ゲームオブスローンズ解説|シーズン1 エピソード3『冥夜の守人』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記

第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S1-03解説 S1-03関連動画

シーズン1エピソード3 『冥夜の守人』解説記事内目次

エダード・スターク周辺 職責外の難問山積み

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark:主に王都内

ゲースロキャストiconヴァリス/Varysゲースロキャストiconレンリー・バラシオン/Renly Baratheonゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerゲースロキャストiconパイセル/Pycelle ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストicon司祭女モーディン/stark septa mordane ゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tully
●王都に到着
小評議会と顔合わせ。
バラシオン王家ラニスター家から莫大な借金をしていること判明。

●王都内スターク
前エピソードの大狼レディと親友マイカーの件で、サンサゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkアリアゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkともに機嫌悪い。

エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark、不機嫌なアリアゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkと会話。
アリアゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkは親友マイカーの死に責任感。証言しなかったサンサゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkに恨み。
エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark、姉サンサゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkの立場説明し恨むなと説得。

エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowからのプレゼントニードルを見る。

●王都娼館
キャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyが王都到着。
→お忍びのはずが出迎えられる。出迎えたのは娼館を経営する大蔵大臣リトルフィンガーゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger

赤の王城にいたエダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkリトルフィンガーゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerに連れられ、娼館へ。

居たのは、キャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tully、密告者の長ヴァリスゲースロキャストiconヴァリス/Varys
リトルフィンガーゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger、刺客が残した短剣はティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterの物と伝える。

エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkはいまいちその情報を信用しきれてないが、キャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyリトルフィンガーゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerを信用。
キャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Young事件犯人の証拠探しに再出発。

解説ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark~ 玉座の間でジェイミーとまた罵り合い

赤の王城の玉座の間は、エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkの父と兄が処刑された場所。

王殺しジェイミーゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister:暴君狂王を殺し、正義を果たしたと主張。
義の人エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark王の盾ゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister狂王を裏切った→その正当化に父と兄を利用と反発。

何言ってるのか分からないはず。本記事の最後に紹介。この第3話をクリアしたら、ゲームオブスローンズの歴史を知りドラマにのめり込んでみましょう。

ロバート王ゲースロキャストiconロバート・バラシオン/Robert Baratheonが悪酔いしてバリスタン・セルミーゲースロキャストiconバリスタン・セルミー/Barristan Selmyランセルゲースロキャストiconランセル・ラニスター/Lancel Lannisterジェイミーゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannisterに絡むシーンも。そこでもジェイミーゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister王殺しの状況を伝える描写あり。

解説ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark~ リトルフィンガーの逸話と人柄

リトルフィンガーゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerは、キャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyを取り合いエダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkの兄ブランドンと決闘して敗北。そこから学習、情報戦で勝負する人間に。

例えば、エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkも知らなかったキャトリンゲースロキャストiconキャトリン・スターク/Catelyn Stark Tullyの王都入りを知ってたなど大量のスパイを忍ばせてることが伺えます。

解説ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Stark~ 始まった小評議会

小評議会とは閣議のようなもの。出席する方しない方居ますが、メンバーについてはこちら。

王都キングスランディング-小評議会の相関
情報多すぎでパニックにならぬよう現時点では人物部分だけ参照するのが吉。

ティリオン・ラニスター周辺 念願の放尿成就し帰路

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister黒の城

ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormont ゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yorenゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Stark ゲースロキャストiconメイスター・エイモン・ターガリエン/Maester Aemon
●黒の城
ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister、総帥ジオー・モーモントゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontと会話。
ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow宛ての手紙が来たことを聞く。内容はブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngの意識回復。

●黒の城
採用係ヨーレンゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yorenと会話。
北の情報を聞き見聞を広める。
→そこへ哨士長ベンジェンゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Starkが入室し、ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterに噛み付く。

まで連れてきたのはベンジェンゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Stark北に行ってもないのに知った口を聞くティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterが気に入らなかったっぽい。

採用係ヨーレンゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yorenはこれから王都へ人材を集めに行く模様。
ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister、道連れとして誘う。

●黒の城
ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister、手紙を渡すためジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowの元へ。ちょうどジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowがケンカ中。
→喧嘩を仲裁し、取るべき行動を指南。

●黒の城
総帥ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontと学匠エイモンゲースロキャストiconメイスター・エイモン・ターガリエン/Maester Aemon、危険な冬に対応するため王后サーセイゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterへの支援要請をティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterに言伝。

●黒の城
ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister、念願の頂上からの放尿。見守っていたジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowと握手。
→道中のウィンターフェル城へ立ち寄りブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngへの言伝を頼まれる。
→採用係ヨーレンゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yorenと共に王都へ向かい出発。

ジョン・スノウ周辺 ティリオン指南で初の仲間

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow黒の城

ゲースロキャストiconアリザー・ソーン/Alliser Thorne ゲースロキャストiconグレン/Grennゲースロキャストiconピップ/Pyparゲースロキャストiconラスト/Rast ゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Stark
●黒の城
武術指南役アリザー・ソーンゲースロキャストiconアリザー・ソーン/Alliser Thorneに目を付けられ、また、同期の新入りゲースロキャストiconグレン/Grennゲースロキャストiconピップ/Pyparゲースロキャストiconラスト/Rastからは嫉妬。

の頂上
叔父ベンジェンゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Starkジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowに頂上からの風景見せる。
北へ捜索へ行くことをジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowに伝える。
ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowの随行は却下。

●黒の城
ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowを妬む新入りグレンゲースロキャストiconグレン/Grennピップゲースロキャストiconピップ/Pyparラストゲースロキャストiconラスト/Rastとケンカ。
ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterに仲裁され、取るべき行動に気付かされる。
→不遇な生まれのグレンゲースロキャストiconグレン/Grennピップゲースロキャストiconピップ/Pyparに武術指南し信頼を受けるように。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ 壁はウェスタロスの重要施設

現在、ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterジョン・スノウゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowが滞在する壁を守るのは、王ではなくウェスタロス全土に仕えるナイツウォッチ。

独立した組織なのでメンバーもたくさん登場します。

壁-ナイツウォッチの相関
情報多すぎでパニックにならぬよう現時点では人物部分だけ参照するのが吉。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ ティリオンの指南は「先に譲れ」

ただ妬まれるジョン・スノウゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterが落とし子より不遇な生まれを気付かせました。

ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowは落とし子。長男ロブゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkよりも率先して弟ブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngの世話をしゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkの威厳を見せてました。ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowの立場・思いが伝わる描写。

そんなジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowは貴族からは落とし子、平民からは貴族。仲間が居た経験がありません。「先に譲れば相手は強力な味方に」を知らないかもな立場。

そこを見抜いてか、口は悪いが一番重要な仲間を作るための指南をしたのがティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister

この先各キャラの人物像に着目してくことに。顔判別ができてるとそのキャラらしさが掴みやすいので初期エピソードを慎重に進めるのは大切。

人物らしらそのもの、そこから展開する紆余曲折が『ゲームオブスローンズ』の一番の魅力なので。

デナーリス・ターガリエン周辺 切れる兄と怪しい家来

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenヴァエス・ドスラクへの道中

ゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryenゲースロキャストiconジョラー・モーモント/Jorah Mormont
●野営地
進軍を止めたデナーリスゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenに兄ヴィセーリスゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryenが意味不明に切れる。
ヴィセーリスゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryen、ドスラク兵に取り押えられる。

デナーリスゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryenの器の小ささに気付き始める。

●野営地
デナーリスゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenの妊娠判明。知ったジョラー・モーモントゲースロキャストiconジョラー・モーモント/Jorah Mormontが「後から追い付くから。」とどこかへ旅立つ。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ 憶える必要のないドスラク人

ヴィセーリスゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryenに「お前は歩け。」と言った人物はラカーロ

そのラカーロと「ウサギ獲って来い」「んなもん居ねーよ」と押し問答してたのがデナーリスゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenの侍女イリゲースロキャストiconデナーリスの侍女イリ/Irri

ゲースロキャストiconデナーリスの侍女イリ/Irri←は寝技を教授した侍女ドリアと見間違えて描いたから似顔絵があるだけで特に憶える必要ない人物。ラカーロも。

アリア・スターク周辺 ブレーヴォスから剣術教師

ゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:王都内スターク

ゲースロキャストiconシリオ・フォレル/Syrio Forel
●王都内スターク
エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkが剣術の教師として呼んだブレーヴォスの筆頭剣士シリオ・フォレルゲースロキャストiconシリオ・フォレル/Syrio Forelが到着。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ ブレーヴォスとは

まだ覚える必要ありませんが、ブレーヴォスは海を渡ったエッソス大陸の自由都市。古代の物語ですが、この程度の大陸間の往来はあるようです。

登場人物情報 シーズン1エピソード3

初登場の人物 シーズン1エピソード3

ゲースロキャストiconヴァリス/Varys諜報機関長
ヴァリス
通称:蜘蛛スパイダー
ゲースロキャストiconレンリー・バラシオン/Renly Baratheonロバート王の末弟
レンリー・バラシオン
ゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger大蔵大臣
ピーター・ベイリッシュ
通称:リトルフィンガー
ゲースロキャストiconパイセル/Pycelle上級学匠
パイセル
ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontの総帥
ジオー・モーモント
ゲースロキャストiconアリザー・ソーン/Alliser Thorneの武術指南役
アリザー・ソーン
ゲースロキャストiconグレン/Grennの新入り
グレン
ゲースロキャストiconピップ/Pyparの新入り
ピップ
ゲースロキャストiconラスト/Rast送りの犯罪者(第二話で顔だけは登場済)
ラスト
ゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yorenの採用係
ヨーレン
ゲースロキャストiconメイスター・エイモン・ターガリエン/Maester Aemonの学匠
エイモン
ゲースロキャストiconバリスタン・セルミー/Barristan Selmy王の盾総帥
バリスタン・セルミー
ゲースロキャストiconランセル・ラニスター/Lancel Lannisterロバート王の付き人
ランセル・ラニスター
ゲースロキャストiconシリオ・フォレル/Syrio Forelアリアの剣術の教師
シリオ・フォレル

散った人物 シーズン1エピソード3

なし

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン1エピソード3

エピソードタイトルは『冥夜の守人』。を守る兵士ナイツウォッチのこと。

エダードゲースロキャストiconエダード・スターク/Eddard Starkは王都に到着し、早速王の手として指揮を執り始めます。
頭を悩ます問題は、

○元々の目的ジョン・アリン暗殺の真相追求
王家は借金まみれ
○到着直前の、親友マイカーと大狼の件で娘ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark不機嫌
ブランゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngの容態と犯人探し

ジョン・スノウゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowにて、陰険な指南役に目を付けられますが、仲間を得たようです。

また、ジョンゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowを気に掛ける叔父ベンジェンゲースロキャストiconベンジェン・スターク/Benjen Starkが壁北へ向かいました。まだ叔父さんまで暗記できないかもですが、これだけ押さえましょう。

叔父さんが壁北へ

ティリオンゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterは一話だけでさっさと王都へ帰るようです。一緒に行くのは採用係ヨーレンゲースロキャストicon壁の採用係ヨーレン/Yoren。途中、ウィンターフェル城へ立ち寄る予定です。

また、ヴィセーリスゲースロキャストiconヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryenは早くも人望を失ってる描写が出てきました。

一気に新キャラ出し過ぎなんだってこのドラマ。例によって落ち着いて進めるに限ります。見分けが付くようになれば頭に入るので。

大前提なのに説明されぬゲースロ歴史をここで知る

このドラマの常識となる事前情報です。ドカドカ人物が登場しパニック状態に追い打ちをかけるので保留しておりました。

名前は置いといて顔判別可能になったら知るべきこと。ドラマ内で紹介されないこの世界の歴史、事件などです。既読の方も再度確認してみましょう。

その大前提中のロバートの反乱要素も追記した家系図、相関図。上記歴史が掴めたら、登場しない重要人物を確認。こーいういきさつがあったのです。

ゲームオブスローンズ相関図-ロバートの反乱要素も含めた家系図スターク家
ゲームオブスローンズ相関図-ロバートの反乱要素も含めた家系図ターガリエン家

すごく難しい『ゲーム・オブ・スローンズ』。理解に必要な情報は本ブログ内にすべて揃っています。使い方をご確認ください。

本サイトゲームオブスローンズ似顔絵ブログの構成と見方
サイト上方、投稿タイトル上のボタン【GOTトップ】です。
高難度HBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報はすべて揃っています。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました