ゲームオブスローンズ解説|シーズン7 エピソード7『竜と狼』 後のネタバレ無し復習用

本ブログでは各緒名家に関連する名称はこの色使いで強調しております。家名、人名、地名など。サイドバー内には簡易地図。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家

【ご注意】観たけどわからなかった人用。ネタバレ要注意。

ポク太郎です。

主要人物ごとに周囲の動きをまとめたあらすじ解説。見方・使い方はブログ上部投稿タイトル上ボタン“全エピソード解説”でどうぞ。


ゲームオブスローンズ解説全体目次
第一章七王国戦記シーズン1の解説はこちら
第二章王国の激突シーズン2の解説はこちら
第三章戦乱の嵐-前編-シーズン3の解説はこちら
第四章戦乱の嵐-後編-シーズン4の解説はこちら
第五章竜との舞踏シーズン5の解説はこちら
第六章冬の狂風シーズン6の解説はこちら
第七章氷と炎の歌

最終章『』不明シーズン8の解説はこちら

HBOのVIEWER’S GUIDEや関連動画
GameofThrones公式S7-07解説 S7-07関連動画

シーズン7エピソード7『竜と狼』解説記事内目次

今回と以前のエピソード概要

“今回”登場の人物を振り返る場合は、“前回”を探し→無ければ“更に前”で探して下さい。大抵は前々回、違うなら記載してあります。

今回ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister休戦協定会談。承諾するが策謀。ジェイミーが失望し決別。
ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkリトルフィンガーを処刑。サムブラン再会しジョンの正体判明。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen北部へ移動中ジョンと結ばれる。シオン部下見返しヤーラ救出へ。
前回ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkアリアの攻撃をリトルフィンガーに相談。ブライエニー追い出し。
ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen知らせ受けドラゴンで壁北へ。ヴァリス女王の短気憂う。
ゲースロキャストiconジョン・スノウ/Jon Snow壁北で亡者捕獲し、帰路の船上で女王へ誓い。
更に前ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister戦況不穏。対ティリオン休戦会合承諾。妊娠判明。

サーセイ・ラニスター周辺 デナーリスとドラゴンピットで休戦協定

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannister:主に王都内

●王都
デナーリスが休戦協定に向かう王都。穢れなき軍団アンサリードが包囲。
ブロンジェイミーが指揮する王都軍と対峙。
ドスラク兵穢れなき軍団に合流。

●大船団上
ティリオンジョンダヴォスミッサンディジョラーヴァリスシオン
ハウンド、箱に閉じ込める亡者ワイトを確認。

●王都サーセイ部屋
サーセイマウンテンに命令。
トラブル起きたらデナーリスジョン→後は好きな順にと殺害命令。

●王都
デナーリス陣営は会合の場へ徒歩で。
ティリオンジョンダヴォスミッサンディジョラーヴァリスシオンハウンド

他方からブロンブライエニーポドリック
ティリオンポドリック再会。
ブライエニーハウンド再会。アリアの生存情報がハウンドに。守ってたつもりらしい。
ティリオンブロンヴァリスポドリック会話。対スタニス戦の盟友。

●王都竜舎ドラゴンピットで会合
ブロンポドリックを連れ酒場へ。

ジェイミーマウンテンクァイバーンユーロン・グレイジョイを引き連れたサーセイ登場。

ハウンド、再会した兄マウンテンに宣戦布告してから亡者を閉じ込めた木箱を取りに行く。
ここでデナーリス、ドラゴンに乗って登場。
ティリオン、会談開始。
→しばらく罵り合い。
ハウンド亡者を見せる。
→全員、驚愕。

ユーロン亡者が泳げないこと確認し、鉄諸島へ帰る。

サーセイ、休戦を受諾「北の王ジョンとはその後も休戦。対デナーリス戦を邪魔しないこと。」
ジョン、既にデナーリスに誓ってること暴露。
サーセイ、怒って退出。

ブライエニーサーセイに追従するジェイミーを引き止めるが×。
ティリオン、直談判へ。

●王都サーセイ部屋
サーセイタイウィン不在だからミラセアトメン死んだ。ティリオンのせい。」
ティリオン、初耳。ジョンの誓いも初耳。

会話が進み、
ティリオンサーセイの妊娠に気付く。

●王都会合の場
デナーリスジョンの会話。
デナーリス、もう子供産めない←子羊人の町ラザールの妖女談。※シーズン1のドラゴン生まれる直前。

ティリオン、戻る。
サーセイも戻り、対ホワイトウォーカー戦で共闘と宣誓。

●王都
ジェイミー、北進の準備中。
サーセイ、人払い後裏切りを発表。
ドラゴンホワイトウォーカー-バケモンの同士討ち狙い。
・奥の手は鉄の銀行経由の黄金兵団ゴールデンカンパニー
ユーロンが船で迎えに行ってる。
ジェイミー、指揮官である自分でなくユーロンと共謀かと責める。
サーセイ「お互い様。」ジェイミーは敵ティリオンと停戦協議の密談。
ジェイミーサーセイの元を去る。

サンサ・スターク周辺 策に溺れたリトルフィンガー処刑!

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkウィンターフェル城

城内
サンサ、手紙でジョンデナーリスに誓ったこと知る。
リトルフィンガーを前にジョンの文句。殺し屋集団に居たアリアも反発と愚痴。

リトルフィンガー、助言。
「相手の言動の奥にある最悪の行動を考えるゲーム。」と、アリアの行動予測を悪い方にこじつける。

●大広間
サンサアリアを広間へ呼ぶ。
裁判を行う模様。甲冑姿の兵士も出席する中、被告人とされたのは、アリアでなくリトルフィンガー。容疑は殺人と裏切りの罪。
ライサ・アリン突き落とし。
ジョン・アリン殺害。
スタークvsラニスター画策。
サーセイと共謀しエダード欺いた。
ティリオンの短剣も嘘。

アリア、命乞いをするリトルフィンガーを処刑。

城内
知識の城を飛び出したサムウェルが到着。
を抜ける際、夜の砦ナイトフォートで鉢合わせしたブランと再会。
ブラン三つ目の鴉になったこと告げる。

ジョン・スノウの出生の秘密が話題に。
本当はレイガーと叔母リアナの子、ドーンで生まれたのでジョン・サンド
サムウェルジリが読んだ婚姻破棄の資料思い出す。
ブラン、再度鴉潜り。
レイガー・ターガリエンリアナの正式な婚姻の元に産まれた子。
ジョン・スノウエイゴン・ターガリエン

壁上
サンサアリアの会話。
アリアサンサ城主を認める。父エダードの言葉を姉妹で再確認。
「冬には一匹狼は死ぬが群れは生き延びる。」団結せよという意。

●北の森
ブラン、鴉潜り中。東の物見城イーストウォッチ見る。

トアマンドベリック・ドンダリオンが見張り台。
→亡者の大群来襲。
夜の王を乗せた青い目のドラゴン、電撃らしきものを吐いて壁を破壊。
死の軍団、壁南へ侵入。

解説ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark~ 落とし子ジョン・サンド

サムウェルの話を聞く前から、ブランジョンレイガーの子と知っておりました。

なので、落とし子の姓は家ではなく出生の場所で決めるようです。ジョンのように父方母方か決められない場合もあるからですかね。

因みに落とし子の姓はwikiにこうあります。


スノウ
鉄諸島
パイク
リヴァーランド
リヴァーズ
谷間
ストーン
王都
ウォーターズ

ヒル

ストーム
リーチ
フラワーズ
ドーン
サンド

解説ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark~ リトルフィンガーが残した謎

上記の落とし子の話で疑問が。リトルフィンガーが以前ジョンのことを“南で産まれた落とし子”と表現。なぜコイツが知ってるのでしょう?

問題の部分シーズン6エピソード10-ジョンスノウの項を確認。

ブランが知ったのは上記の直前で場所は壁北。この件を知ってるのは妻キャトリンにすら言わなかったエダードのみ。謎です。侍女は一人居たけどさ。

解説ゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Stark~ アリアとサンサの姉妹喧嘩は何?

元々お姫様を夢見てたサンサ。既に興味はないが正義を生み出せる王后という可能性を持ち出すリトルフィンガー

信用に値せずと判断してるも、断ち切る覚悟ができなかったサンサ谷間の援軍の件もあるし。

「確信できるよう、アリア協議の上で策を仕掛け、サンサリトルフィンガーの行動を試させた。」

上記のように見るのが正解かなと思っております。

ブランとの再会時にアリアが鴉潜りを見て驚いております。そのとき話題になったのはブランへのヴァリリア鋼所持した刺客の話。

顔のゲームでピシピシ叩かれ、嘘を付く&見抜く達人となったアリアが疑うのはもちろんサンサよりリトルフィンガー

その後、サンサブライエニーを追い払い自ら丸裸に、ジョンアリアに怒って見せる等、いかにもリトルフィンガーにけしかける行動。

もちろん一つの見方。まぁどう解釈しようが大勢に影響なし。

それよりゲーム・オブ・スローンズの一大要素「陰謀・策謀」が終焉を迎えました。いよいよ終盤、寂しい限りです。

デナーリス・ターガリエン周辺 真実知らず結ばれる女王とジョン

ゲースロキャストiconサーセイ・ラニスター/Cersei Lannisterゲースロキャストiconサンサ・スターク/Sansa Starkゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen上へ戻る

ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen:ドラゴンストーン城

●城内
上項の王都で一応休戦協定を結んで、デナーリス軍の北部入りの方法協議。
ジョラー:狙われるので女王だけドラゴンで。
ジョン:敵とみなされないよう船で。
デナーリス、船で。

●城内
ジョンシオンが話。
ジョン、自分が許せる分は許す。
ジョンシオンヤーラ救出を促す。

●海岸淵
シオン、逃げようとしてる部下にヤーラ救出を命令。
→無視されるが、反抗する一人を倒して信頼奪回。

●北部へ向かう船内
※これはウィンターフェル城でのブランの鴉潜りに挟まれた描写。

ジョンデナーリス密会。
ジョンが部屋に入る瞬間を見つめる神妙な表情のティリオン

解説ゲースロキャストiconデナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen~ 覗き魔ティリオンの表情

デナーリスの治世を望むティリオン後継者を望んでいました。

喜ぶべきことですが、ラニスター家を落ちぶれさせた親殺しターガリエン家だけでなく宿敵スターク家も持ち上げる立場に。

飲んだくれて認められずものためと貢献してきたティリオン。大人物と評価するジョンであってもその辺多分複雑。

この表情、演出家含め製作陣もどう理由付けするか決めてないっぽいですが、シーズン8でどう結論が出るでしょうか。

登場人物情報 シーズン7エピソード7

初登場の人物 シーズン7エピソード7

なしなし

散った人物 シーズン7エピソード7

ゲースロキャストiconピーター・ベイリッシュ/Petyr Baelishリトルフィンガー/Littlefinger蔵相→リヴァーランド領主→谷間領主
リトルフィンガーこと
ピーター・ベイリッシュ

視聴時の注目点や伏線、分析、感想など シーズン7エピソード7

エピソードタイトルは『竜と狼』。ターガリエン家スターク家ジョン・スノウエイゴン・ターガリエンを指してるのかも。

結局最終的に顔を出した構図は、シーズン1の初回エピソードで大々的に取り上げられるスターク家ラニスター家ターガリエン家の三つ巴。

スターク家ターガリエン家は繋がったが、そこの使命は玉座だけでなく対ホワイトウォーカー。いい感じで力が均衡、…?

それにしてもサーセイ女王ドラゴン亡者退治無理なら自分らも無理、潰し合い後に黄金兵団で対抗、などと論理思考。

と思いきや、「ミラセアトメンの死もティリオンのせい。」と飛躍論理。

トメンの死は爆破によりもたらされた絶望が原因。ミラセアの死はの工作裁判によりブロンの代役オベリンを引き出したのが原因。

どうも前者はスタニスvsボルトン潰し合い後に谷間の軍で侵攻と画策したリトルフィンガーの猿真似のようです。上手くいくのでしょうか。

自己顕示力の塊デナーリスが二匹しか連れてきてない=何かあったとか、マージェリー=腹黒とか、そーいうのは即見抜くんだけどね。

そのサーセイの論理思考元、『ゲーム・オブ・スローンズ』の一大要素「陰謀・策謀」を担ったリトルフィンガーが死亡してしまいました。

リトルフィンガーの全嘘を紐解いて初めてゲースロ攻略

リトルフィンガー全嘘とその目的~野望のすべて
ただし、原稿用紙32枚分あるので要注意。

陰謀・策謀が終焉を迎え、いよいよ終盤。

子供向けのような安っぽい★印がたくさん。

ここ2、3エピソードをディスっておりますが、シーズン8はそれを跳ね返す出来に仕上がってることを期待します。


ゲームオブスローンズ
Google
Yahoo!
ゲースロ記事を探すなら、最後に“似顔絵”追加して検索!上へ戻る上へ
本サイトには難しいHBOドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の理解に必要な情報すべて揃っています。見方・使い方はGOTトップからどうぞ。
  • ドラマ開始時に説明されない事前情報
  • ゲームオブスローンズ世界地図
  • 登場人物図鑑、緒名家・各勢力の家系図相関図
  • 全シーズン全エピソードの描写解説
  • 用語・同義語集、混乱の元となる原作小説との違い・比較
ポクサイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました