ゲームオブスローンズ解説|シーズン3 エピソード6『登壁』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-

第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S3-06解説

シーズン3エピソード6『登壁』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterタイウィンオレナサーセイの嫁入り強要。サンサも選択ミス悟り嘆く。
ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkフレイ家と同盟継続交渉。エドミュアを犠牲に。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthルース・ボルトンジェイミーを王都へ返すと裁定。
ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngジョジェンが狼潜りで野人中のジョン・スノウ見る。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow壁を登る。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkメリサンドル現れジェンドリーを連れ去る。
ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy拷問中。
ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyジリを連れ壁へ帰還中。
前回ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterタイレルの企みをタイウィンが知り、サンサとの結婚決定。
ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark旗手カースターク処刑し兵力半減。
ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthハレンの巨城到着。ジェイミーが王殺し事件の真相。
ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon家族登場。が地下牢のダヴォスに読み書き教える宣言。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow誓い破りイグリットと結ばれる。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen穢れなき軍団司令官選出。グレイワームはその名を選択。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark決闘裁判はハウンドが勝利。ジェンドリーは入団予定。
更に前ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Young相変わらず夢に三つ目の鴉。
ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyどこかの城に戻るがまた捕獲。
ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyクラスターの宿でナイツウォッチ反乱発生。

ティリオン・ラニスター周辺 タイウィンの手腕とリトルフィンガーの野望

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister:主に王都内

ゲースロキャストiconタイウィン・ラニスター/Tywin Lannisterゲースロキャストiconオレナ・レッドワイン・タイレル/Olenna Redwyne Tyrell ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon花の騎士ロラス・タイレル/Loras Tyrellゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark ゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefingerゲースロキャストiconヴァリス/Varys ゲースロキャストiconロス/whore Ros
●王都タイウィン公執務室
オレナと会話。
オレナロラスサーセイの結婚に反対。
タイウィン、従わないとロラスを王の盾に。
オレナタイウィンが叙任命令書を書こうとするペンをへし折る。しぶしぶ了解と言う意味。

●王都公園
まだ情報を知らないロラスサンサがデート。それを遠くに眺めティリオンサーセイ会話。

タイウィンの策により、ティリオンサンサロラスサーセイが結婚することに。4人全員が修羅場。

共にぼやく。この事態はサーセイが余計なことをした結果。

ティリオン、戦場でのサー・マンドンによる自分暗殺指令を話題に。シティウォッチへの命令権を持つのはサーセイジョフリーの二人だけ。
お前だろう?と詰問。
サーセイ黙秘。
ティリオンジョフリーの命令と悟る。

サーセイジョフリーの抑制に失敗したと予想。現在、ジョフリーを制御できるのはタイウィンのみ。

が、孤児の支援に勤しむ腹黒マージェリージョフリーとその子供を制御し出すと覇権はタイレル家へ。サーセイはそれが心配。

●王都サンサの部屋
サンサシェイと会話。

ティリオンサンサ自分の婚礼話をしに恐る恐る来訪。愛人シェイに聞かせぬよう追い出そうとするがシェイ、出て行かない。

●王都玉座の間
鉄の玉座の剣の数を数えてるリトルフィンガーの元へヴァリス来訪恒例の探り合い勃発。
ヴァリスサンサを連れ出す計画潰してやったわ。」
ライサの件では2番目を選ぶハメ=サンサ奪取に失敗。
リトルフィンガータイレル家サンサを嫁がす計画潰してやったわ。」
ヴァリスの目的はリトルフィンガーの増長抑止。なので一応成功。

ヴァリスのスパイとなっていた娼婦ロスジョフリー王に差し出され惨殺。

リトルフィンガー「嘘が真実となるまで繰り返すのはエイゴンの椅子と同じ。」
ヴァリス「嘘を辞めると混乱という穴が自分らを飲み込む。」
リトルフィンガー「混乱状態は穴ではなくハシゴ。」

●王都の波止場
ティリオンと結婚することになったサンサ、出発済のリトルフィンガーの船見つめ嘆く。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ タイウィン公のタイレル対抗策

オレナは秘密裏にロラスサンサの結婚を画策→潰すためにティリオンサンサロラスサーセイの結婚を命令。

以下がタイウィンのディベート。
→まず、サーセイを断る理由「年増」を言わせる。
ロラスは有名な性的趣向少数派。産む産まない無関係を匂わす会話進める。
→誰でもいいはずなのに王の手で不満てことは結婚しないのな。
→王の盾で構わんだろう。

王の盾は正式な結婚不可=子供得てもそれは落とし子で非タイレル家後継。その昔自分がやられた方法を今回のネタに使ったものと思われます。

ドラマ開始前の出来事。狂王が王の手タイウィンの能力を妬みジェイミーを王の盾に→大切な跡取り奪われ激怒→王の手辞任。

先回のジェイミー王殺し事件の真相で、タイウィン狂王裏切り王都制圧とありましたが、その恨みもあるものと思われます。

ドラマ開始前の情報がここに。8番が該当します。解説の前に見るべき動画発見|ゲースロ分からん問題解決

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ サーセイの黙秘

息子大事だし、また制御できてない言われるし。

解説ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannister~ 賢いリトルフィンガー

鉄の玉座のことを「エイゴンの椅子」とわざわざ難しい表現。玉座を作った300年前の征服王エイゴン・ターガリエンのこと。

リトルフィンガーはこーいうのやたらと多し。要注意。

また「混乱状態はハシゴ」。つまりは出世のチャンス。自ら混乱状態を作っていくことをヴァリスに宣言してるのでしょうか。

ロブ・スターク周辺 誓い破りの代償に叔父エドミュア差し出す

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkリヴァーラン城

ゲースロキャストiconブリンデン・タリー/Brynden Tullyブラックフィッシュ/BlackFishゲースロキャストiconエドミュア・タリー/Edmure Tully
城内
キャスタリーロック攻めを思い付くが兵が足りないロブフレイ家の勅使と会談。
→同盟継続の条件は、
・ハレンの巨城とその領地をフレイ家に。
エドミュアウォルダー・フレイの娘ロズリンが結婚。
エドミュア、猛反対。フレイ家の君主タリー家の長男てことで12歳の頃から狙われてたらしい。
→が、先の失策持ち出され強制。

解説ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark~ タリー家の主君は北の王?

一連の行動でタリー家は完全にスターク家に命令されています。

ラニスター家は、ティリオンを拉致したキャトリンの実家としてタリー家と戦争中でした。その後、王の手エダード失脚→王家を牛耳るのはラニスター

既にリヴァーランド領主は名目上ジャノス・スリント、次がリトルフィンガー。なので、もう後ろ盾は北の王しか居ないということでしょうか。

すべては、噂信じて独断で拉致したキャトリンのとばっちりやないか。その割にはキャトリンが責められてないのは下の常識からかも。

解説ゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Stark~ ウェスタロス内の派閥

そろそろウェスタロス全家系の区別は付いた頃と思われるので一旦整理。感覚的な捉え方のために。

ゲームオブスローンズ地政学解説-タリー家のリヴァーランドは軍事的に重要

●故ジョン・アリン
 スタークバラシオンアリン連合:エダードロバートアリン家里子。
 上記+タリー連合:谷間全域から心服されるジョン・アリンが作った同盟。
タイウィン
 ラニスタータイレル連合:王都を牛耳る同盟。水面下では対立。
グレイジョイ派-孤立
マーテル派-遠方

だから、タリー家で育ちアリン家未亡人を抱き込めるリトルフィンガータイウィンの最も便利なスパイ。

ラニスタータイレル連合もリトルフィンガー作。シーズン2エピソード6『古今の神々』

ブライエニー・オブ・タース周辺 ロブの配下ルース・ボルトンがジェイミー開放

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthボルトン家に捕獲され中

ゲースロキャストiconルース・ボルトン/Roose Boltonゲースロキャストiconジェイミー・ラニスター/Jaime Lannister
●ハレンの巨城にて
ジェイミー、ドレスアップブライエニールース・ボルトン会食。

ルース・ボルトン意向は、
・部下が勝手に右手落とした償いとしてジェイミーを王都へ。タイウィン公に真実を伝えること条件。
ブライエニーは反逆幇助罪で拘束。
ジェイミーブライエニーを連れて行くと主張するが、却下。

解説ゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarth~ ルース・ボルトンの裁定

ルース・ボルトンの主君はロブ

つまりジェイミーを逃がしてよい訳がありません。一方でブライエニーロブへの反逆幇助罪として(部下に隠さず)拘束。

チグハグなことをしています。

ロブが帰還してブライエニーの姿を見ればすべてばれるので、明らかに謀反を計画。タイウィン公が受け入れるか探ってる状態でしょうか。

ブラン・スターク周辺 野人内にジョン・スノウ見るジョジェン

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngジョンを目指し

ゲースロキャストiconオシャ/Oshaゲースロキャストiconミーラ・リード/Meera Reed ゲースロキャストiconジョジェン・リード/Jojen Reed
●壁への道中
ミーラ(二十歳前後)オシャ(二~三十代)とケンカ。非常に仲が悪い。
→両者、ブラン(十歳)に叱られる。

ジョジェン、緑視力の反動で痙攣。
ジョン・スノウを野人の中に見る。

スタニス・バラシオン周辺
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheon:ドラゴンストーン城

●出番なし

ジョン・スノウ周辺 イグリットと登壁成功!

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow:スパイとして野人の中へ

ゲースロキャストiconトアマンド/Tormundゲースロキャストicon狼潜りオレル/Orellゲースロキャストiconイグリット/Ygritte
●野人の野営地
へ登る準備。トアマンドは50回登ってる、イグリットは未経験。
イグリットジョンの会話。
ジョンがスパイであることをイグリットは知ってた。
・自分らの味方は自分らだけと発言。

●絶壁
トアマンド、狼潜りオレルジョン・スノウイグリットの4人が壁を登る。

●絶壁
ジョン・スノウイグリット、落下しかけるが九死に一生を得る。

●頂上
無事4人とも頂上に登り詰める。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ イグリットの発するWe

ジョンイグリット、二人だけのことをWeと表現してるように思えます。つまり、スパイかどうかはどうでもよく、自分の味方であればいい。

が、以降のエピソードでマンス・レイダーも含まれるよう感じる場面もあります。女心はよくワカラン。

解説ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow~ マンス・レイダーの命令

マンス・レイダーの命令は「20人連れての南側に潜伏しろ。」なので、4人しか映っていませんが、別の地点からも登ってたと思われます。

デナーリス・ターガリエン周辺
ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:アスタポア出立し進軍

●出番なし。

アリア・スターク周辺 ミアのソロスはメリサンドルと同じ光の王司祭

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:兄弟団に同行

ゲースロキャストiconメリサンドル/Melisandreゲースロキャストiconミアのソロス/Thoros of Myrゲースロキャストiconベリック・ドンダリオン/Beric Dondarrion ゲースロキャストiconジェンドリー/Gendry
●兄弟団のアジト
アリア、兄弟団の弓使いアンガイに射方を指南される。

メリサンドル現れ、ミアのソロスと高地ヴァリリア語で会話。
ミアのソロス、「ロバート王光の王に導け」と大祭司から使命を受けていたらしい。

メリサンドル、何度も復活するベリックの体を観察。
ミアのソロス、信仰ないダメ司祭だったが、死んだベリックで復活の術に気付いた。紹介的内容。

ジェンドリーメリサンドルに渡される。

ベリックたちが金を渡されたため、アリア猛反発。ジェンドリーを渡した理由は、光の王と金のため。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ 絶対にぶっ殺すリスト公開失敗

v1.36:ジョフリーサーセイイリーン・ペイン、…。←兄弟団の弓使いアンガイに遮られる

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ ヴァラー・モルグリスがまた登場

以前、アリアジャクェン・フ=ガーに教えられた合言葉、デナーリスとアスタポアに居るミッサンディが発した言葉がまた登場。

今度はメリサンドルが。返答「ヴァラー・ドヘリス。」もミアのソロスの口から初登場。

シオン・グレイジョイ周辺 拷問てより虐待

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy:どこか分からない謎の城内

ゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton
●磔られ中
本性を現した謎の青年シオンを拷問。てか「問い」が無いので拷問て言うより拷。

サムウェル・ターリー周辺 救出したジリに宝物ドラゴングラス自慢

ゲースロキャストiconティリオン・ラニスター/Tyrion Lannisterゲースロキャストiconロブ・スターク/Robb Starkゲースロキャストiconブライエニー/Brienne of Tarthゲースロキャストiconブラン・スターク/Brandon Stark Youngゲースロキャストiconスタニス・バラシオン/Stannis Baratheonゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly上へ戻る

ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyへの道中

ゲースロキャストiconジリ/Gilly
●道中
サムウェル、暴動からジリと赤子連れ出し、壁を目指す。

途中、最初の人々の拳(地名)で見つけたドラゴングラス黒曜石ジリに披露。

登場人物情報 シーズン3エピソード6

初登場の人物 シーズン3エピソード6

なしなし

散った人物 シーズン3エピソード6

ゲースロキャストiconロス/whore Ros北部出身の娼婦
ロス

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン3エピソード6

エピソードタイトルは『登壁』。野人と共にジョン・スノウが200m以上あるを登りました。

タイトルに関係ないからと見落としてはいけないのが、ルース・ボルトンロブの臣下。何するんですかコイツは。

当のロブは誓い破りの挽回に叔父を犠牲にして奮闘、シオンは拷問の理由当てクイズに奮闘。

その他、“光の王”、“狼潜り”といったファンタジードラマならではの要素が前面に出始めます。現代人は無関心だし地味だし忘れがちですがご注目。

今回から、ジリと赤子を守るため博学デブが単独シナリオへ。画面が暗くて分かりづらいので注意。

また、アリアの『絶対にぶっ殺すリスト』が中途半端アップデート。途中で遮られ公開に失敗しました。

ゲームオブスローンズ解説/GameofThronesシーズン3エピソード6登壁~season8episode3長い夜の伏線~|登場人物キャスト似顔絵|アリア・スターク/Arya Stark演じる女優メイジー・ウィリアムズ/Maisie Williamsの顔を掴むメリサンドル/Melisandre演じる女優カリス・ファン・ハウテン/Carice van Houten|光の王予言茶色い緑青い目|イラストカリカチュア

ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました