王都-小評議会、王の盾、シティウォッチ|ゲームオブスローンズ似顔絵勢力図

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

ポク太郎です。

登場人物が非常に多く難しい海外ドラマ、

ゲーム・オブ・スローンズ
Game of Thrones

王都キングスランディングで政治を行う方々です。

本サイトゲームオブスローンズ似顔絵ブログの構成と見方
サイト上方、投稿タイトル上のボタン【GOTトップ】です。
高難度HBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報はすべて揃っています。

各家系、勢力相関図リンク表
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家とついでにフレイ家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家
壁-ナイツウォッチ野人ウィンターフェル城
王都-小評議会と王の盾他
↑イマコレ
旗手や行動別は目次から

※リンク先への移動後は、ブラウザの「戻る」で戻れます。
iphoneなら「画面左端を右にスワイプ」、Androidなら「左矢印」など。別窓開いたのは除く。

七王国の首都-王都キングスランディング

王都は地図の③番の南方、ブラックウォーター湾に面する位置。赤の王城レッドキープで政治が行われます。

ゲームオブスローンズ解らない初心者が要する事前知識!|歴史背景と事件と常識|分からない方も視聴前の方も似顔絵で確認

王都は良い嘘つき、悪い嘘つきで溢れかえっております。

チクリ、策謀まみれの王都で政治を行うのが小評議会。現在の日本でいう閣議のような。

また、王族の護衛王の盾、王都の治安を守る機動隊王都の守人シティウォッチ、その他首切り役人なども。

政治を行う小評議会メンバー

王の手エダード・スターク

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark王の手エダード・スターク
俳優:ショーン・ビーン
ロバート・バラシオン王の信頼を受け、宰相王の手を務める北のウィンターフェル城城主。王都で政治を行う。

密告者の長ヴァリス

ゲースロキャストiconヴァリス/Varys密告者の長ヴァリス
通称:蜘蛛スパイダー
俳優:コンリース・ヒル
王都のスパイの元締め。通称蜘蛛。至る所へ探りを入れ、水面下で動き回る怪しい存在。

ただし、策謀をめぐらすピーター・ベイリッシュ(下)に対抗できる存在。ピーターとは水面下でぶつかり合っている。

上級学匠パイセル

ゲースロキャストiconパイセル/Pycelle上級学匠パイセル
俳優:ジュリアン・グローヴァー
上級学匠グランド・メイスター…学匠とは当時の医者+α。聡明な重鎮かと思いきや節操なく即バレな裏切りに走るなかなかのアホジジイ。

歴代の王に仕え、現在は后サーセイに媚を売ってはいるが信用されていない。死んだ猫の臭いがするらしい。

大蔵大臣ピーター・ベイリッシュ通称リトルフィンガー

ゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger大蔵大臣ピーター・ベイリッシュ
通称:リトルフィンガー
俳優:エイダン・ギレン
蔵相。フィンガーズ岬出身で小さい頃背が低かったため、リトルフィンガーと揶揄される。フィンガーズ岬は地図の④番アリン家領地北東の岬。

が、幼少時タリー家の居城にいたらしく、エダード・スタークの嫁キャトリンジョン・アリンの嫁ライサと深い知り合い。

得意の財政手腕(借金)で蔵相の地位に就く。また、策謀を巡らしのし上がっていく人間。

法務大臣レンリー・バラシオン

ゲースロキャストiconレンリー・バラシオン/Renly Baratheon法務大臣レンリー・バラシオン
俳優:ゲシン・アンソニー
法務大臣。ロバート王の末弟。戦争経験がなく血を見るのが苦手だが、温和で領地ストームズエンド(地図③番南のこげ茶)では人気がある。

周囲にはタイレル家の人間がチラホラ。

上記が政治を行う方々、下記は政治を行わない方々。

王ロバート・バラシオン

ゲースロキャストiconロバート・バラシオン/Robert Baratheonロバート・バラシオン
俳優:マーク・アディ
現王様。エダード・スターク王の手に任命した後もやはり政治はそっちのけ。

海軍大臣スタニス・バラシオン

ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon海軍大臣スタニス・バラシオン
俳優:スティーヴン・J・ディレイン
海軍大臣。ロバート王の弟、次兄。王都内で暗躍するラニスター家に反抗し、ドラマ開始時には自身の城ドラゴンストーン城へ帰ってしまっている。

場所は王都東、ブラックウォーター湾に浮かぶドラゴンストーン島上。

王の盾総帥バリスタン・セルミー

ゲースロキャストiconバリスタン・セルミー/Barristan Selmy王の盾総帥バリスタン・セルミー
俳優:イアン・マッケルヒニー
ウェスタロス一の剣士。王の盾として歴代の王に仕える。老いてはいるが鋭い眼光は健在。

本来なら小評議会への出席義務があるが、前王である狂王にも仕えていたことから信用されず出席しない。パイセルも同じはずだが

本人は政治に興味無いので気にしない。

王の盾と王都の役人

王の盾総帥は小評議会メンバーであるバリスタン・セルミー。以降はそれ以外の王の盾役人です。

王の盾ジェイミー・ラニスター

ゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister王の盾ジェイミー・ラニスター
俳優:ニコライ・コスター=ワルドー
王の盾を務めるラニスター家の長男。

狂王に指名され王の盾となったらしい。王の盾は相続権を一切無くすのでラニスター家の跡継ぎに成れないことに。

タイウィン狂王王の手だったが、それに対する抗議の意で辞任したらしい。

またその件と関係なく、後にジェイミー狂王を背後から刺し王殺しキングスレイヤーとなる。これらはドラマ開始前の出来事。

王の盾グレガー・クレゲイン

ゲースロキャストiconグレガー・クレゲイン通称マウンテン/Gregor Clegane-Mauntain王の盾グレガー・クレゲイン
通称:マウンテン
俳優:ハフポル・ユリウス・ビョルンソン
シーズン4、5
王の盾の一人。クレゲイン家の当主、通称マウンテン。筋骨隆々の大男で残虐非道。

顔を憶えるまでもない雑魚キャラですが、各地で悪事を働くので頻繁に名前が出てきます。また、下記弟サンダーが重要キャラです。

クレゲイン家は、ラニスター家の旗手。といっても元は犬舎の主人であり、マウンテンの祖父の代に土地と肩書を与えられた貴族らしからぬ貴族。

王都で権勢を振るっているのがラニスター家なので役職付ですが、登場シーンは少。役者もコロコロ変更します。

王の護衛サンダー・クレゲイン

ゲースロキャストiconサンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane王の盾サンダー・クレゲイン
通称:ハウンド
俳優:ロリー・マッキャン
王の盾の一人。というかジョフリーの護衛と言う方が適当かも。通称ハウンド猟犬。上のグレガーの弟で、兄にも劣らぬ豪傑。

幼少時の事件により、右頭部が焼けている。そのトラウマによりトラブルがよく起きます。

物語が進んだ後、主役の成長に影響を及ぼすことになるのでこちらは重要キャラ。

悪人ではあるが自身の捉える「道理」に従っており、兄グレガーのような極悪非道でなく分別あり。

理不尽な事件から学習したただの被害者にも見えることから結構人気の模様。特殊メイクが汚らしく、またスマートな動作をしないのがカッコイイのかも。

首斬り役人イリーン・ペイン

ゲースロキャストicon首斬り役人イリーン・ペイン/Ilyn Payne首斬り処刑人イリーン・ペイン
俳優:ウィルコ・ジョンソン
喋ることができない首切り処刑人。20年ほど前に狂王エイリス・ターガリエンに舌を抜かれたため終始無言。

この方は単に命令されてるだけで忠実に命令に従うだけ。が、ほぼ主役の“殺したいリスト”に入れられた悲劇の人。

演じるのは、日本でもツアー経験のあるイギリスのミュージシャン。

イリーン・ペインタイウィン・ラニスターゲースロキャストiconタイウィン・ラニスター/Tywin Lannisterの家来。何故舌を抜かれたのかを紹介する動画はこちら。

シティウォッチ指揮官ジャノス・スリント

ゲースロキャストiconジャノス・スリント/Janos Slynt王都の守人総帥ジャノス・スリント
俳優:ドミニク・カーター
王都の警備兵-王都の守人シティウォッチを統括する指揮官。小評議会に陳情に来ることも。

単なる役人。それ故か金に釣られ大物を裏切ります。金を持ってるのはもちろんラニスター

のし上がり、即座に切り捨てられ。でも、別場所の別立場でなんだかんだと生き残ります。

王の盾マリーン・トラント

ゲースロキャストiconマリーン・トラント/Meryn Trant王の盾マリーン・トラント
俳優:イアン・ビーティー
王の盾を務める騎士。特に秀でている訳でもないが無条件に暴君の命令に従うので役職に就いているものと思われる。

このドラマのキャラは何かしら変態要素を持っておりますが、サー・マリーンの変態要素は「児童虐待」。

強くもないし名声もない雑魚騎士ですが、ほぼ主役が復唱する“殺したいリスト”に入るため、よく名前が出てきます。

演じる役者さんは、“存在感なしの児童虐待者”という最低の役に指名されてしまいました。

後のシーズンでの小評議会

玉座争奪戦をテーマに描いた物語なので、物語が進むと権力が移動することも。

後のシーズンで小評議会入りする方、影響力を増大させる登場人物をネタバレスイッチ内に。

タイウィン・ラニスター

ゲースロキャストiconタイウィン・ラニスター/Tywin Lannister王の手タイウィン・ラニスター
俳優:チャールズ・ダンス
エダードの失脚→ジョフリー王の名の元に任命されたのがこの方。が、この時点ではまだ対スターク戦。息子ティリオンに代理を任命。

本人は野営地→ハレンの巨城に。シーズン2ラストで王都を狙うスタニス軍退治するため帰還。

ティリオン・ラニスター

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister財務大臣ティリオン・ラニスター
俳優:ピーター・ディンクレイジ
シーズン2から王の手代理として王都にて手腕を発揮。

王の手タイウィンが対スターク戦のためのライサ・アリン懐柔策として蔵相リトルフィンガー谷間領主として派遣。

蔵相不在に異を唱えたら今度は財務大臣を押し付けられました。大蔵、財務大臣どちらなのか字幕が統一されませんが。

オベリン・マーテル

ゲースロキャストiconオベリン・マーテル/Oberyn Martell不明オベリン・マーテル
俳優:ペドロ・パスカル
ジョフリー殺害事件が起き、タイウィンを恨むオベリンが怪しい存在に。

が、この頃王都に入ってた情報はエッソスでドラゴン。対抗できる武力を持つマーテル家懐柔のためタイウィンが小評議会出席依頼。

因みに何大臣だったかを失念。

ケヴァン・ラニスター

ゲースロキャストiconケヴァン・ラニスター/Kevan Lannister王の手ケヴァン・ラニスター
俳優:イアン・ゲルダー
タイウィン死亡という大事件発生。その重責を弟であるケヴァンが継ぐことに。

“執政”を名乗るサーセイ大后が指名したのは陸軍大臣だったが、色々あってパイセル王の手に任命。

メイス・タイレル

ゲースロキャストiconメイス・タイレル/Mace Tyrell財務大臣メイス・タイレル
俳優:ロジャー・アシュトン=グリフィス
ティリオン投獄後は恐らくこの方が蔵相。かなり混乱状態なのでドラマ内ではっきりと描写されず。ただし裁判官など重責を任されるの父親。

クァイバーン

ゲースロキャストiconクァイバーンまたはカイバーン/Qyburn密告者の長クァイバーン
俳優:アントン・レッサー
“執政”を名乗るサーセイ大后が小評議会入りさせた元学匠。知識の城を追放された学匠で異常な人物てことでパイセルが猛反対。が、パイセルは死んだ猫の匂いがするので無視。

雀聖下ハイスパロー

ゲースロキャストicon雀聖下ハイスパロー/High Sparrow総司祭雀聖下ハイスパロー
俳優:ジョナサン・プライス
タイウィン亡き後、ラニスター家の衰退を心配するサーセイ大后が狂信者で浮浪者なハイスパロー総司祭に任命。

因みに前任の総司祭はどうでもいいので割愛させて頂きました。

登場人物図鑑とGOTクイズ!

役名と俳優名だけなのに原稿用紙32枚分。

投稿タイトル上【GOTクイズ】です。
ある条件を満たすとサーセイが死亡します。

各家系、勢力相関図リンク表
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家とついでにフレイ家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家
壁-ナイツウォッチ野人ウィンターフェル城
王都-小評議会と王の盾他
↑イマコレ
旗手や行動別は目次から

コメント

タイトルとURLをコピーしました