神々の指紋勉強中|第1部第1章「見えない場所の地図」~発端はトルコ海軍総督ピリ・レイス

映画のネタのつもりで読む過去の大ヒット『神々の指紋』。オカルトと言われる本書籍を勉強してる理由はこちら。
読書にも考古学にも縁のない無教養爺なので的外れ多いかも。指摘しやすいよう書籍の内容・主張Hx-x)、ポク太郎の所感Px-x)と随所に番号を付けてあります。

ポク太郎です。

書いてある内容が理解できない『神々の指紋』の個人的勉強ノート。

本投稿は第1部-第1章「見えない場所の地図」。


『神々の指紋』第1部「地図のミステリー」~全体あらすじ

第1部の概要・要約・あらすじ

コトの発端は、cオールマイヤー中佐bハプグッド教授への調査結果報告書。

内容は「1513年に描かれたAピリ・レイスの地図。1513年には氷で覆われてたはずの南極大陸海岸線が、近年1949年の地震波測定の結果と一致した」というもの。

主張は、「Aピリ・レイスの地図だけでなくその時代に描かれた数々の地図は、更に古代に書かれた地図の情報を受け継いだもの。」

→南極大陸の氷の状態、測量系の矛盾から忘れられた古代文明が存在したと結論付けます。

それを第1部の第1章~第3章で述べているようです。

書籍内の証拠名称、人物名

書籍中の文言が分からなくなるので証拠名称や人物名にA~の通し記号。

神々の指紋』に記載される人物名(証拠名称)
Aピリ・レイスオスマントルコ帝国海軍総督。1513年に地図を描く。南極大陸の海岸線が現在の地図に見事に一致。
Bクイーンモードランド地方南極大陸の一地方。南極大陸が氷原化したのは何百万年も前だが、6000年前まで氷で覆われてなかった地方。

神々の指紋』に記載される人物名(調査側)
aハンコックグラハム・ハンコック。著者。元「エコノミスト」誌の東アフリカ特派員。
bハプグッド教授チャールズ・H・ハプグッド。キーン州立大学教授。歴史学者。
cオールマイヤー中佐ハロルド・Z・オールマイヤー。米国空軍中佐 司令官。
dアインシュタインアルバート・アインシュタイン。ノーベル物理学賞受賞者。

第1章「見えない場所の地図」

ハプグッド教授の主張

コトの発端「bハプグッド教授の調査:南極大陸海岸線の地図」。

H01-1)南極大陸発見が1818年、つまりAピリ・レイスの地図はその300年前。
H01-2)Bクイーンモードランド地方が氷に覆われてない時期は1.5万年前0.6万年前
H01-3)Aピリ・レイスの地図は自身が調査したのでなく、コロンブス含め世界の探検者の、または、更に古代の地図から作成。

H01-4)つまり、高精度な計測を要する地図が作成されてるので、1.5万年前0.6万年前に高度な地図作成能力を持った知られてない文明があった。

bハプグッド教授の主張を人類の進化の年表内に書き入れると、

人類の歴史
500万年前アウストラロピテクス
50万年前ジャワ原人、北京原人、ハイデルベルク人
20万年前ホモサピエンス アフリカで誕生
13万年前旧人=ネアンデルタール人
10万年前ホモサピエンス アフリカ脱出
4万年前新人=クロマニヨン人
1.3~0.6万年前bハプグッド教授の主張
高度な計測技術を持った古代文明!
0.5万年前
BC3000年
エジプト文明、メソポタミア文明
0.45万年前
BC2500年
インダス文明、黄河文明

南極大陸が6000年前まで氷で覆われてなかった主張

bハプグッド教授が地質学の理論を発表。

H01-5)当時の南極大陸が3200㎞程北方にあり氷が無かった。移動したのは「地殻移動」によるもの。

※書籍にはこの「地殻移動」の理論をdアインシュタインが後押ししてるかのように書いてあるが…。

この本が否定を目指す現在の学説

著者aハンコックbハプグッド教授を支持する立場。

Aピリ・レイスの地図から否定しようとしてる、第1章に書かれた“現在の学説”は、

書籍内に書かれた現在の学説
文明発祥は中東の肥沃な三日月地帯。
0.6万年前
BC4000年
世界最古の文明誕生=エジプト文明、シュメール文明(メソポタミア?)
0.5万年前
BC3000年
エジプト文明、シュメール文明最盛期
インダス文明と中国文明(黄河文明?)誕生
0.35万年前
BC1500年
各地で文明
南北アメリカ大陸では独自に発達

シュメール文明とか中国文明とか聞き慣れない言い方だが、おおよそ自分の認識と合ってるかな。

矛盾すると主張する理屈は、
Aピリ・レイスの地図に正確な海岸線。
Bクイーンモードランド地方が氷で覆われてなかった時代があり、Aはその時代の地図を受け継いだもの。
→正確な測量を要する地図が作成できる失われた文明があったはずだ。

次章から南極大陸の状態がどうだったのか、地図作成に必要な測量技術の矛盾から上記を立証していくようです。

第1章の感想、疑問点、批判

P01-1)Wikiの、オーパーツ一覧のページには“南米大陸の海岸線描いただけでラテン語で地名”と明記、ピーリー・レイースの地図ページではそこまで断言しておらず。

P01-2)「地殻移動」についてdアインシュタインを引き合いに出すが、物理学者が地質学に知見?

遠心力が不均衡に働いて地殻を動かすそうだが、その前に氷が割れないのかい。南極はズルムケ大陸か。

P01-3)全く関係ない事柄に着目。新人=クロマニヨン人が4万年前。

人間が生まれてから次の世代を作るまでの年数から何世代経過したか試算。犬みたいに3歳、5歳で次の世代作るなんてことなければ、

○15年とすると、40000÷15=2667世代。
○20年とすると、40000÷20=2000世代。

うーん、2500世代として、クロマニヨン人は現在の人間のひぃひぃ…(x2500)爺ちゃん婆ちゃん。そんな程度じゃ骨格もそう変わらないよな。

てことは脳の大きさも変わらず→知能も変化なしでは。教えりゃスマホ使えるとか。

因みにエジプト文明の人らは300世代程度、キリストはせいぜい120世代前。生物学的、身体的には全く変わらないね。歯が少なくなってるとか程度。

初っ端から何かを説明する目的の論説文章ではないなとの印象を受けました。その理由は縦書き文章。

翻訳者が何らかの意図で縦書きにしたんでしょうか。何かを論じる、証明する場合に縦書き文章って読みずら過ぎます。その他、図を指し示してたとしても、どこ指してるのか分からない、とか。

この後爺は洗脳されていくのでしょうか、どうなんでしょ。乞うご期待。

コメント

タイトルとURLをコピーしました