ウェスタロスの英雄とアンダル人来襲による百王国時代

本ブログでは各緒名家に関連の名称を下色使いで強調、右下メニューとブログ下部に簡易地図。重要事項は赤いネタバレスイッチ内。押すと中が表示されます。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家
訂正GOTの時代設定がリアル人類史でいつ頃相当かは“不明”。訂正記事|紀元前B.Cと紀元後A.D.の略表記勘違いしてた

ポク太郎です。

架空の大陸に1万年の歴史を創作した『ゲーム・オブ・スローンズ』。

よく分からん七王国の紀元、その世界観、“口伝伝承”を理由に都合よく“不明”とする歴史ファンタジー。

“百の王国が存在した”とされるウェスタロスですが、七王国として成立するまでの変遷を年表のように整理してみます。


現在の七王国の元となる大家の祖先~英雄時代まで

ウェスタロスに文字が入り込んだのは6000年前と言われるアンダル人来襲以降。それまでの英雄時代The Age of Heroes以前、存在したのは墓石に使うルーン文字位で歴史はすべて“口伝伝承”。

原作者曰く「だから不正確です。」

12,000年前~

1万2000年前に侵入し森の子ら巨人族と戦争、英雄時代の伝説を作ったのが青銅器を用いる最初の人々

現在ステップストーンと呼ばれる飛び石状態でエッソスと繋がるドーンから侵入。戦闘の末、殲滅までを望まなかった最初の人々森の子らと和平協定。

ウェスタロス大陸に初めて人類が居住することになりました。

8,000年前~

森の子らと和平を結んだ最初の人々が世を作り始め、英雄時代へと移り変わります。

この時代に100年間冬が続いたとされる“長い夜”が存在し、ホワイトウォーカー来襲→北限へ追い返すという大事件が起きました。

英雄時代の伝説
ブランドン建設王森の子ら巨人族の力を借り壁を建造。
ナイツウォッチ創設。
ウィンターフェル城建造し、初代北の王
ガース・ガードナー伝説の庭師。肥沃な大地を求めリーチへ。
ハイガーデン城建造し多数の子孫。
ラン利発王キャスタリーロックキャスタリー家から騙し取る。
その後子孫がラニスター家として岩の王へ。
デュラン・ゴッズグリーフ神の娘を娶り人間に。怒った神が嵐を起こし何度も城を破壊。
その嵐に耐え打ち勝った城ストームズエンド城を建造。
嵐の王の家系デュランドン家創設。
グレイ・キング鉄諸島統一。
伝説の海竜ナーガ倒し、人魚を娶る。
グレイ・キングの息子らが“キングス・ムートKingsmoot”なる選王会議で王を選ぶ風習を確立。

この英雄時代から存在する家系が⑥北部の嫌われ者ボルトン家、⑦最後の炉端城アンバー家、⑧熊の島モーモント家、➈後にハレン暗黒王輩出するホアレ家、⑩知識の城のハイタワー家

ボルトン家は“長き夜”終焉直後にスターク家と即戦争。アンダル人来襲前まで戦争し、結局ボルトン王が跪いてスターク家が北部の頂点へ。

⑦⑧北部平定を目指すスターク家アンバー家なども合流、地峡ネックの王と戦争・娘を娶り地峡併合、レスリングの試合でホアレ家鉄諸島へ追い返しモーモント家に統治権。

ホアレ家は熊の島~アーバー島までウェスタロス西海岸沿岸部を席巻。でもスターク家ラニスター家ガードナー家が中央集権化→何千年掛けて鉄諸島に追い返される。

ハイタワー家はオールドタウンをウェスタロス最大の街にし、メイスターズ騎士団を全国に学匠として派遣。知識の城シタデルが世界最大の学問所に。後にガードナー家リーチ王国が吸収。

混血だらけになったウェスタロス~アンダル人来襲

上記がアンダル人来襲The Andal Invasion前までとして伝わるウェスタロスの歴史。

その後6,000年前にペントス付近アンダロスの地から文字・鉄文化を持つアンダル人が狭い海→アリンの谷間へ侵入。地峡以南の地域を蹂躙・征服、以北は要塞ケイリンで北の王が撃退。

ここからは伝わった文字による記録。でもそれは勝者側が自分の都合に合わせて行った記録。

原作者曰く「だから不正確です。」

ゲームオブスローンズ地図-略してゲースロGOTマップ-ウェスタロスの都市、城名、地名、各諸名家領地、勢力図-地理を予備知識事前情報として

6,000年前~

最も蹂躙されたのは侵入口ヴェイル。征服した側はアリン家アリンの谷間と呼ばれるように。ティリオンを襲い金に釣られた蛮族月の兄弟族画犬族石烏族などが蹂躙された先住民。

当然ウェスタロス西部への到達には時間が掛かり、その間に岩の王国リーチ王国アンダル人と婚姻し懐柔→東部にできたアンダル人国家を逆に撃退するなんてことも。

4,000年前~

長期間各地で戦争・服従結婚を繰り返した結果、アンダル人との混血だらけとなり“アンダル人来襲”とは捉えられなく。

因みにアンダル人鉄諸島に到達したのはその頃。攻め込んだものの結果土着し、鉄諸島も混血だらけに。

1,000年前~

1,300年前~1,000年前の時期は上で名前が挙がる大きなのが目立つだけで、七王国でなく小国が多数乱立してた時代。

これ以降に組織化・中央集権化し、周囲の小国を飲み込み七王国へとまとまっていくらしい。

当然国境では小競り合い北部vsヴェイルリーチvsドーンなど。

一つ大きなのはエッソス大陸の大河ロイン川周辺から渡来してきたロイン人。女王戦士ナイメリア古代ヴァリリア帝国のドラゴンに勝てないことを悟り民族ごと避難しました。

ナイメリアモース・マーテルと結婚し、ドーン支配に尽力→マーテル家ドーン全域を初支配しドーン公国へ。

700年前~

700年位前になっても相変わらずはボルトン家。何度も何度もスターク家が鎮圧→領地没収し北の王の弟カーリン・スタークに。

カースターク家=分家カースターク家誕生。領地はカーの保持する地=カーホールド

この辺りで嵐の王デュランドン家リヴァーランドを征服しやっと七つの王国へ。

600~300年前

七つの王国に集約された後の出来事は以下表。

七王国成立後のウェスタロスの様子
600年前トライデント河の支流グリーンフォーク上に双子城の建造を始めたフレイ家が登場。
500年前エッソス古代ヴァリリア帝国の名門ターガリエン家がブラックウォーター湾内ドラゴンストーン島にドラゴンストーン城建造。
360年前またホアレ家鉄諸島から来襲。今度は神の目にまで到達するほど内陸までリヴァーランドに侵入→ハレンの巨城建設着手。

300年前

ここで有名な征服戦争。ドラゴンストーン城で力を蓄えたターガリエン家ハレンの巨城完成日に攻め込みドラゴンで粉砕。

各地を降伏させ、その2年後にエイゴン征服年として紀元年(これ以前の暦はBC、これ以降はAC)が定められました。

七王国は解体され、ターガリエン家が統一王となることに。

コッチではあー言い伝えられ、アッチではこー言い伝えられる。理由付けは“口伝伝承だから”。更には文字での記録は“勝者側の記録だから不正確”。

例えば初代北の王とされるブランドン建設王

別の言い伝えでは“長き夜終焉直後のボルトン王を服従させた後、徐々に支配力を強め、やがてスターク家北の王という称号を手に入れることになる。”とあったり。

人類史なんて原作者の言う通り全部不正確。だから確かに事実っぽい作り方。

その事実っぽい創作の歴史でリアル感を出すのが『ゲーム・オブ・スローンズ』。

でも前日譚『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』で主人公扱いであろうレイニラ王女ハウスオブドラゴン/The House of Dragon-HODほぼ主役に抜擢|王女レイニラ・ターガリエン/Rhaenyra Targaryen演じる女優エマ・ダーシー/Emma D’Arcy|似顔絵イラストカリカチュア。調べると分かりますが弟、息子、孫の名前が全部同名“エイゴン”。

いくらなんでもそれは事実ではあり得ないだろう。ねぇちょっとジョージ・R・R・マーティンさん?

コメント

タイトルとURLをコピーしました