神々の指紋勉強中|第1部第2章「南方大陸の河」~古代から受け継がれる複数の地図

映画のネタのつもりで読む過去の大ヒット『神々の指紋』。オカルトと言われる本書籍を勉強してる理由はこちら。
読書にも考古学にも縁のない無教養爺なので的外れ多いかも。指摘しやすいよう書籍の内容・主張Hx-x)、ポク太郎の所感Px-x)と随所に番号を付けてあります。

ポク太郎です。

書いてある内容が理解できない『神々の指紋』の個人的勉強ノート。

本投稿は第1部-第2章「南方大陸の河」。


『神々の指紋』第1部「地図のミステリー」~全体あらすじ

第1部の概要・要約・あらすじ

コトの発端は、cオールマイヤー中佐bハプグッド教授への調査結果報告書。

内容は「1513年に描かれたAピリ・レイスの地図。1513年には氷で覆われてたはずの南極大陸海岸線が、近年1949年の地震波測定の結果と一致した」というもの。

主張は、「Aピリ・レイスの地図だけでなくその時代に描かれた数々の地図は、更に古代に書かれた地図の情報を受け継いだもの。」

→南極大陸の氷の状態、測量系の矛盾から忘れられた古代文明が存在したと結論付けます。

それを第1部の第1章~第3章で述べているようです。

書籍内の証拠名称、人物名

書籍中の文言が分からなくなるので証拠名称や人物名にA~の通し記号。

神々の指紋』に記載される人物名(証拠名称)
Aピリ・レイスオスマントルコ帝国海軍総督。1513年に地図を描く。南極大陸の海岸線が現在の地図に見事に一致。
Bクイーンモードランド地方南極大陸の一地方。南極大陸が氷原化したのは何百万年も前だが、6000年前まで氷で覆われてなかった地方。
Cオロンテウス・フィナエウスオロンテウス・フィナエウス。1531年に世界地図を描いた。
Dロス海南極大陸内にある通う部分と思われる。書籍内にどれを指し示したものは記載なし。関連語句はビアドモア氷河、スコット氷河。
Eメルカトルジュラルド・クレマー。オランダ地図製作者。メルカトル図法考案者。
Fビュアッシュフィリップ・ビュアッシュ。18世紀のフランスの地理学者。
Gハジ・アーメドハジ・アーメド。1559年に地図を編集したトルコ人。
Hプトレマイオスクラウディウス・プトレマイオス。2世紀の地理学者。アレクサンドリア図書館の管理者。描いた「北方の地図」が15世紀に再発見。
Jポルトラノイエフディ・イブン・ベン・ザラが1487年に描いた航海案内書『ポルトラノ』。

神々の指紋』に記載される人物名(調査側)
aハンコックグラハム・ハンコック。著者。元「エコノミスト」誌の東アフリカ特派員。
bハプグッド教授チャールズ・H・ハプグッド。キーン州立大学教授。歴史学者。
cオールマイヤー中佐ハロルド・Z・オールマイヤー。米国空軍中佐 司令官。
dアインシュタインアルバート・アインシュタイン。ノーベル物理学賞受賞者。
eストローン博士リチャード・ストローン。マサチューセッツ工科大学博士。
fバード南極探検隊1949年にDロス海の海底調査を行った。
gカーネギー財団イオニウム年代判定法を用いてDロス海の堆積物調査を行った。

第2章「南方大陸の河」

他にも発見される氷で覆われてない時代の南極地図

Aピリ・レイスの地図だけでなく、他にも氷で覆われてない南極大陸の地図が存在。

その形状・特徴違いから、氷で覆われてなかった時代中、複数のものを参照したのではとの主張。

それぞれが参照した古代地図の作成時期
Aピリ・レイスの地図(時代判定)全沿岸が氷に飲み込まれたのが0.6万年前(BC4000年)。氷に覆われてないのが沿岸部だけだから比較的新しい時代。
Cオロンテウス・フィナエウスの地図H02-1)南極大陸の沿岸地方は山脈・河が正確に記載、内陸は記載なし=沿岸地方は氷に覆われてなかった。
H02-2)異なった図法で描かれた複数の地図を元に作成した南極大陸の地図。Aと同じく海岸線形状が地震波測定と一致。
H02-3)Bクイーンモードランド地方他、以下が記載→氷で覆われてない時代の地図。

・エンダービーランド
・ウィルクスランド
・ビクトリアランド
・マリーバードランド

H02-4)Dロス海が記載=内陸部まで氷で覆われてなかった。fバード南極探検隊の海底の堆積物調査=氷の無い陸地から流れ込む河による堆積物。gカーネギー財団によるラジオアイソトープ調査も“6000年前”を肯定。

→「Cの世界地図=0.6万年以上前に描かれたものを元にした地図。」

(時代判定)大陸の奥地しか氷が無い→AEよりもっと古い時代。

Eメルカトルの地図H02-5)Eメルカトルが1569年に発行した地図はCオロンテウス・フィナエウスの地図より明瞭で当時知られてない以下の地方記載。

・マリーバードランドのダート岬
・ハーラチャー岬
・アムンゼン海
・エルズワースランドのサーストン島
・ベリングスハウゼン海のフレッチャー島
・アレクサンダー島
・パルマー半島
・ウェッデル海
・ノービージア岬
・レギュラ山脈(島として描かれる)
・ミューリグホフマン山地(島として描かれる)
・プリンスハラルド海岸
・白瀬氷河
・リュツォホルム湾のパダ島
・エンダービーランドのプリンスオーラフ海岸

(時代判定)Aに同じ。

Fビュアッシュの地図H02-6)Fビュアッシュ1737年に出版した地図=EメルカトルCオロンテウス・フィナエウスのものより、数千年古く見える。

ECF、地震波測定結果の4つの南極大陸地図の書き写しが示されるが、上二つがどれなのか明記されてないので分からず。

Fビュアッシュの地図が“戦慄を覚えるほど精密に地震波測定結果と一致”と書かれてるが…。

恐らく注目してるのはここで“水路”と呼ぶ大陸東西を分断する海。西側の陸地を“大きな島”と表現。現在の国土地理院の南極大陸の地図がこちら。正確なのがダウンロード可。

書籍内では、Dロス海はウェッデル海とベリングスハウゼン海を結ぶとのこと。“大きな島”とは南極半島、また、現在の地図ではDロス海は氷で埋まった状態で描かれてるとのこと。

(時代判定)ほとんど氷が無い→ACEよりもっと古い1.5万年前(BC1.3万年)。

ただし、ここで時代判定に使われるのは第1章に記述があったbハプグッド教授の「地殻移動」説によるもの。※dアインシュタインが後押ししたとかっての。

現在の地理学者の“学説”「“水路”は数百万年前に氷で埋まった」。

H02-7)Fビュアッシュの地図に“水路”→数々の化石が進化論を証明済故、数百万年前の猿が地図描いた訳ない→上記“学説”と違い、1.5万年前氷なしとしたのはbハプグッド教授の「地殻移動」説。

なので、その「地殻移動」説を用いて上表内の(時代判定)。

南アメリカでも同様→海面上昇表すものも

Aピリ・レイスの地図に再度着目。

H02-8)Aピリ・レイスの地図の南米大陸
アンデス山脈記載アリ。当時知られてなかった。
アマゾン河2本記載されてるが、その片方に1543年に発見されたマラジョ島が正確に記載。
(主張)時代の異なる原地図2つを参照したから。
オリノコ河のデルタ地帯記載なし。
(主張)原地図の時代以降入り江に堆積し現在のデルタ地帯形成。
フォークランド諸島記載アリ。
(主張)1592年に発見なので、原地図からの転載。
大西洋セントピーター・ポール岩礁島が記載。
(主張)水面上昇。

ここで、氷河期終わりの海面上昇の話が出てきて次へ。

H02-9)Gハジ・アーメドの地図…アラスカとシベリア間が帯状の陸地で繋がる。Hプトレマイオスの北方の地図…湖は現在の形状を思わせ、氷河からの流れと思われるものが。

結論:Hプトレマイオスの北方の地図の地形調査をしたのは、現在の文明人でないのは明らか。

Jポルトラノ…イギリスの緯度まで氷原で覆われ、地中海、アドリア海、エーゲ海の島々が海面上昇により水没した風に見える。

次章は経度・緯度の測定の困難さを述べた上、地図作成者には高度な文明が要することを立証していくようです。

第2章の感想、疑問点、批判

恐らく99.8%の読者が投げ捨てたと思われるこの第2章。どっちが卵でどっちが鶏か分からないごちゃごちゃ論法。

まとめようとして書き出すも一向にまとまらず。しかもどこに書いてあったっけ?と見つからなくなるので全部読み直して探さないといけない事態に。とんでもない時間が掛かりました。

言いたいことは多分、
P02-1)南極大陸の地図が複数あり、それぞれ後の時代に伝わる。
P02-2)地図の矛盾から現在の学説「数百万年前からDロス海は全部氷」を否定、bハプグッド教授の「地殻移動」説支持。

南極大陸が1.5~0.6万年前まで氷で覆われてなかったと主張するのが「地殻移動」説なので、現在の学説否定。

つまりbハプグッド教授の「地殻移動」説が崩れるとこの書籍のすべてが崩れます。

で、その「地殻移動」説を第1章で再度調べると、

この過激な説を支える多くの証拠については、本書の第8部でふれる。

引用:翔泳社『神々の指紋』13ページ

神々の指紋上巻』349頁、『神々の指紋下巻』318頁の最後第8部です。すべてが崩れる大前提の証明は一番最後。

また、気になるのは最後にHプトレマイオスの地図の話題で「現在の文明人による地図でないのは明らか」と畳みかけます。

が、その地図の挿絵もなくどんな特徴かもハッキリ記述せず。

同じ結論持ってくなら、Aピリ・レイスの地図なんかよりHプトレマイオスの地図からスタートすればよかったんじゃ?

特に分からない第2章。投稿内では南極の各地名を小さな字で並べましたが、書籍内では一文中にずらずら記述。

書き方工夫しないと読みずら過ぎるよなと誰も来ないブログの管理人ですら躊躇するのに、世界に向けた執筆者は一切気にせず。

ここで投げ捨てれば最小限の被害だよと、書籍を購入してくれたお客さんへの気遣いでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました