ゲームオブスローンズ解説|シーズン1 エピソード8『進軍』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記

第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S1-08解説 S1-08関連動画

シーズン1エピソード8『進軍』解説記事内目次

エダード・スターク周辺 王の手失脚→ラニスター天下

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark:主に王都内

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheon ゲースロキャストiconヴァリス/Varys ゲースロキャストiconバリスタン・セルミー/Barristan Selmy ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark
●王都スターク
エダード失脚によりラニスターの兵押し寄せる。
司祭女セプタが気付きサンサをかくまう。
→が、サンサハウンドに捕まる。

●王都暗黒房
投獄されたエダードの元へヴァリス来訪。下が伝わる。
エダードの家来全滅、サンサ捕まる、アリア逃亡。
サーセイランセルのワインに薬→ロバート王酩酊→猪に突かれ死亡。
 エダードサーセイに情けかけたため。
キャトリンティリオンを既に解放。

●赤の王城
サーセイと他の小評議会メンバー、サンサに手紙書かせる。
キャトリンロブ宛「王都へ出向きジョフリー王に忠誠を。」

●玉座の間
ジョフリー、戦功行賞。
○王都の守人総帥ジャノス・スリントを貴族&ハレンの巨城。※エダードを裏切った恩賞。

ハレンの巨城…リヴァーランドの領主が入る城だが大き過ぎて誰も守れず→形式上の領主。

タイウィン・ラニスター王の手に任命。
○王の盾総帥バリスタン・セルミーを解任→総帥をジェイミーに。

この場でサンサが父エダードに対する慈悲を乞う。
ジョフリー王エダード王位認めなければ慈悲なし。

解説ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark~ 王の盾総帥バリスタン・セルミー解任

狂王時代から王の盾として仕え続けた七王国一の剣士、寝耳に水で解任されてしまいます。

恐らく王后サーセイの意向。バリスタン・セルミーは激怒してましたね。

ロブ・スターク周辺 エダードの遺志継ぐ完璧長男挙兵!

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark:ウィンターフェル城から出陣

ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy ゲースロキャストicon学匠ルーウィン/Luwinゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Young ゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyゲースロキャストicon武術指南役ロドリック・カッセル/Rodrik Cassel
ウィンターフェル城
ロブサンサの手紙届く。
ロブ、戦争を決意。

この後、高巣城に居るキャトリンエダード投獄、ロブ決起の知らせ届く。
ライサ、谷間の兵は出さないと宣言。

ウィンターフェル城
出陣前夜、北の旗手たちが集合。
ロブブランに城任す。
 外出中:キャトリン、武術指南役ロドリック
 出陣:ロブシオン
 城守る:ブラン(10歳)リコン(6歳)、学匠ルーウィン(多分70代)

ロブの野営地
キャトリンロドリックが通りかかり合流。
北の兵力1万8000人。

キャトリン「勝つ、または、一族滅亡→勝つしかない。」

ロブの野営地
ロブ軍、地峡ネックを超えるがフレイ家の双子城通過が困難で悩む。
タイウィン軍を迎え撃つにしても、ジェイミー率いるタリー家の包囲破るにしても必須。

地峡…ウェスタロスを南北に分ける細くなった部分。スターク家タリー家の領地境目。ゲームオブスローンズ地図-地峡ネック

ロブの野営地
ラニスターの斥候(忍者)が捕獲されるが、ロブは即解放。

解説ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark~ ロブが問答無用なスターク家長男

ウィンターフェル城には分かりづらい人物シオンが居るので念のためこれまでの主な描写を。

◇壁へ出立するジョンを見送り、激励。
ブラン看病中のキャトリンに代わりのキリモリ宣言。
◇怪しいティリオンに代理城主として毅然と対応。
◇意識が戻ったブランの面倒。
◇遠乗り中のブランのお守り。シオン野人撃退。

解説ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark~ 記憶に残りにくいロブのシナリオ

ロブのシナリオは複数の事案が並行して進むので状況を整理。

ウィンターフェル城に残したのは子供と老人。
キャトリン、軍を率いる長男の大将姿見て激励。
○双子城のフレイ家が難関。
ラニスターの斥候を即開放。

ティリオン・ラニスター周辺 戦中のタイウィン野営地へ到達

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister:東の道から王都へ向かう道中

ゲースロキャストiconタイウィン・ラニスター/Tywin Lannisterゲースロキャストiconケヴァン・ラニスター/Kevan Lannister ゲースロキャストiconブロン/Bronn
●東の道
キャトリンライサから解放され王都へ帰る道中。
ティリオン、また蛮族に襲われる。
→何とか金で釣り、ブロンと共に引き連れタイウィンの元へ向かう。

タイウィン軍野営地
ティリオン、連れてきた蛮族をタイウィンケヴァンに紹介。

ティリオンに下伝わる。
ジェイミーリヴァーランを包囲。
ロバート王の死、エダードの投獄。

ジョン・スノウ周辺 戻った死体が化けモン化!

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow黒の城

ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormont ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly
●黒の城
北捜索中のベンジェンの部下二人の死体見つかる。
サムウェル、異変に気付き火葬すべきと進言。
→学匠エイモンに相談してからと後回しに。

●黒の城
総帥ジオーに手紙。ロバート王の死、エダード投獄がジョン・スノウに伝わる。
ジョンサンサアリアの身案じる。

●黒の城夜
昼間戻ったベンジェンの部下が化けモン化。
→大狼ゴーストが気配に気付く。
ジョン・スノウ、化けモンを倒し総帥ジオーを守る。

化けモンは剣では倒せず炎で倒した。

●黒の城
サムウェル、書物からの知識を説明。
・化けモンはホワイトウォーカーに触られたので目が青く炎でしか倒せない。

デナーリス・ターガリエン周辺 略奪なしで玉座を欲しがるなよ

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:侵攻中

ゲースロキャストiconカール・ドロゴ/Khal Drogo
●仔羊人の町ラザール
ドスラク軍が略奪。人間は奴隷商人に売り金品と交換。

ドスラク人が信用しないはずの金を求めるのは、ウェスタロス侵攻用の船購入のため。

上記を知りうろたえたデナーリス、戦利品である女を全て没収。
ドスラク兵から不満続出。
→歯向かう者出てドロゴに傷を負わす。
→戦闘しドロゴ勝利。
デナーリス仔羊人の町妖女に手当てさせる。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ 略奪原因自分でうろたえる王女様

ウェスタロス侵攻を頼んだのはデナーリス自身。略奪の原因が自分と気付きうろたえます。

何も持たずに玉座奪取可能と思ってた模様。サンサのようなお姫様です。

アリア・スターク周辺 シリオ・フォレルに守られ逃走

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:王都

ゲースロキャストiconシリオ・フォレル/Syrio Forel
●王都スターク亭
剣術の稽古中に、ラニスターの兵がスターク亭を急襲。
→教師シリオ・フォレルアリアを逃がす。
マリーン・トラント、木刀しか持たないシリオ・フォレル襲う。

アリア、自分をラニスターに売ろうとした子供を針ニードルで刺し逃亡。殺人初体験。

登場人物情報 シーズン1エピソード8

初登場の人物 シーズン1エピソード8

ゲースロキャストiconケヴァン・ラニスター/Kevan Lannisterラニスター分家当主
タイウィンの弟、ランセルの父
ケヴァン・ラニスター

散った人物 シーズン1エピソード8

ゲースロキャストicon司祭女モーディン/stark septa mordaneスターク家の司祭女セプタ
モーディン
ゲースロキャストiconシリオ・フォレル/Syrio Forelブレーヴォスの筆頭剣士
シリオ・フォレル

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン1エピソード8

エピソードタイトルは『進軍』。ロブの決起とカール・ドロゴ出動でしょうか。ティリオンもある意味進軍、アリアも一人で進軍開始。

ロバート王の死、王の手エダード投獄という大きな出来事が起き、めまぐるしく動きます。

しっかり認識したいのは、既に王都にバラシオン家が居ないということ。

名目上バラシオンなだけで完全にラニスター家が掌握。しかも、宮殿内皆それを知ってる状態。

怪しいのはやっぱり蜘蛛ヴァリス。誰の味方か分からず日和見。謎のまま視聴する必要があります。

北でエダードの長男ロブが決起。未経験の青二才が百戦錬磨のタイウィン公ジェイミーと対峙。勝てるのでしょうか。

ジョンの元には何か化けモン登場。

忘れてしまいますが、叔父ベンジェン北へ向かいまだ未帰還。今回その部下が遺体で戻ってきたのでした。

では映像が低コントラストで薄く、人物の見分けも付きにくいので要注意。

デナーリスは何だかわがままなことを言っております。理想を見続けていられるでしょうか。

それにしても、普通は金持ちアピールし物で釣ろうとする行為は不快感を覚えますが、ティリオンの場合はほのぼのします。不思議。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました