ゲームオブスローンズ解説|シーズン3 エピソード4『穢れなき軍団』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-

第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S3-04解説

シーズン3エピソード4『穢れなき軍団』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterヴァリスの逸話。ヴァリスの策でタイレルサンサに接近。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthボルトン家が二人を連行中。
ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Young相変わらず夢に三つ目の鴉。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonメリサンドル王の血求めどこかへ出発。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow出番なし。クラスターの宿でナイツウォッチ反乱発生。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen奴隷軍団入手直後親方達を皆殺し。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark兄弟団の洞窟でベリックvsハウンドの決闘裁判開始。
ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyどこかの城に戻るがまた捕獲。
前回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister蔵相を押し付けられる。ポドリックが軽い足取り。
ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkリヴァーラン城入りし葬式。エドミュアの失策追求。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthボルトン家家来ロックジェイミーの手切断。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonメリサンドル王の血求めどこかへ出発。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowマンス・レイダーが壁南潜伏指令。クラスターの宿でジリが男児出産。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen奴隷軍団とドラゴン一体の交換交渉成立。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark兄弟団に連れられどこかへ出発。ホットパイと別れる。
ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy逃亡するが追いつかれまた救出。。
更に前ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngリード家の姉弟現れ、鴉潜りの話。

ティリオン・ラニスター周辺 リトルフィンガー凹ますヴァリスの策謀

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister:主に王都内

ゲースロキャストiconヴァリス/Varysゲースロキャストiconロス/whore Ros ゲースロキャストiconジョフリー・バラシオン/Joffrey Baratheonゲースロキャストiconマージェリー・タイレル/Margaery Tyrell ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconタイウィン・ラニスター/Tywin Lannister ゲースロキャストiconオレナ・レッドワイン・タイレル/Olenna Redwyne Tyrell ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark
●王都ヴァリス
ティリオンサーセイが戦中に自分を襲わせた証拠を得ようと来訪。
→が、ヴァリスは噂で聞いただけ。

目的達成できず。が、以前約束してたヴァリス去勢時の逸話をここで語る。
○少年時代、劇団と自由都市を廻る。
ミアで主人に売られ、買った妖術師が魔法でいきなり去勢。
○それ以来魔法恨む→妖術使いを従えるスタニス敗北を願った理由。
○その後追い出された後、盗みで生計。手紙を盗み見するように。
情報先取りにより小評議会のメンバーに。

⇒現在も木箱にミイラ状態で閉じ込めてる妖術師を見せる。
ティリオンに「念願は強ければ叶うもの。」と伝える。

●王都娼館
ヴァリス、自分のスパイである娼婦ロスと会う。
→娼婦ロスリトルフィンガー谷間ヴェイル出立用に準備する船の積荷リスト。
ヴァリスリトルフィンガーサンサ連れ出し計画掴む。

●王都王座の間
ジョフリーマージェリーと会話。
サーセイオレナと会話。

マージェリーを賞賛する民衆が窓の外に集合。
マージェリージョフリーと民衆に応える。

●王都タイウィン公部屋
サーセイタイレル家のきな臭さを報告。
タイウィン、取り合わず。

●王都タイレル家屋敷
オレナの元へヴァリス来訪。以下伝える。
リトルフィンガーサンサ連れ出し計画。
リトルフィンガーはウェスタロス一危険な男で、玉座狙ってる。
・戦中のロブが戦死するとサンサが北部掌握の鍵。※アリアブランリコンは死んだと伝わってるっぽい。(行方不明&グレイジョイの裏切り)

●王都の岬
マージェリー、祈り中のサンサの元へ。
タイレル家としてサンサに近づく。また兄ロラスサンサの結婚を匂わす。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ ヴァリス公の逸話

謎だらけの諜報機関長ヴァリスが初めて過去を明かしました。ミアに居たと語っています。

地図とか調べるとより深く楽しめるかも。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ サーセイがタイレル家を警戒

ジョフリーは以前の暴動で顔に牛糞を受けビビッています。サーセイも。

マージェリーはせこせこと孤児の世話→民衆が懐きジョフリーにまで賛辞。

サーセイマージェリーとの初対面時に既に腹黒と見抜き、きな臭い女を気に入るジョフリーと揉めていました。シーズン3第一話、第二話。

サーセイ腹黒の民懐柔策はジョフリー制御目的と気付き警戒。即タイウィン公の元へ。

この人らは「自分が特権階級だから支配者側」と思ってるので、民のためという発想はありません。自分がそうだから即見抜いたのかも。

ロブ・スターク周辺
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkリヴァーラン

●出番なし。

ブライエニー・オブ・タース周辺 大女助けた王殺しジェイミー

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthボルトン家に捕獲され中

ゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister ゲースロキャストiconボルトン家来ロック/Locke
●縛られて連行中
右手を落とされたジェイミー、剣を奪って歯向かうも失敗。
→再捕獲。

●野宿中
ブライエニー、自分を助けたジェイミーに理由を詰問。

“タース島がサファイアの産地”と嘘。景色からそう呼ばれるが、産地でないことはジェイミーも承知。

ブラン・スターク周辺 三つ目の鴉が頭から離れない

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngジョンを目指し

●夢の中
ブラン、相変わらず夢の中で三つ目の鴉を追いかける。

スタニス・バラシオン周辺
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon:ドラゴンストーン城

●出番なし。

ジョン・スノウ周辺 ナイツウォッチ隊反乱しサムウェル脱出

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow:スパイとして野人の中へ

ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconジリ/Gilly ゲースロキャストiconクラスター/Crasterゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontゲースロキャストiconラスト/Rast
ジョン・スノウは出番なし。

ナイツウォッチ隊、野人クラスターの宿に到着
サムウェル、男児を出産したジリの元へ。
ジリ、生贄にされる子供の心配でいっぱいいっぱい。

ナイツウォッチ隊、野人クラスターの宿
餓死した仲間の葬儀。
「宿のものを独り占めしてる」と兵士中に野人クラスターへの不満広がる。

屋内でクラスターと総帥ジオーの会話中に、兵が反抗。
クラスター刺される。
→止めに入った総帥ジオーラストに刺される。
→大混乱の中、サムウェルジリと赤子連れ出す。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ 総帥ジオー・モーモント刺される

反乱の首謀者はカール・タナー。が、顔も認識できない位に画面に映りません。まぁその内出てくるでしょう。

ラストは首謀者でもなんでもない元強姦魔。背後から刺しました。やはり勝てそうな場合だけ手を出す強姦魔。

デナーリス・ターガリエン周辺 軍隊得た直後に親方皆殺しって強盗だろ

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:アスタポア

ゲースロキャストiconアスタポア善良なる親方たちクラズニス・モ・ナクロズ/Kraznys mo Nakloz
●アスタポアの街内
デナーリス、物々交換を契約した奴隷商人の下へ。ドラゴン一匹を渡し、代わりに親方の印であるムチを受け取る。

デナーリス穢れなき軍団アンサリードに命令。高地ヴァリリア語で「親方たちを殺せ。」

ドラゴンには炎吐け命令「ドラカリス。」→クラズニス親方丸焼き。

戦闘後、穢れなき軍団に下。
「去ってもよい。」
→全員動かず。
「義勇軍として戦ってくれるか?」
→全員応える。
→忠誠度100%、8千の軍隊入手。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ デナーリスの高地ヴァリリア語

ターガリエン家古代ヴァリリア帝国の名門。なので高地ヴァリリア語は母国語。

でもデナーリスが生まれたのはロバート王に追われて逃亡したドラゴンストーン島。その後、兄ヴィセーリスとエッソス各地を転々。←原作情報

ヴォランティス辺りでは高地ヴァリリア語で話してたのかな。

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ 穢れなき軍団に反乱を命令

何と汚ったないでしょう。

軍隊を得た直後、それを渡した側を皆殺しにしてしまいました。「ドラゴンはモノでない」とそれも取り返し、対価一切払わず。

これは商談ではありません。強盗です。

でもここは古代。デナーリスも常に強奪の脅威に晒されてきました。犠牲を選択して初めて統治が始まるのかも。

犠牲としたのはの信念に反する奴隷商人。信念が正しければ民は付いて来ます。信念を受け入れられ女王となれるでしょうか。乞うご期待。

アリア・スターク周辺 兄弟団リーダー登場しハウンド裁判

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:兄弟団に同行

ゲースロキャストiconミアのソロス/Thoros of Myrゲースロキャストiconベリック・ドンダリオン/Beric Dondarrion ゲースロキャストiconサンダー・クレゲイン通称ハウンド/Sandor Clegane
●兄弟団のたまり場
兄弟団ミアのソロスに目隠しされどこかの洞窟へ。アリアジェンドリー目隠し:知らない方が安全だから。拉致ではない。

旗標なき兄弟団リーダー、ベリック・ドンダリオン登場。
ハウンドを連行。クレゲイン家戦犯の裁き始まる。ただし全部マウンテンの仕業。

いづれも証拠なく決闘裁判ベリック・ドンダリオンvsハウンド開始。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ 兄弟団リーダーはベリック・ドンダリオン

見落としますが、兄弟団リーダーはベリック・ドンダリオン。存在感の強いミアのソロスは司祭。

シーズン1エピソード6『黄金の冠』で王の手エダードタイウィンに償還命令出したシーンを覚えていますでしょうか。

ベリック・ドンダリオンはその場で、リヴァーランドを荒らすマウンテン討伐を命令されておりました。剣術の達人だから。演じてたのは別俳優。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ ハウンドの決闘裁判の後ろ盾

クレゲイン家の戦犯”等と発言したりごちゃごちゃにしてますが、「ロバート王の名における王の手エダードの命令でマウンテンを成敗」と宣言。

つまり、シーズン1で発令されたエダードの命令が後ろ盾。

ハウンドジョフリー王子の護衛だったので事件当時は王都に居たはず。※予想ではありますが、ロバート王存命時の話なので。

マウンテンが対象なのに裁かれるのは弟ハウンドハウンドもビックリでしょう。

でも周囲にはハウンドを恨む者多数(主にアリア。決闘裁判が始まってしまいます。これが古代。

シオン・グレイジョイ周辺 また同じ城に捕獲!

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy上へ戻る

ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy:どこか分からない謎の城内

ゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton
●逃亡失敗→救助後
シオン謎の青年とどこかの城に戻る。

シオングレイジョイの味方と信じ込む謎の青年に以下を打ち明ける。
ブランたちが見つからず農家の子供を代わりに焼いた。
・父ベイロンには捨てられたも同然、本当の父エダードは王都で殺された。

入れられた部屋は元々拷問されてた部屋→また捕まる。

解説ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy~ エダードを“本当の父”

台詞を確認しましたが“Real Father”と表現していました。

すべてはベイロンの反乱を起因とした悲劇ですが今更エダードを本当の父。なんと調子のよいことでしょう。

解説ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy~ 謎の青年の目的

なのでドラマ中ではハッキリとしませんが、第一の目的はここで達成。シオンが二つ自白しました。

登場人物情報 シーズン3エピソード4

初登場の人物 シーズン3エピソード4

ゲースロキャストiconベリック・ドンダリオン/Beric Dondarrionなし

ただし、兄弟団リーダーベリック・ドンダリオンが俳優変更で再登場。

散った人物 シーズン3エピソード4

ゲースロキャストiconクラスター/Craster宿経営の野人
クラスター
ゲースロキャストiconジオー・モーモント/Jeor Mormontの総帥
ジオー・モーモント
ゲースロキャストiconアスタポア善良なる親方たちクラズニス・モ・ナクロズ/Kraznys mo Naklozアスタポア“善良なる親方たち”
クラズニス親方

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン3エピソード4

エピソードタイトルは『穢れなき軍団』。奴隷軍団アンサリードの日本語名。

「統治者とは何なのか、自分は支配者側らしいが資格は何?」と常に悩んできたデナーリスが遂に行動に出ました。

王都内の人物は兄ヴィセーリスと同じく“特権階級だから支配側”と考えています。

クラスターの宿では「自分のものを独り占めしてる」と居候が反乱。兄弟団の意味不明な裁判もありました。

・選ばれた存在だから支配。
・周囲に自分の物を差し出さないのは悪。
・兄が犯罪者だから弟罰する。

理屈なんて通じなかったはずよと大昔の常識デナーリスの違いを強調したのかも。

一方、シオン君は現代人でも見抜けないようなトリックに引っ掛かっております。

同時進行するシナリオが多くなり、細切れシーンがより細かく点在するように。このドラマが難しい原因。要注意です。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました