ハウンドレビュー|道理知るだけの非悪人?|サンダークレゲイン一人だけあらすじ

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

差別・偏見当たり前、身分制度も当たり前な古代の物語『ゲームオブスローンズ』。物がない世界で身分もない汚らしい人物は世界観を伝える重要なポジション。

火の粉が降りかかる人生を送った人気者ハウンド一人に注目してみます。

シーズン8までの全ネタバレを含みます。ほぼ主役の子供に関連の強い人物ですので特にネタバレご注意下さい。


ゲームオブスローンズ悲劇の人気者:護衛ハウンド

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane(Hound)演じる俳優ロリー・マッキャン/Rory McCann|GOTイラストジョフリー王子の護衛:
サンダー・クレゲイン
通称“猟犬ハウンド
俳優:
ロリー・マッキャン
クレゲイン家の次男。七王国を代表する大男マウンテンの弟。

幼少期の事件により右頭が焼けただれる。そのため火を怖がる。“ハウンド”はそこからくるのかも。

醜いもの=悪いもの。公然と差別対象にされる古代、悪者扱い、犯人扱い。善人であるが故に思い悩み、まさに火の粉が降りかかる人生を歩んだ一番の被害者。

ロリー・マッキャン俳優情報

配役、俳優名の英語・日本語表記

ロリー・マッキャンの俳優情報
英語日本語
役名Sandor Clegane “Hound”サンダー・クレゲインハウンド
俳優Rory McCannロリー・マッキャン

スコットランドの俳優さん。『タイタンの戦い2010年リメイクベロ役で登場とのこと。

ダヴォス・シーワース役のリアム・カニンガムソロン役で。確認してみたがダヴォスしか発見できず。

ロリー・マッキャンSNS情報

ロリー・マッキャンの公開、関連情報
ロリー・マッキャンのFacebook@IamRoryMcCann

汚らしい人気者ハウンド似顔絵

似顔絵で覚えるサイトなのでイラストでお顔の特徴。

右頭の焼け跡は置いといて、特徴的なのはやはりイカツイ眉毛。眉間側が深く目元に入りイカツイお顔。それを和らげるのが焦げてしまった右眉。

またほうれい線がキツく、その線に囲まれた口元が存在感大。ブルドッグのような。恐らくヒゲもその存在感の強調に利用してるものと思われる。

顔の特徴ではないがスマートな動作をしない。起立はただの棒立ち、徒歩は足を前後に動かすだけ。ポーズを決める仕草が全くないのが特徴。

他の映画でまだ見かけてないので、それが演技なのか、ロリー・マッキャンそのものなのかは不明。何にせよ、番組内ではそれがハウンドの人柄として映る。

ハウンド一人に注目した全シーズンあらすじ

シーズン1 ハウンドあらすじ

シーズン1登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

ハウンドの初登場はシーズン1第一話。ロバート王の行幸に随行したウィンターフェル城でした。

ピューマの兜を被りへ到着。その行軍を目を輝かせ見物するのはスターク家のやんちゃ娘アリア・スターク。ヘルメット装着でのお出迎えでした。

そこで起きたのはスターク家次男の悲劇。搭登りが得意なブランが転落→意識不明。

七王国の王子として見舞えと説教する叔父ティリオンとそんな小僧知るかと言い放つ王子ジョフリーティリオンが殴りつけるも効果なし。

傍らで見ていたのがハウンドことサンダー・クレゲイン。幼稚なジョフリー王子の護衛のようです。

ロバート王行幸の目的はエダード・スタークへの王の手就任依頼。了解を得て王都へ戻ります。

その帰路に一悶着。

ジョフリー王子アリアにちょっかい→大狼ナイメリアに噛まれ怪我。子供のケンカも裁けないロバート王

結果、アリアの親友マイカーが処刑。その執行人がハウンドでした。

王都へ到着しハウンドの逸話も語られます。馬上槍大会にて、事情通リトルフィンガースターク家長女サンサに右頭の秘密。

ハウンドの兄はマウンテンと呼ばれる大男グレガー・クレゲイン。幼少期にマウンテンのおもちゃで遊んでたハウンドの頭を暖炉へ。」

HBOドラマでは語られませんが、クレゲイン家ラニスター家の旗手。ただし、名字はあるものの祖父の代に取り立てられた元犬舎長。なので低級貴族。

巨体家系なのか、兄マウンテンは七王国有数の大男、弟ハウンドは兄に対抗可能な豪傑。馬上槍大会で花の騎士相手に暴れた兄も制止しました。

王の手エダードが王都へ来た目的は王の手前任ジョン・アリンの死の真相究明。真相は“ジョフリー王子出生の秘密=ラニスターの近親相姦”を知ってしまい暗殺。

謎を解きかけた頃に事件。ロバート王が猪狩りで致命傷を負い死去→王位争奪戦勃発。

玉座の間でジョフリーvsエダード。護衛であるハウンドジョフリーサイドでした。ここでリトルフィンガー王都の守人が裏切りエダード投獄。

エダード失脚を受けラニスター兵スターク家家族を生け捕りに向かいます。その一人サンサ・スタークを捕獲したのはハウンドでした。

この後ジョフリーエダードを斬首。また人質サンサを執拗に虐待することに。

ジョフリーの護衛はマリーン・トラントハウンドハウンドは命令には忠実なものの、マリーンとは対照的に護身策をサンサに授ける立場。

エダードの首を見せ付けるジョフリー。突き落とそうと忍び寄ったサンサを止めたのはハウンドでした。

シーズン2 ハウンドあらすじ

シーズン2登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

王となり命名日の祝いでのジョフリーラニスター軍スターク家長男ロブ軍に敗北し怒り狂うジョフリー

相変わらず何でもかんでもサンサのせいにし凶行を繰り返すジョフリーを傍らで守るのはハウンド

ティリオンが怒鳴りつけても、娼婦で毒気を抜かせようとしても効果なし。部屋の前で護衛するのはハウンド

この時王都を任されてたのは王の手代理ティリオン。姉である王后サーセイの長女ミラセアドーンマーテル家に輿入れさせると決めました。

その出港見送りの帰り道、飢えた民が暴動。人質サンサが民に連れ去られる事件。間一髪で救ったのはハウンド

その救助の件でサンサがお礼。が、その会話中。「人を脅すのが楽しいのか?」との問いに「違う。殺しが楽しい。」

お姫様サンサはすべての他人を敵視するハウンドを異質と感じたのか、「憎しみしかないのか?」

が、ハウンドは「后になれば自分に感謝する筈。サンサジョフリーの間には自分だけだから。」と言い残し立ち去りました。

直後にサンサが初潮。必死に隠すもハウンドが発見→報告。

この頃王都に攻め入るのはロバート王の弟スタニスの船団。来襲時ハウンドティリオンの用心棒ブロンと酒場で揉めていました。

ハウンドにとってティリオンはただの半人前。サンサ救助時も褒めるティリオンに「お前のためじゃない。」目にも止めてないようです。

スタニスの船団を鬼火で爆破した後門前決戦。火を怖がるハウンドは自分に火矢放つなと脅し門前へ向かいました。

が、戦闘時、火だるまの敵が突進→ハウンド棒立ち。

揉めてたブロンが撃ち抜き救いますがハウンドは戦意喪失、主君ジョフリーにも悪態を付き戦闘放棄し戦線離脱。

向かったのはサンサの部屋。「北部へ送る。」と帰郷の護衛を申し出ました。が、サンサは従いませんでした。

シーズン3 ハウンドあらすじ

シーズン3登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

ハウンドが王都を離れ、場所はリヴァーランド。ウェスタロスは戦乱状態、ならず者集団旗標なき兄弟団が貴族に台頭していました。

その兄弟団に保護されたのが、エダード失脚時に王都を脱出した次女アリア・スターク。約束通り食事をさせ返すところへ捕われたハウンドが登場。

アリアスタークの娘と知れ渡ります。

兄弟団ハウンドを捕まえた理由はかつての王の手エダードの命令。リヴァーランドへ侵攻し略奪するラニスター家、および、クレゲイン家討伐令。

玉座の間でその命を受けたのが当時まだ貴族だった兄弟団リーダーベリック・ドンダリオンでした。

ドンダリオン家バラシオン家旗手。一旦はマウンテンに倒されるも、その後貴族から兄弟団落ち→復讐を狙ってる様子。

捕らえたハウンドを秘密の洞窟に移送し裁判を行います。

上記討伐令が出た際、ハウンドジョフリーの護衛、つまり、王都に居ました。

クレゲイン家戦犯」と裁かれそうになり罪状認否全否認。すべて兄マウンテンの仕業です。

原告-被告主張が異なり決闘裁判へ。ベリック・ドンダリオンの炎の剣にひるむもハウンド勝利。

ここでファンタジー登場。ハウンドに剣ごと叩き切られたベリック・ドンダリオン兄弟団司祭ミアのソロスの蘇生術で復活。

親友マイカーの処刑の件で敵視するアリアの猛反対があるも、裁判結果を重んじるベリック・ドンダリオンが釈放。ハウンドは自由の身となりました。

この裁判の後、兄弟団が同行の友達ジェンドリーを売り渡しアリアが不信感。

そこへ予定遅らせラニスター兵を襲おうとする姿にアリアがブチ切れ→飛び出し→ハウンドが捕獲。

アリアハウンドジョフリー護衛と思い込んでるが、既に決別。サンサ守ってたこと聞けと言われアリアは少し落ち着きます。

予定は双子城に居る兄ロブと母キャトリンに届け、身代金要求。凸凹コンビの旅開始。

アリアハウンドに見境なく殺めると非難、また、火を怖がると挑発。ヤケになったハウンドが解放するもアリアは文句を言いながら同行。

ハウンドはこの時既に生意気な小娘の護衛でした。

着いた双子城へ忍び込み。

城の中ではフレイ家ボルトン家が結婚式の最中に謀反。兄ロブと母キャトリン両者が討たれてしまいました。

アリアロブの大狼グレイウィンドの檻へ近づくも、兵士が矢。謀反に気付いたハウンドアリアを気絶させ避難しました。

結婚式の場での流血沙汰。アリアは大狼の頭が縫い付けられたロブの遺体を目撃。退散するしかありませんでした。

道中、ロブに大狼の頭を縫い付けたと豪語するボルトン兵発見。アリアがナイフ、残り三人はハウンドが片づけました。

シーズン4 ハウンドあらすじ

シーズン4登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

双子城で大参事。兄ロブ、母キャトリンが死去。ハウンドアリアの身代金要求先をアリン家に居る叔母ライサへ。

通りかかった食堂で王都の守人ポリヴァーが略奪。アリアポリヴァーに因縁-友達ロミーを刺し、大切な剣ニードルを奪った仇敵でした。

ハウンド=賞金首とばれ乱闘→アリアロミーがやられた方法でポリヴァーを成敗、ニードルを奪回。馬もゲットしました。

凸凹コンビの旅、食事にありつけない二人を泊めたのはリヴァーランドの農夫。タリー家を信奉する方。

ここで事件。好意を受けたにもかかわらずハウンドがその農夫から略奪。猛反発のアリアに、

「自分自身も守れない。冬来たら死ぬから銀必要ない。」
「自分は非クズ。道理知ってるだけ。」

最後に「何人家族が死ねば分かる?」と一言。

同行するアリアは父エダード斬首事件から寝られず、就寝前に復讐のための“殺すリスト”を復唱していました。

ハウンドとの野宿で突き進む旅。両者の“殺すリスト”にマウンテンがあること判明。また、アリアのリスト中にハウンドがあることが伝わります。

ハウンドが寝過ごしますが、アリアは逃げずに剣術の稽古。そこで享受したのは、

「鎧と剣があればマリーン・トラントでも勝てる。」

略奪に会った農夫発見。ハウンドは助かる見込みない農夫の心臓を刺し、アリアに急所の位置教授。

そこへ襲い掛かったのはその昔アリアが救助した、ジャクェン・フ=ガーと檻に捕まってた二人。ハウンドが襲われ首に傷。アリアは教え通り心臓を一突き。

ここで二人にジョフリー王の死が伝わりました。その会話を弾ませながら高巣城到着。が、3日前に叔母ライサ・アリンが亡くなっておりました。

ちょうど高巣城内には王都を脱出した姉サンサが居ましたが、互いに気付かずニアミス。

サンサアリア姉妹保護のため追うのは母キャトリンに誓った女戦士ブライエニー高巣城にと情報を得て接近しておりました。

ここで、ブライエニーアリアに遭遇。野グソから戻ったハウンドからアリアの正体に気付きます。

が、ハウンドブライエニーの腰にあるオウスキーパーラニスターの剣に気付き、アリア警戒。

アリアを説得しようとするブライエニーに対し下発言し、自分がアリア守る宣言。

「安全などない。それが分からぬなら守る資格ない。」

ハウンドvsブライエニーハウンドは連打され谷底へ。瀕死のハウンドアリアに「ブライエニーについていけ。守ってもらえる。」

トドメ刺してほしいハウンドが挑発しても嘆願してもアリア動かず→銀を奪われ置き去りにされました。

シーズン5 ハウンドあらすじ

シーズン5登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
話題話題

ハウンドを置き去りにしたアリアが到達したのは別大陸の街ブレーヴォス。顔のない暗殺術の使い手ジャクェン・フ=ガーの元でした。

何故か追い払われ、その根城黒と白の館前で殺すリスト復唱。ハウンドの名は既に消去されていました。

やっと館に入れられ“顔のゲーム”。“顔のゲーム”とは見抜かれない嘘を付く練習。嘘を付くとピシっと殴られます。

嘘を見抜く達人ジャクェン・フ=ガーに対し、アリアハウンドを憎んでいた」→ピシっ。“嘘”と判断されてしまいました。

自分にも数多の顔の神にも嘘ついてる。」

シーズン6 ハウンドあらすじ

シーズン6登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7ep8ep9ep10
話題ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

その後、ジャクェンの指令を無視し勝手な行動起こした罰として盲目にされたアリア。戻った館にて姉弟子に白状「ハウンドにトドメ刺さずは“迷い生じたから”。」

エッソスのアリアから遠く離れたウェスタロスのリヴァーランド付近。聖堂を建てる村人の中に生存中ハウンド。世捨て人レイが救ったそう。

司祭レイハウンドと全く同じ境遇の元兵士。子供殺すことも上官の命令は何でも遂行。獣は本能に忠実だが自分は本能に背いた。

「過去は変わらんので自分にできるのは善行だけ→人助けが救いの道。」

そこへ兄弟団に所属するならず者が村人らを虐殺。ハウンドが復讐へ。

が、それらを処刑中のベリック・ドンダリオンミアのソロスベリックハウンド兄弟団に誘います。

「傷つけた数より多くを救えるぞ。」

シーズン7 ハウンドあらすじ

シーズン7登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6ep7
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

結局、兄弟団と行動を共にすることになったハウンドベリックに問い。「ただの凡人がなぜ蘇る?」

兄弟団が信奉するのは光の王ベリックも不思議だが光の王が望むこと。ハウンドも炎を見つめさせられ炎中に壁北の雪山を見ました。

空き家に居たのは餓死前に心中した父娘。道理知ってると銀を奪った自分の過去を思い出したのか夜中に埋葬。ミアのソロスも手伝いました。

吹雪の中、東の物見城へ到達。デナーリスを説得したジョン・スノウが壁北へ亡者捕獲に向かうところに鉢合わせ→同行します。

ハウンドが炎中に見た雪山に到着。熊の亡者、大量の亡者に襲われるも、一匹捕獲し帰還。

目的は王都を支配するサーセイに見せ付け停戦協定を結ぶため。ハウンド亡者を携え王都入り。仇敵ブライエニーとも再会。

アリアも既にウィンターフェル城に帰還済。ブライエニーより強くなった状況も伝わります。ハウンドは自分もアリアを守ってたと断言。

サーセイ横には人体改造で復活させられバケモン化した兄マウンテンハウンドは兄に宣戦布告。

紆余曲折後、サーセイとの休戦協定が成立しました。

シーズン8 ハウンドあらすじ

シーズン8登場エピソード
ep1ep2ep3ep4ep5ep6
ゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Cleganeゲースロキャストicon|サンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane

死の軍団との決戦場となったのはウィンターフェル城ハウンドはじめ続々と戦力が結集。先にハウンドを見つけたのはアリアでした。

元鍛冶屋ジェンドリーが仕切る対亡者用兵器ドラゴングラス加工所で、ハウンドアリアが置き去り事件以来の再会。まず軽くいがみ合います。

ハウンド冷淡なビッチ。だから生き残ってる。」

決戦直前、いつものように一人で居るハウンドの元へアリア。壁北で亡者捕獲までしたハウンドアリア「他人のために戦うとは。」

ハウンドお前のために戦ったろう?」

いよいよ決戦。ベリックハウンドも奮闘。が、対亡者に有効なのは炎、戦場には炎。やはりハウンドは怯んでしまいます。

エースアリア・スタークジェンドリー作の双刃槍で亡者をなぎ倒し。が、多勢に無勢。ベリックに檄を飛ばされやっとハウンドが奮起→城内戦へ。

静まり返った城内で襲われたアリアを救ったのは六回復活させられたベリックハウンドアリアを担いで救出。

ここでメリサンドルがお告げ。ベリックの度重なる復活は光の王の思し召し。運命を気付かされたアリア夜の王にトドメ。

犠牲も大きいが、生者側勝利。

祝勝会でハウンドに近づいたのはサンサハウンドサンサの悲惨続きを聞いた模様。「(王都決戦時)一緒に脱出すれば悪人に関わらなかったのに。」

サンサは、ラムジーリトルフィンガーとやり合ったから成長と、ハウンドの腕を握りながら労いました。

死の軍団戦は終結。次は私怨兄マウンテン討伐。ついてくるのはサーセイ一人を狙うアリア。戦に及び腰の兵士らをすり抜け王都入り。

が、王都は女王デナーリスが暴走しドラゴンで壊滅状態。標的マウンテンサーセイが居る赤の王城も倒壊間近。

サーセイの死を確信したハウンドは引き返すようアリアを説得。長らくいがみ合ってたアリアは遂にハウンドへ謝意の言葉。

マウンテンvs弟ハウンドの最終決戦。土手っ腹を突こうが、顔面を突こうが死なないバケモンマウンテン

覚悟を決めたハウンドは特攻。マウンテンを抱え赤の王城中腹から道連れ飛び降りしました。

火の粉が降りかかるハウンドの人生

全シーズンあらすじは長すぎなので降りかかった火の粉リスト。

おもちゃで遊んでただけで頭部大火傷

兄が異常者なせいでアタマ丸焼き。

醜いせいでお姫様に引かれる

風貌のせいで貴族の上品な世界しか知らないお姫様サンサは正面から顔を見られません。

サンサは怖いだけで罪なし。なので、怒りのぶつけ先は兄マウンテンのみ。が、それはラニスターが許さず。

サーセイの出身家ラニスターの旗手

クレゲイン家の忠誠先はラニスター家=世からどう思われようが権力を目指す家。その命令遂行を“義務”とされるのは旗手クレゲイン家ハウンドら。

世から犯罪者として目の敵にされてしまいます。

兄は暴漢マウンテン

至るところで悪行を働き恨まれるのが巨体マウンテン。当然恨み先は弟にも飛び火。

飛び火の元=最も自分が恨む人間→更に恨み→循環→循環→循環の悪循環。

仇敵炎から逃れると賞金首

戦場に付き物はハウンドが恐れる炎。身勝手な命令を出す主君に反抗し賞金首へ。

ハウンドは悪くない

あらすじ書いてたら、当初書こうと思ってたことと変わってしまいました。結論となってしまったのは“ハウンドは悪くない”。

ハウンドの人柄を論じるための主な描写列挙

ハウンドの象徴的な描写
1被害マウンテンに頭焼かれる。
2仕事アリアの親友マイカーを処刑。
3仕事エダード失脚時にサンサ捕獲。
4良心ジョフリーに虐待されるサンサに護身策。
5仕事凶行を繰り返すジョフリー傍らで護衛。
6良心暴動時にサンサ救助。
7自虐サンサのお礼時「殺しが楽しい。」
8仕事サンサの初潮報告。
9就職活動戦線離脱し、サンサに「北部へ送る。」
10濡れ衣兄弟団に捕獲され裁判。
11就職活動アリアを捕獲。
12良心双子城での謀反に気付きアリアを気絶させ避難。
13好意的なリヴァーランド農夫から略奪。
14良心助かる見込みない農夫を逝かせ、アリアに急所の位置教授。
15就活でなく良心ブライエニーに自分がアリア守る宣言。
身代金要求先の消滅判明後なので就職活動ではない。
16良心ブライエニーについていけ。守ってもらえる。」
17被害挑発しても嘆願してもアリア動かず→銀を奪われ谷底に置き去り。
18良心司祭レイに同調。
19良心兄弟団入りの決定打は「傷つけた数より多く救える。」
20良心餓死前に心中した空き家の父娘弔う。
21良心亡者一匹捕獲。
22良心死の軍団との決戦時、炎に抵抗しアリア救助。
23良心サーセイ殺害放棄し引き返すようアリアを説得。

上表を見るに、悪人判断につながるのは13番だけ。その主張は「自分自身も守れない奴が冬越せない。」

気になる台詞は「鎧と剣があればマリーン・トラントでも勝てる。」

自分の悲運を納得するため、負け生まれ・負け立場になった時点で負けと自分に言い聞かせてるようにも。

これがハウンドの言う道理か。

一貫して主張してるのは「アリア守ってた」、「サンサは一緒に王都脱出すべきだった」。

何故かハウンドが悪→善に変貌した印象があるので主張が変わったと記憶違いしますが、見直すと一貫しています。

で、書いてる最中に見方が変貌。

悪いのはサンサとアリア

当初書こうと思ってたのとまるっきり変貌。一人だけあらすじ書いてるうちにだんだんだんだん別の見方に変わってしまいました。

サンサは端からバケモン扱い、アリアは大人の事情も知らずに徹底非難。

この二人が知るのは七王国随一の名門の常識。それに照らし合わせて「ハウンドはクズ。」

そうなる理由はただ一つ。

七王国随一の力弱すぎ。」

他人に価値観押し付ける前に自分ラニスターぶっ潰せ。玉座欲しがるくせに略奪禁止するデナーリスと同じやないか。

どうにもならぬ己の卑しい身分、醜い風貌に耐え忍び、非難され、それでも良心の呵責で他人のためにと動いたハウンドの方がよっぽどスターク価値観で賞賛すべき行動。

クソガキ時代だったとはいえ、対比するとアリアの唯我独尊思想の方が際立ちます。

まーハウンドブライエニーと並び原作からブラッシュアップし重要人物へと変化させたキャラ。制作側が想いを表現しきれなかった可能性もアリですが。

悲劇の主人公ハウンドことサンダー・クレゲイン。詳しく振り返れば振り返るほど悲惨な人生を送ったことに気付かされる悲劇の人。まさに火の粉が降りかかる人生。

ゲームオブスローンズ』で楽しんだのなら、ハウンドに少しはプレゼントをあげてもいいと思います。

“女に負けた”その一点だけでも挽回させてあげて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました