ハウドラ第2話『王弟』|ネタバレ回避のため用語的解説に留める|黒い恐怖、踏み石諸島

本ブログでは各緒名家に関連の名称を下の色使いで強調、右下メニューとブログ下部に簡易地図。重要事項は赤いネタバレスイッチ内。押すと中が表示されます。
ターガリエン家スターク家バラシオン家
アリン家ラニスター家タリー家
タイレル家グレイジョイ家マーテル家
訂正GOTの時代設定がリアル人類史でいつ頃相当かは“不明”。訂正記事|紀元前B.Cと紀元後A.D.の略表記勘違いしてた

ポク太郎です。

やっぱり『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』。視聴し掛けるとその映像に引き込まれ、瞬時に1時間が経ってしまっています。

ゲーム・オブ・スローンズ』を超えるオープニング存在せずと突き付けて来た第2話『王弟』が配信されました。

本ページは用語的・歴史的解説、それに関わるトリビア紹介に留め、不要なネタバレは回避します。


『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』U-NEXTの字幕表記カナ振り

U-NEXTによる字幕表記のカナ振り
レーナ/Laenaレイナでなくレーナ・ヴェラリオンでした。12歳の小学生。リアナ・モーモントゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|リアナ・モーモント/Lyanna Mormont演じる子役ベラ・ラムジー/Bella Ramsey|GOTイラスト位の歳の黒人の女の子です。
ミサリア/Mysariaミザリアでなくミサリアでした。ニッポンDNAが誇る美人女優ソノヤ・ミズノハウス・オブ・ザ・ドラゴン/TheHouseofTheDragon-HOTD|ミザリア/Mysaria演じる日系女優ソノヤ・ミズノ/Sonoya Mizuno|似顔絵イラストカリカチュアが演じるので濁らずミサリア。“娼婦”と言及されています。
ヴァーガー/Vhagar征服王エイゴンの姉ヴィセーニャが乗ったドラゴン。原作の日本語表記そのまま。ハンバーガーみたいでちょっと違和感。
U-NEXTは高知ヴァリリア読みしない原作翻訳に近いもので表記するようです。GOTのDVD字幕表記はヴェーガーでした。妹レイニスメラケス/Meraxesメラクセスと表示しそうな勢いだな。
本サイト他ページの表記もU-NEXT字幕に合わせるよう後ほど修正します。
本ページの情報は執筆時点のもの。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認下さい。

用語解説とトリビア~“黒い恐怖”とはバレリオン

黒い恐怖”とは征服王エイゴンが乗ったドラゴンバレリオンのこと。

第一話でドラゴンの間に巨大な頭蓋骨が写っていましたがそれ。ヴィセーリス一世が受け継ぎ、この時代に死亡しました。

通り名“黒い恐怖”の由来は、あまりに巨大すぎてその影が町一つ全体を覆うからだそう。

因みにバレリオンはこの時代の300年ほど前、ターガリエン家がエッソスヴァリリア半島から移住した時に連れて来たもの。

だから300年生存したドラゴン。シーラカンスみたい。

ゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|三匹のドラゴンの内一番大きなドロゴン/Drogon、他はレイガル/Rhaegal、ヴィセーリオン/Viserion|GOTイラスト
コイツはドロゴンのつもりだったけどここではバレリオン。ドラゴンの絵は都合よく使えるから便利。

用語解説とトリビア~“踏み石諸島”とはステップストーン

踏み石諸島”とはエッソス大陸からドーンに繋がる飛び石状の島々ステップストーンのこと。

前回からコアリーズ・ヴェラリオンハウス・オブ・ザ・ドラゴン/TheHouseofTheDragon-HOTD|海蛇コアリーズ・ヴェラリオン/Corlys Velaryon aka The Sea Snake演じる俳優スティーヴ・トゥーサント/Steve Toussaint|似顔絵イラストカリカチュアが必死で進言していましたが、“蟹餌作り”なる勢力が出没し問題を起こしてるようです。それを支援するエッソス自由都市の支配者の影も。

ゲームオブスローンズ地図-エッソス沿岸自由都市:ヴォランティス、ブレーヴォス、ペントス、ミア、タイロシュ、ライス

HOTDの基礎知識ですが、“ドリフトマーク”とはヴェラリオン家の領地。ドラゴンストーン島の脇に浮かぶ少し大きめの島。同じくブラックウォーター湾内にあります。

ステップストーンが抑えられると、狭い海ナロー・シーから南のサマー・シー(地中海みたいな海)に繋がる経路が遮断され、貿易活動に大打撃を喰らいます。

コアリーズ・ヴェラリオンが“海蛇”と呼ばれる理由は、サマー・シーから更に東の知られざる地で囲まれる海ジェイド・シーまで遠征し富を築いたから。

地図内に見えるミアライスペントスヴォランティスなどの沿岸都市は自由都市と呼ばれる都市国家。植民地にした古代ヴァリリア帝国滅亡に伴いそれぞれが独立を果たしました。

ウェスタロスの逃亡者ジョラー・モーモントゲーム・オブ・スローンズ登場人物似顔絵|ジョラー・モーモント/Jorah Mormont演じる俳優イアン・グレン/Iain Glen|GOTイラスト演じた俳優イアン・グレンが映像特典で説明しております。蚤の溜まり場どころでない結構カオス状態な風土のようです。

話戻して、“踏み石諸島”のトリビア。

この飛び石状態の島々は太古の昔は陸続きでドーンの腕と呼ばれてたとのこと。1万2千年前に青銅器で武装した最初の人々はそこから侵入してきました。

対抗するウェスタロス原住民森の子らはその最初の人々の数に苦慮→後続を断とうと“水のハンマー”を振り下ろし水浸しにしました→結果、飛び石状態に。

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』はファンタジードラマです。

用語解説とトリビア~“海の護り城”とは双子城脇シーガード

海の護り城”とはリヴァーランド双子城南西の海岸沿いにあるシーガードのこと。

すぐ西に見えるのが海賊家系グレイジョイ家鉄諸島

つまり、鉄人からウェスタロスを守る防衛拠点。『ゲーム・オブ・スローンズ』の9年前、グレイジョイの反乱時もそこで防衛しました。

動画内で紹介される“ジェイソン・ラニスター”はタイウィンゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|タイウィン・ラニスター/Tywin Lannister演じる俳優チャールズ・ダンス/Charles Dance|GOTイラストの叔父。200年前である『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』のキャストとして発表された双子は時代が異なる同名の先祖。混乱注意。

また、シーガードとは関係ありませんが“黒い聖域城”の名前も。

こちらはストームランド南西ブラックヘブン城のことで、兄弟団ベリック・ドンダリオンゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ベリック・ドンダリオン/Beric Dondarrion演じる俳優リチャード・ドーマー/Richard Dormer兄弟団リーダー|GOTイラストの家系が治める城。

登場するクリストン・コールはその城の“家宰”の子供。

家宰とは…執事みたいなものかなと思ってましたが、当主に変わり取り仕切る家庭版の宰相王の手みたいな存在。その昔雑士としてハイガーデン城に仕え、運営を取り仕切ってたタイレル家みたいな。

用語解説~ヴァリリア神殿中の“アノーグリオン”とは

ターガリエン家の物語てことで古代ヴァリリア帝国の名前がよく出てきます。

説明された“アノーグリオン”は「血の魔術が行われた場所」。

これは原作に登場しない要素・名前で、ドラマ化に向け新たに構想されたものと思われます。

Fandomページでもこの第二話しか参照されておりません。

ヴァリリアの血盟士”が使ったとか、高い地位の役職なのでヴァリリアの神殿内に特別な中枢部を設けられたのでは?とか。

思い出すのは絶対に超える物無き『ゲーム・オブ・スローンズ』のオープニング。今度は血液=液体も交えたギミック仕立て。

盛隆の原動力ドラゴン発見場所である火山の火口部は特別な力があると信じ込むヴァリリア人の思考を展開させていきます。

謎に包まれた古代ヴァリリア帝国の秘密が明かされるかもて要素でも『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』に期待大。

作り話であろうとも誰もがワクワクする謎に包まれた古代文明。そこ狙ってきたようです。そんなモン惹き付けられるに決まっとるやないか的な反則技。

用語解説とトリビア~ドラゴンストーンは後継者が城主

古代ヴァリリア帝国最大の遺産がドラゴンストーン城破滅を回避したターガリエン家の移住先。

征服王エイゴンはウェスタロス征服後、居城を王都に構えますがウェスタロス移住先となったこのゆかりの城を“後継者の城”としました。

ゲーム・オブ・スローンズ』時代の17年前はヴィセーリスゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryen演じる俳優ハリー・ロイド/Harry Lloyd|GOTイラストゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|デナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen演じる女優エミリア・クラーク/Emilia Clarke|GOTイラストらの長兄である長男レイガードラゴンストーン城城主でした。

ただし『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』時代までに“後継者”としてこの城に入った人物は不明。戴冠前の2代目王エイニスやその長男エイゴン王子が城主となったのかな。

王都赤の王城完成が3代目残酷王メイゴル時代。建設中の赤の王城で襲われ2代目王エイニスドラゴンストーン城に逃げてそこで死亡。子供である調停王ジェヘアリーズらの兄弟がその時一緒に居た、って程度。

初代王エイゴン健在時代しかトラブル無しの王位継承が無いので「正統な後継者が定義された機会がまだほとんどなかった」てのが正確か。

ゲーム・オブ・スローンズ』時代の城主はスタニス・バラシオンゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|スタニス・バラシオン/Stannis Baratheon演じる俳優スティーヴン・J・ディレイン/Stephen J. Dillane|イラストカリカチュアロバート王ゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|ロバート・バラシオン/Robert Baratheon演じる俳優マーク・アディ/Mark Addy|イラストカリカチュアの弟。

でもそれは“後継者”だからでなく、とっ捕まえに向かったこいつらゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|ヴィセーリス・ターガリエン/Viserys Targaryen演じる俳優ハリー・ロイド/Harry Lloyd|GOTイラストゲームオブスローンズ登場人物似顔絵|デナーリス・ターガリエン/Daenerys Targaryen演じる女優エミリア・クラーク/Emilia Clarke|GOTイラストに逃げられた罰。ストームズエンド城死守後、派遣された時には既に逃亡済だったのに。

ドラゴンが居るなら海上交通の守り手を担うことで潤いますが、居なければドラゴンストーン城は領地内に漁村数個しかない貧しい城。

それで怒り狂ってるのが上記スタニス・バラシオンゲームオブスローンズ/GameofThronesの登場人物キャスト似顔絵|スタニス・バラシオン/Stannis Baratheon演じる俳優スティーヴン・J・ディレイン/Stephen J. Dillane|イラストカリカチュア。こちらで演じた俳優スティーヴン・J・ディレインが説明しております。ゴミ与えられた恨みつらみを感じ取れるので笑えます。

それにしてもこの『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』。

後で見るんだけどちょと再生!とかしようもんなら、気付いた時には1時間後。惹き付けられ度があまりに違います。

思えば『ゲーム・オブ・スローンズ』最終章シーズン8。エピソード一つが映画並みでしたが、アレ位欲しいね。アレでも体感上は一瞬だったけど。

苦痛で仕方ない1時間もあれば、時間を忘れる1時間も存在。人間とは欲たましいモノでございます。

ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』シーズン1~感想と用語解説とトリビア
登場人物 ~最新話までの分整理
第一話『ドラゴンの後継者』|感想は意外!
第二話『王弟』|用語解説~黒い恐怖、踏み石諸島
第三話『名を継ぐ者』|用語解説~白の書、神々の森
第四話『狭い海(ナロー・シー)の王』|用語解説~避災公エイナー
第五話『我らは道を照らす』|ハイタワー家標語
第六話『王女と王后』|次世代登場したので新家系図
第七話『ドリフトマーク』|次世代把握必須

コメント

タイトルとURLをコピーしました