ゲームオブスローンズ解説|シーズン2 エピソード1『王の乱立』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突

第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S2-01解説 S2-01関連動画

シーズン2エピソード1『王の乱立』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister王都到着。
ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkシオンキャトリンを同盟交渉に。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon初登場)ロバート王の弟が七神正教を捨て光の王信奉へ。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowクラスターの宿に到着。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen砂漠で瀕死状態。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark壁行きの隊へ。
前回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister王の手代理に。
ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark北の王に祭り上げられる。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowロブの助太刀に向かうが引き止められる。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenドラゴン誕生。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark壁行きの隊へ。
更に前

ティリオン・ラニスター周辺 王都の戦いとジョフリー制御できないサーセイに焦点

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister:主に王都内

ゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister ゲースロキャストiconパイセル/Pycelleゲースロキャストiconヴァリス/Varysゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger ゲースロキャストiconシェイ/Shae
●赤の王城ジョフリーの命名日
行事として決闘大会。ジョフリー、酔って試合に出ようとしたサー・ドントスを殺そうとする。
サンサ、助ける。
タイウィンの名代として王の手代理ティリオン到着。

●小評議会
出席者はサーセイパイセルヴァリスリトルフィンガーティリオン、王都の守人指揮官ジャノス・スリント。

ティリオン王の手代理として無駄に人質を減らすサーセイを追求。
ジェイミー捕虜なのに、エダード死、アリア逃、手元にはサンサのみ。

王の手の部屋(現ティリオン亭)にて
ティリオン、娼婦シェイに危険な王都で素性がばれないよう諭す。

●赤の王城内
サーセイリトルフィンガーに半ば脅して命令。
アリア捜索。ジョフリー制御できず減らした人質を取り戻すため。

●玉座の間
ジョフリー、模様替え中に母サーセイ来訪。
自分の父母の噂を聞いたと話。サーセイ「敵の流言飛語」と答えるが…。

リトルフィンガーの娼館
ロバート王の落とし子狩り開始。
→娼婦メーガンの赤子バルラ殺される。

●蚤の溜まり場
王都の守人指揮官ジャノスジェンドリーの居場所ばれる。
※現在、ジェンドリーアリアたちとへ向かってる最中。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ サーセイがナイフ突き付け脅し

ジェイミーを最も取り戻したいのは双子姉かつ愛人のサーセイ

リトルフィンガータリー家との過去を武器に服従させよう→逆にサーセイの秘密をチラつかせられます。

「チクるぞ?暴露するぞ?」が王都の戦い。

イライラ募るサーセイが小賢しいリトルフィンガーにヒステリー→身分の違いを見せ付けた、てところでしょうか。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ ティリオンの娼婦シェイ隠し

これも同じ理由。タイウィン公の命令に背いて連れて来た大切なシェイティリオンの弱み。「知られる」=「弱みを握られる」。

ロブ・スターク周辺 北の王始動し王位争奪戦勃発

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark:南へ進軍中の野営地

ゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister ゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy
●捕虜ジェイミーの檻
ロブジェイミー会話。
継承権を主張するロバート王の弟スタニスが、ジョフリージェイミーの子と吹聴してること伝わる。

●野営地
ロブジェイミーの従兄弟に和睦条件を言い渡し、サーセイへ送る。
 一.エダード、北の者の遺体の返還。
 一.サンサアリアの返還。
 一.北の王ロブ・スタークを認め、北の支配権を放棄。

シオン、船が必要→自身の実家グレイジョイ家へ交渉と主張。
キャトリンベイロン・グレイジョイは信用ならず」と反対。
→が、ロブシオンに親書預け派遣。

ロブ、下を命令。
・武術指南役ロドリックはウィンターフェル城へ帰還。
キャトリンレンリーとの同盟のため勅使としてストームズエンドへ。

解説ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark~ ロバート王の兄弟

長兄ロバート王、次兄スタニス、末弟レンリー。それぞれ互いに仲が悪いのです。

末弟レンリーは小評議会に出席してた法務大臣。花の騎士ロラス・タイレルと仲のよろしかったお方。

次兄スタニスは小評議会に出席義務もある海軍大臣。が、王都で出しゃばるラニスターを嫌い自身の城に帰っていました。本エピソードで初登場します。

ブラン・スターク周辺 野人女オシャの知識=ドラゴン

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Young:ウィンターフェル城

ゲースロキャストicon学匠ルーウィン/Luwin ゲースロキャストiconホーダー/Hodorゲースロキャストiconオシャ/Osha
城内大広間
十歳の城主ブラン、学匠ルーウィンと共に民衆の陳情対応。

●北の森
ブラン、従士ホーダー、野人女オシャと赤い彗星を見る。
→野人の知識を持つオシャドラゴンの復活を予想。

スタニス・バラシオン周辺 王位争奪戦一角は邪教に頼るロバート王の弟

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon:ドラゴンストーン城

ゲースロキャストiconダヴォス・シーワース/Davos Seaworthゲースロキャストiconメリサンドル/Melisandre
●ドラゴンストーン島
スタニス、赤の祭司メリサンドルの薦めに従い、七神正教光の王信仰へ鞍替えする宗教的儀式。

ドラゴンストーン城の学匠、参謀ダヴォス・シーワースに主君スタニスの乱心を止めるべきと苦言。

●ドラゴンストーン城内
スタニス、王位宣言文作成。

●城内
学匠、邪教に向かう主君を救うため、メリサンドルに毒。
メリサンドル、毒飲んでも平気な顔。

スタニスメリサンドルダヴォス・シーワースの人物紹介的内容。

解説ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon~ 突然登場したスタニス・バラシオン

ロバート王の弟で、レンリーの兄。王の手エダードロバート王危篤時に手紙を出してた相手です。

忠臣は居るが味方がおらず、何だか陰気な宗教に頼ろうとしています。七王国の後継者として名乗りを挙げているようです。

解説ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon~ 光の王の信仰について

ウェスタロスに広まる宗教は、
森の子らの影響で最初の人々が信奉した古の神々昔の神々て字幕の場合も。
〇数千年前に渡ったアンダル人が信奉する七神正教

古の神々の色を強く残すのはスタークグレイジョイ、他は七神正教

光の王を信仰するのはエッソス南方~東方で、その司祭は怪しげな妖術を使います。

ここでスタニス七神正教を捨てますが、バラシオン家は300年前のターガリエン来襲以降の家系。嵐の王の慣習を引き継いでたのかな。

ジョン・スノウ周辺 初登場した野人クラスターの不思議な常識

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow:壁北で捜索中

ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontゲースロキャストiconクラスター/Craster
●野人クラスターの宿
クラスターは自分の娘を妻として娶り→また娘を妻として…ループ。
上記を聞いたナイツウォッチがうえぇ…となる。

ナイツウォッチは宿を提供してもらう代わりに、鉄、ワインを供給。

●屋内
総帥ジオーと野人クラスターの会話
総帥ジオー、以下を聞く。
・野人を統率するマンス・レイダーの話。
・捜索対象ベンジェン・スタークは三年間見てない。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ 壁北の野人が初登場

野人とは壁より北に住む蛮族。ナイツウォッチはこの野人らから壁南を守っています。

家族毎と言ってもいい程少数で生活。が、何かが理由でその部族らをまとめてるリーダーが存在とのこと。

総帥ジオーはその“マンス・レイダー”を裏切り者、反逆者と表現。ナイツウォッチ脱走者のようです。

デナーリス・ターガリエン周辺 ドラゴン得たのに砂漠で放浪

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:エッソス大陸奥地を放浪中

ゲースロキャストiconジョラー・モーモント/Jorah Mormont
●砂漠
デナーリス、未成長のドラゴンジョラー、引き連れた少人数の民と共に砂漠=赤の荒野を放浪中。

ドロゴから贈られた白馬も死に、路頭に迷う。

●砂漠
デナーリス、荒野の果てに受け入れ先ないか部下に探しに行かせる。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ ドラゴンの母がなぜか放浪

絶滅したと言われるドラゴンは世界制覇実現可能な宝。が、ドラゴンは未成長。

その宝を守る武力を持たずに町や城に近づけば奪われるだけ→デナーリスは何処にも近づけず放浪するしかなかったようです。

デナーリスの現在位置は“赤の荒野レッド・ウェイスト”と呼ばれる砂漠。夫カール・ドロゴ失いドラゴンを得たのが赤×印付近と思われます。

ゲームオブスローンズ解説|シーズン2エピソード1デナーリスの現在位置ドラゴン得たのに砂漠で放浪

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ デナーリスこれまでの経緯

ウェスタロス侵攻を夫ドロゴにお願い。
→軍艦得るため略奪。
デナーリス自身が制止。
→部下の反抗。
ドロゴ死亡。
→未成長のドラゴン得る。
→現在の瀕死状態へ。

登場人物情報 シーズン2エピソード1

初登場の人物 シーズン2エピソード1

ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonロバート王の弟
スタニス・バラシオン
ゲースロキャストiconメリサンドル/Melisandre赤の祭司
メリサンドル
ゲースロキャストiconダヴォス・シーワース/Davos Seaworth玉葱の騎士
ダヴォス・シーワース
ゲースロキャストiconマットス・シーワース/Matthos Seaworthダヴォスの息子
マットス・シーワース
ゲースロキャストiconクラスター/Craster野人
クラスター
ゲースロキャストiconジリ/Gilly野人クラスターの娘、かつ、妻
ジリ
道化にされた騎士
ドントス・ホラード

散った人物 シーズン2エピソード1

なしなし

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン2エピソード1

エピソードタイトルは『王の乱立』。王位継承権を主張する勢力が登場。

シーズンが新しくなり目新しい人物が登場しますがまだまだ序盤。導入部分だと思った方がいいかも。このドラマ異常なんです。

また、シーズン1のラストで伝説のドラゴンが復活しました。ファンタジーです。

本エピソードでは別要素、スタニスの参謀“赤の祭司”メリサンドルが登場。毒を飲んでも無傷。魔女といった感じですがこの方もファンタジーでしょうか。

各人物の動きは、

ティリオンが王の手代理。
ジョフリーが王となり暴走開始。
ロブラニスター戦に奮闘。王后に向かい独立宣言。
○半身不随の10歳ブランが留守番城主。
スタニスが王位争奪戦の一角。
ジョン・スノウが初めて野人と顔合わせ。
デナーリスが何故か瀕死の状態。

この王位争奪戦をタイウィン公が後に「五王の戦い」と名付けます。ジョフリースタニスレンリーロブ・スターク、もう一人は誰でしょうか。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました