン整理用タイレル家ラニスター家メンバー
ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|マージェリー・タイレル/Margaery Tyrell演じる女優ナタリー・ドーマー/Natalie Dormer|GOTイラスト
マージェリーとの続柄
ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ロラス・タイレル/Loras Tyrell演じる俳優フィン・ジョーンズ/Terence Finn Jones。花の騎士/Knight fo Flower|イラストカリカチュアロラス
許嫁ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheon演じる俳優ジャック・グリーソン/Jack Gleeson|イラストカリカチュアジョフリー
ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|サーセイ・ラニスター/Cersei Lannister演じる女優レナ・ヘディ/Lena Headey|GOTイラスト
サーセイとの続柄
双子弟ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister演じる俳優ニコライ・コスター=ワルドー/Nikolaj Coster-Waldau|GOTイラストジェイミー
従兄弟ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ランセル・ラニスター/Lancel Lannister演じる俳優ユージン・サイモン/Eugene Simon|GOTイラストランセル
息子ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheon演じる俳優ジャック・グリーソン/Jack Gleeson|イラストカリカチュアジョフリー
無理強い許嫁ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ロラス・タイレル/Loras Tyrell演じる俳優フィン・ジョーンズ/Terence Finn Jones。花の騎士/Knight fo Flower|イラストカリカチュアロラス

よく考えれば王都のイケメンは二人とも歪んだ性行動を起こしています。

社会的にもなかなか理解・説明されずらい行動なので混乱の原因に。どっちも大金持ちだしそーいうシーンいっぱいあるし。

典型的な花の騎士が覚えやすいと思われるので、花の騎士と「もう一人、ラニスター家にイケメンが居る」と覚えるのが良いかと。

、本サイトではイケメン度合いを花の騎士<<ランセル・ラニスターとしております。理由は下。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方は“GOT解説”からどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました