ゲームオブスローンズ考察|シェイ、ティリオン、タイウィンの本心をあらすじ書いて探る

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

ティリオンの大切な愛人シェイ

シェイの似顔絵を描き直したついでに、シェイティリオンタイウィン三人の本心や望みを読み解いてみたいと思います。

小説とは別物なので、HBOテレビシリーズ内で得られる情報のみから考察です。※ドラマと原作の違いはこちら

シーズン4までのネタバレを含みます。


シェイに着目したあらすじ

この『ゲーム・オブ・スローンズ』のほぼ主役ティリオン

シェイはかなり長期間登場しておりましたが、登場したシナリオは各人物の行動が複雑に絡み合う王都。

なので、シェイゲースロキャストiconシェイ/Shaeティリオンゲースロキャストicon|ティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterタイウィンゲースロキャストicon|タイウィン・ラニスター/Tywin Lannisterの三人の関係は読み解くのが非常に難しいのですが、描写だけでシンプルに考察してみます。

複雑なのであらすじもかなり長くなってしまいました。赤いボタンを押すと中が表示されます。

シェイだけ注目したあらすじシーズン1

ティリオンシェイの馴初めは、タイウィンロブ・スターク軍と対峙する野営地。シェイは右腕ブロンが他の兵士から横取りしてきた娼婦でした。

ティリオンは一緒に居れば金には一生困らぬとシェイをその場で誘惑→シェイ了承。

その晩には、ティリオンブロンシェイと飲み明かす関係に。
出てきた情報は、

ブロン: どうでもいい情報。
シェイ: 家族のことを聞かれると怒る。
ティリオン:実は娼婦と結婚してた。が、結婚を知ったタイウィンが、目の前でその嫁に兵士たちの相手をさせ大儲けさせた、という逸話。
タイウィンの最優先事項は。家族に娼婦を招き入れることは絶対にない。

戦況が怪しくなり、タイウィン、王都を任せる娘サーセイが頼りない→息子ティリオンを王の手代理として王都へ。

ティリオンがお気に入りの娼婦を得たという情報は野営地内で伝わった模様。

なので「お気に入りの娼婦は連れて行くな。」と家名を貶める行動を起こさぬよう事前に釘を刺しました。

一旦は絶対権力者の言い付けを守ろうとしますが、シェイにダダをこねられ、常に酒気帯び運転のティリオンは簡単に根負け。王都へと向かいます。

シェイだけ注目したあらすじシーズン2

王都は、良い嘘つき、悪い嘘つきで溢れ返っております。

存在がばれると危険なため部屋に閉じ込めるティリオン、外出させろと大声を張り上げるシェイ

ティリオンに恩を売りたい諜報機関の長ヴァリスは、シェイサンサの侍女にして匿います。

ラニスター家にとっては捕虜ジェイミー奪還用の大切な人質サンサ。王の手代理ティリオンにとっては、職責&大切なを取り返す鍵。

そこを理解してかシェイは必死にサンサを守ります。

サーセイの腰巾着であるもう一人の侍女もナイフで脅し、戦中はメイゴルの天守にて首切り処刑人イリーン・ペインからも守りました。

スタニス戦で王都を死守した王の手代理ティリオン。が、タイウィン入城とともに解任。あからさまな使い捨て。

もうティリオンはただの人。シェイは「一緒にペントスへ。」と誘います。

が、王都の悪者を出し抜きたいティリオンは固辞。お互いは自分のもの、とシェイが折れます。

シェイだけ注目したあらすじシーズン3

タイレル家援軍の見返りとしてマージェリーが后候補に→暴君ジョフリーの許婚から解放されたサンサ遠方に赴任予定のリトルフィンガーが王都から連れ出そうと画策。

王の手代理は解任されたとはいえ、ティリオンの大切なを取り戻す鍵には変わらないサンサ

当然、シェイサンサの動きを監視。しっかりとティリオンに報告しています。ついでにティリオンと娼婦ロスとの関係まで知ってしまいますが。

ここである事件。

リトルフィンガーの増長を抑えたいヴァリスが水面下でサンサタイレル家に嫁がせようと画策→オレナが乗ります。

結果、タイウィン激怒→タイレルの策を潰すため、ティリオンサンサの結婚が決定。絶対権力者に命令され成す術無しでサンサと結婚。

ティリオンは悲劇続きのサンサを案じる心優しい小人症。すれ違いが多くなり、この辺りからシェイの機嫌が悪くなります。

ティリオンはこのとき尻拭い大臣蔵相を押し付けられておりました。

・王家は火の車状態。
ジョフリー王に命を狙われてる。
タイウィンに見つかると大切なシェイは確実死。

危険過ぎと判断したティリオンは黄金の鎖を渡し海外へを匂わせます。が、シェイ納得せずなので、このときは王都内で養うと約束。が、問題の根源はラニスターと娼婦ペア。

悲劇続きのを気遣わなければいけないティリオンと、すぐ横にいるの侍女シェイはすれ違いを繰り返します。

ここでまたもやヴァリス登場。エッソスへ渡れと独断でダイヤを渡します。

シェイは固辞しますが、すれ違いの続く二人。ティリオンの差し金と勘違いしてしまった模様。

ここでジェイミーが王都へ帰還。シェイにとって“ティリオンが気遣う”を守る理由も消滅。隔たりが膨らむと予想されます。

シェイだけ注目したあらすじシーズン4

ティリオンの上の憂いに加え、ラニスター家を恨むオベリン・マーテルが王都入りし更に緊迫。また、対スターク戦が終結しには悲劇が続きます。

常にケンカになるのが原因か、遂にシェイの素性が姉サーセイばれてしまいました。タイウィンが知るのも時間の問題。

それを知ったヴァリスは「即逃がせ。」と真剣な表情。

別の場でサーセイからの報告を受けるタイウィンタイウィンは「ジョフリーの)婚儀の前に手の塔へ(王の手である自分の執務室に連れて来い)。」

ゴニョゴニョしゃべるを見たティリオンも確信→ペントスへ行けと命令。

このとき言うことを聞かないシェイに「お前は娼婦。ラニスターの嫁にはなれない。」と追い払おうとします。

全てシェイの安全のため。断ち切る思いで言い放ちます。怒り狂ったシェイブロンを殴り出て行きました。

船に乗せたシェイのことで凹むティリオン、前へ進めと説得するブロン

ここで大事件。

ロイヤルウェディングの場で披露宴の主役ジョフリー王毒殺事件発生。ティリオンが犯人と疑われ牢獄へ。

~~しばらくシェイ登場なし~~

王殺しの容疑者ティリオンの裁判。船に乗ったはずのシェイがそこへ原告側証人として出廷→でっち上げ証言連発。

その後、裁判に負け死刑を宣告されたティリオン。兄ジェイミーが脱獄させヴァリスと逃げることに。

が、船に乗る直前、行ったのはタイウィンの部屋。

シェイタイウィンのベッドに寝そべっていました。ティリオンシェイを絞殺、タイウィンも射殺。

シェイの望み

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|シェイ/Shae演じる女優シベル・ケキリ/Sibel Kekilli。トルコ系超絶美女|GOTイラスト

相思相愛だったティリオンシェイ。激動のストーリーの中、結末はバッドエンドでした。

以下、初老が考えました。

ティリオンが追い払うように言い放ったのは自分の安全のため。当然ながらシェイも分かってると思います。

「ペントスへ逃げろ。」と言うティリオンですが、シェイの願いは下のはず。

ティリオンも全てを捨てて一緒に。」 

が、ティリオンの望みは王都での悪党退治。だから、

「華々しく散ったとしてもティリオンと一緒に居ること。」

女性には“女手一つで”なる表現を使う方もいますが、“の面倒は自分が”と全てを投げ打つ方も多し。シェイの台詞は「自分の身は自分で守れる。」

他に思うのは、シェイが惹かれる理由はおそらくヴァリスと同じ理由。

ヴァリスの目的は世の中をよくすること。そのための能力を持ったのがティリオンサンサへの気遣いがその現れ。

そう思ってしまう理由は以下。

家族のことを聞かれると激怒するなど何か訳あり臭プンプン。

13歳のときにウェスタロスへと情報がありました。サンサ以上の大移動→家族に何かあり、世の中に対する絶望がありそう。

14歳の嫁サンサに対し、ティリオンが理性を失わない様をことあるごとに見せ付けられました。

最後までティリオンは自分を頼らず、自分を捨てる。「惹かれる理由=捨てられる理由」である矛盾。

モヤモヤし続け自暴自棄に。結局タイウィンにそそのかされるの巻。

…と、考察しました。女心が全く分からない初老が考えたものなのであしからず。

何にせよ悲しい結末。

結局、シェイに関しては出自が謎のままでした。

やたら上品な娼婦役なので大きな話があるかと期待してましたが何も描写されず闇の中。そういう意味でも残念です。

タイウィンの目論見

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|タイウィン・ラニスター/Tywin Lannister演じる俳優チャールズ・ダンス/Charles Dance|GOTイラスト

裁判に負けた息子ティリオンに向かい、全く動じることなく死刑宣告したタイウィン

ティリオンに便座上で射抜かれた際に「処刑させるつもりはない。」と発言しておりました。

この台詞がずっと気になっております。助かりたい一心でデマカセを言ったのでしょうか。

確かに小人症ティリオンは邪魔な存在で、ティリオン出産は自分に対する罰と面と向かって言い放っております。

だから、当初は裁判に任せるつもりだったとは思います。シェイも使っておりますし。

が、裁判中タイウィンの最も欲するものが舞い込んで来ました。

ティリオンを処刑せず送りにしたらキャスタリーロックの後を継ぐ。」

後を継がないのを理由に勘当された長男ジェイミーの言葉です。

タイウィンは第二位の金持ちタイレルにすら、使い古した中古品ゲーム・オブ・スローンズ/Game of Thronesの登場人物と相関を似顔絵で覚えて楽しむ方法-サーセイ・バラシオン/Cersei Lannister Baratheon演じる女優レナ・へディ/Lena Headeyを押し付け可能なお方。

あわよくば“后予定のマージェリーレンリーの中古品”と言い返す準備をしてのこの段取り。

徳川家康、秀忠も豊臣秀頼の元妻千姫を他家へ嫁がせてますが、双方納得&化粧料も10万石。大事な千姫です。が、タイウィンが押し付けたのは千姫ではなくサーセイ。権力、手腕の凄まじさがよくわかります。

異を唱えられる者は存在せず不可能はありません。これだけの権力、手腕を持つタイウィン目線での従わせる難易度は下のはず。

息子息子 >> 世界

長男ジェイミーが妥協したチャンスを逃すとは思えません。

なので上記の台詞「処刑させるつもりはない。」はデマカセではなく真実だと思っております。

最初から処刑のつもりないのに、全力でティリオンを窮地に→想いの長男から妥協を引き出す策だったまでありそうな雰囲気。

が、ティリオンは無罪を知っていながらシェイまで使った父親タイウィンを許さず射殺。決定打は“シェイ娼婦と呼んだ”。

タイウィンの人柄を考えれば、シェイを単なる一娼婦扱いしてることは明らか。それはティリオンにとって我慢ならないことと思われます。

闇に葬られたので不明ですが、助けるつもりだったと確信。が、その実現方法が気になって気になって仕方ありません。

シンプルに考察と書いておきながらかなりの深読み。何か書かなきゃと思うとキーボードが進むのです。ごめんなさい。

因みに、ティリオンが兄ジェイミー以外で最も信頼するヴァリス。その目的は良識ある治世。

上記あらすじを見ると分かりますが、シェイに関してだけ捉えれば常に邪魔をしていたということに。

運命、宿命で話をまとめると、「ティリオンは、シェイ世の中を天秤にかけさせられた。」という感じですか。

悲しい結末でした。

(追記)関連する話題で深読みを実施してみました。暇で仕方ない方向け。

コメント

タイトルとURLをコピーしました