ゲームオブスローンズ解説|シーズン6 エピソード6『血盟の血』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風

第七章氷と炎の歌シーズン7の解説はこちら
最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S6-06解説

シーズン6エピソード6『血盟の血』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister到着前に雀聖下操る。ジェイミーリヴァーランへ。
ゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Stark鴉潜り中ミーラに引きずられ逃亡。ベンジェンが救出。
ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly実家で父親にジリ野人ばれ勘当→家宝持ち出し出立。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenドラゴン上からウェスタロス侵攻宣言。ドスラク民高揚。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark舞台女優助け逃亡の準備。ジャクェンアリア殺害指令。
前回ゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkウィアウッドで鴉潜り。夜の王襲来、ホーダー戦死。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow奪回策会議。谷間軍待機をリトルフィンガーが連絡。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen石化ジョラーと別れ出立。配下は赤の祭司に威厳流布依頼。
ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkジャクェンが術の起源説き女優殺害指令。商売と気付く。
ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy選王民会場にユーロン乱入→ヤーラ敗北→船奪って逃亡。
更に前ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterマージェリー贖罪阻むため小評議会でジェイミー作戦説明。
ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly知識の城行き船中。ホーンヒルにジリ預ける予定。S6-3

サーセイ・バラシオン周辺 ハイスパローが王都掌握

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister:主に王都内

●聖堂内
トメン雀聖下ハイスパロー会話。

トメン、投獄されてる后マージェリーとやっと面会。
・贖罪は免れず。
マージェリーは洗脳された様子(に見える)

●聖堂前
救出作戦を計画してたメイス・タイレルを引き連れシュプレヒコール。

雀聖下マージェリーの罪を民に宣言中。
メイス軍到着。
ジェイミーオレナvsランセル達聖兵の睨み合い。
→聖堂正門から、言いくるめられたトメン王登場。

タイレルジェイミーが恥をかかされる結果に。

●玉座の間
トメン、聖堂に迫った件でジェイミーの王の盾総帥職を解任。リヴァーラン城の紛争に派遣し王都から追い出す。雀聖下の差し金。

その頃、双子城では、
●双子城
ウォルダー・フレイブリンデン・タリーブラックフィッシュリヴァーラン城を奪われた息子たちを叱責。
→牢屋のエドミュアをエサに奪い返せと命令。

サーセイ部屋
サーセイジェイミーの会話。
雀聖下トメンを操られジェイミー激怒。が、サーセイがなだめて命令通りリヴァーラン城へ。

サーセイ、自身の裁判は擁護者マウンテンの決闘裁判で切り抜けるつもり。

解説ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister~ 王都を掌握した雀聖下ハイスパロー

何としても后マージェリーを取り戻したいマヌケな正直者トメン王との面会を頑として許さなかった雀聖下

ロラスタイレル家を守りたいマージェリーは洗脳されたような口ぶり。その真偽は不明。が、大切な后が教団の理想を推せば間抜け王は自在に操れることに。

たまたま起きたことでしょうか、雀聖下の策略でしょうか。

ブラン・スターク周辺 生きてたアンコゥ・ベンジェン

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Stark:ウィアウッドの木脱出

●付近の森
木の下の洞窟を追われたミーラブランを引きずって逃亡中。ただし、ブランは鴉潜り中。

ブラン、すべてを知り目覚める。が、周囲に迫る死の軍団。絶体絶命。
→馬に乗った何者かが亡者殲滅し救出。

●付近の森
救世主の正体は叔父ベンジェン・スターク

ホワイトウォーカーに刺されたが、森の子らが魔法を止めてくれたらしい。恐らく方法はドラゴングラスを心臓にブスッ。

解説ゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Stark~ ブランが三つ目の鴉に

ブランがすべてを知って目覚ました。前エピソードで三つ目の鴉が行ってたのは免許皆伝策だったようです。

三つ目の鴉ホワイトウォーカーに襲われ黒いチリジリになってましたが、その後もブランが継続可能なよう何か仕込んでた模様。

ジョン・スノウ周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow:壁-黒の城

●出番なし。

サムウェル・ターリー周辺 父ランディル激怒

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly:ホーンヒル

●ホーンヒル間近
サムウェルジリ、実家ターリー家へ行くに当たり取り決め。
赤ん坊サムサムウェルの子、ジリは野人でなく北部で出会ったことに。

●ホーンヒル到着
母と妹タラは歓迎。
ランディルと弟ディコンは狩りで外出中。

●ホーンヒル
サムウェル、垢抜けないドレスアップジリターリー家家族と会食。

ランディル、学匠メイスターを目指すサムウェルに苦言。

サムウェル=勇敢”と反論するジリ
「黒の城へ下る際にホワイトウォーカー倒した。」と発言。
ランディル、壁に南下という表現でジリ野人と分かり激怒。

ランディルは死後、家宝心臓裂きハーツベインサムウェルに残すつもりだった。つまり、勘当はしたが家督相当の遺産。

心臓裂きハーツベイン…500年間、ターリー家に受け継がれてきたヴァリリア鋼の名刀。

ランディル決定:
ジリは厨房、赤子サムは落とし子として養育。
サムウェルは追放。

●ホーンヒルの部屋
サムウェル、一旦ジリに別れ。
→が、突然心変わり。ハーツベインを盗み出しジリと赤子連れて出立。

解説ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly~ これまで出てきたヴァリリア鋼

ティリオンの短剣
長い鉤爪ロングクロウモーモント家家宝500年前~。
ルーウィンの学匠の鎖
ジョフリーウィドウズ・ウェイルエダードの剣鋳直し。
ブライエニーオウスキーパーエダードの剣鋳直し。
心臓裂きハーツベインターリー家家宝500年前~。

解説ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly~ 武人ランディル・ターリーとは

スタニスランディル・ターリーは兄ロバート王が唯一負けた相手。」この方が、臆病者サムウェルを廃嫡し送りにした武人。

リーチなどウェスタロス南方ではどちらかと言えばに無関心。が、ジリを連れてきた臆病者に激怒。やはり武人は義務感が強いようです。

は対ホワイトウォーカーの施設。が、その存在が神話化した現在の常識としては=対野人施設。

解説ゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarly~ リーチの名家ターリー家の家族

HBOドラマでは触れられませんが、母メリッサフロレント家出身でスタニスの嫁セリース・バラシオンのいとこ。妹はタラ・ターリー

フロレント家とは元々のリーチ王国の王ガードナー家に最も近い貴族。

300年前の征服戦争時にタイレル家が征服王エイゴン・ターガリエンに寝返り増長→フロレント家落ちぶれる、のようです。

デナーリス・ターガリエン周辺 ドスラク民心掌握

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:ミーリーンへ帰還中

デナーリス行軍
ドスラク民を従えたデナーリス
・ミーリーン帰還後ウェスタロス侵攻開始予定。
ダーリオ「必要な船は1000隻。」

何かを見たデナーリス、一人でどこかへ。
デナーリスを背に乗せたドラゴン飛来。
デナーリス、ドラゴン上からウェスタロス侵攻を宣言。
ドスラク民の士気向上作戦成功。

アリア・スターク周辺 答え出し逃亡準備

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark:ブレーヴォス

●ブレーヴォス劇団の楽屋
レディ・クレイン暗殺指令遂行中のアリア、公演中の舞台裏でラム酒に毒注入。

公演が終わったレディ・クレインアリアに話しかける。
アリア、王后サーセイ演じたレディ・クレインに演技の感想述べ、興味持たれる。

レディ・クレインの人柄確信したアリア、ラム酒を叩き割り、脇役ビアンカの暗殺依頼暴露して去る←一部始終をウェイフが監視。

アリア、岩場に隠してあった針ニードル持ち出し逃亡準備。

ウェイフジャクェンに報告。
ジャクェン、仕方なく殺害命令。取り決めしてた模様。

解説ゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Stark~ 自分を見つけたアリア・スターク

遂にアリアが自分で結論を出しました。次はないとジャクェンに脅されてましたが、答えを出し逃亡の準備です。

予想ですが、ブレーヴォスの誰でもない者は暗殺集団。つまりゴルゴ13。暗殺の理由は正義でなく報酬。

元々、ハレンの巨城でアリアを誘ったジャクェンですが、アリアが欲っするのは復讐のための暗殺術。最初から分かってた気がします。

でも殺害指令。子供の勘違いであろうが裏切り者許すまじ、てことでしょうか。話が続きますので最終的な判断はできませんが。

シオン・グレイジョイ周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoy:鉄諸島を脱出

●出番なし。

ラムジー・スノウ周辺
ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストicon成長後ブラン・スターク/Brandon Starkゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snowゲースロキャストiconサムウェル・ターリー/Samwell Tarlyゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryenゲースロキャストiconアリア・スターク/Arya Starkゲースロキャストiconシオン・グレイジョイ/Theon Greyjoyゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Bolton上へ戻る

ゲースロキャストiconラムジー・スノウ・ボルトン/Ramsay Snow Boltonウィンターフェル城

●出番なし。

登場人物情報 シーズン6エピソード6

初登場の人物 シーズン6エピソード6

ゲースロキャストiconランディル・ターリー/Randyll Tarlyターリー家当主
ランディル・ターリー
後に俳優変更ターリー家次男
ディコン・ターリー

散った人物 シーズン6エピソード6

なしなし

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン6エピソード6

エピソードタイトルは『血盟の血』。“血盟の騎手”とはドスラクの族長が選ぶ三人の護衛。が、デナーリスが選んだのは全員→民を完全掌握。

この人ほど大成功を繰り返す人は居ません。そのきっかけは毎回“ドラゴン見せ付ける”、“燃えないこと”。

つまり、“人間でないこと”。不公平過ぎます。

デナーリスと同じく選ばれし者っぽいのはブラン・スターク三つ目の鴉から免許皆伝。すべてを知るものになってしまいました。

選ばれし者っぽかったのに、アリア司令官と袂を分かつことを決意。逃亡の準備を進めています。

選ばれし要素皆無の臆病者サムウェルは伝統をガン無視→家宝を盗み出してしてしまいました。

何か別の選ばれし者サーセイは、大切な息子が操られてるのに目下の課題“自分の裁判”は安泰と安心しきっております。

安心の根拠は最強マウンテンロボ。どうなるのでしょうか。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました